あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
メモなどいろいろ
【何でもありTwitter駐屯地】
こちらでやってます。フォロー大歓迎。

【普天間の話】※外部blogも含む
沖縄が絶望のどん底に落とされないために。現実的な落としどころを探り理解するるための一助となれば幸いです。
「普天間」でこのサイトを検索(一部まったく関係ないネタも混入してます)
「週刊オブイェクト」の普天間関連記事
「リアリズムと防衛を学ぶ」の「防衛入門, 「抑止」ってなんだ?」←抑止の基本がよくわかります。

【おしらせ】
○スパムblogだな、とおぼしきトラバは削除するかも

-->
毎月最終金曜日は「プレミアムフライデー」。
消費拡大や働き方改革といった触れ込みですが、どうなのかな。

導入したくても、業務形態や人手の問題とかで…ってとこはあるし、消費拡大狙いとなれば、小売り関係はプレミアムフライデーは稼ぎ時になれど休みにはならない。もっとも小売り関係は別の日に休めばいいのだろうけど。

名前も含めて、定着するかは未知数。1、2年後には「E電」みたく死語になってたら…。
「金曜半ドン」というネーミングも思いついたが、半ドンを知らない世代もいそうでw

「政府や経団連が旗降り役だから…」と後ろ向きに捉える人もいそうだけど、これを取っ掛かりに前向きに改善していくのがいいかも。


言葉は時代により変化していくものですが、どうしても馴染めないものもあります。

「見える化」も、そのひとつかも。

「可視化」という言葉があるのに、なぜわざわざ「動詞+化」なのでしょうか。
「見える」と同様な五感のワードでも、「聞ける化」「嗅げる化」「触れる化」「味わえる化」なんて言わないでしょう。

何でしょうね、これ。


あの「クイズ☆タレント名鑑」が復活という触れ込みで登場した「クイズ☆スター名鑑」。
放送回数わずか6回、2017年1月22日を最後に、番組内での終了告知もなく終了。終わりを告げたのは番組の演出担当・藤井健太郎さんのTwitter。

今の国内地上波では貴重な、エッジを攻めまくる番組なんですが、再開にあたって「時間帯が厳しいな」というのが、第1印象。
タレント名鑑時代は20時(夜8時)台でしたが、スター名鑑は19時(夜7時)台。
沖縄にいるとピンと来ないけど、この時間帯、日テレは鉄腕DASH。強いです。
ではピラミッドダービーをずらして、元の8時台ならば…「残念そこも日テレ」、イッテQの時間帯。今の日曜夜は日テレが圧倒的に強い状況ですから、苦戦必至。

しかも、アメトーークの日曜版がスター名鑑の真裏に来てしまったのも拍車をかけたか。
スター名鑑とアメトーークって、出演者が結構被るからなぁ。キャスティングが難しくなる。

2クールで終わる可能性も感じてたけど、せめてガチ相撲で〆てくれれば、といったところか。


そろそろ“次”を見据える頃合いですが、キングスはいまひとつ波に乗れないようです。

Bリーグ 2016-17
琉球-渋谷@沖縄市
(18日)琉球 78-63 渋谷
(19日)琉球 71-87 渋谷

自信を取り戻せるかと思ったら、⚪と⚫。うーん、しんどい。
しかし次の試合は22日(名古屋とアウェイ)。前向いて、ドルフィンをいなしてらっしゃーい。


温存してたショートネタ。

DHCシアターが作り、TOKYO MXで放送された「ニュース女子」の沖縄回をめぐる件。
団体「のりこえねっと」とそこを率いる辛淑玉、一部の沖縄の反基地派が未だに反発、
「MXを民放連から除名しろ」
「東京新聞は司会者をクビにしろ」
「国連に持って行くのも検討」
と、反発どころか圧殺しかねない程にエスカレートしてます。

で、反基地派があの番組をデマだデマだと批判してますが、それを言うと、反基地派(基地反対派)や既存マスコミにも飛び火しかねないですよね。
いやー、11年もblog書いてサイト運営してると、バックナンバーが使えますね。

(2012年8月2日)
普天間基地(米海兵隊普天間飛行場)への配備目前という時期、報道にあったオスプレイに関する印象操作やデマをまとめたものですが…
ニュース女子の件で「司会者が在籍していて」批判され、なぜか謝罪した東京新聞もランクインしてますねぇ。
(アメリカで住民の声を受けて夜間飛行訓練を見直した話を、当該訓練機材に空軍のオスプレイ・CV-22がいることでつまみ食いして「アメリカでは住民の声でオスプレイを止めた!しかし沖縄では!」と報じた件。初出は沖縄タイムスだが、東京新聞もあとから乗っかった)

また、このランキング1位の、「接触したローターは飛び散る」という琉球新報のデマは、のちに出版された反オスプレイ本のひとつ「オスプレイ配備の危険性」でも引用されました。
オスプレイだけ別クラスの事故率を足して危険性を煽る手法は、最近もテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」でありました。

辛淑玉さん、のりこえねっとのみなさん、デマを批判するなら、そのへんもよろしくね。


春の改編期に向けて、テレビ番組の情報がいろいろ出てきてます。
その中で目についたものの1つが、NHKが平日昼の生ワイドに乗り出すこと。

平日昼のNHKといえば、13時(昼1時)台が「スタジオパークからこんにちは」、17時台(夕方5時台)が「シブ5時」で、ほかは定時ニュースとテレビ体操と再放送。最近はスタジオパークが14時台にも延びてるけど、地方局番組を全国に流す枠も兼ねてるようですね。
ですが、これらの番組は国会中継や大相撲中継で休みになりやすい。

そんな時間帯で、ミヤネ屋やゴゴスマに対抗するかのような番組をやろうというわけです。
国会や相撲の時期はどうするのか?

…サブチャンネルがあります。
NHKは生中継のスポーツ番組が所定時間で終わらない時に、サブチャンネルで中継を続行します。これを常用する形で、国会や相撲の中継をサブでやるということなのでしょうか。

ただ、沖縄だとミヤネ屋もゴゴスマもない、グッデイも中途半端なだけに、この時間帯のTVの感覚がいまいちピンとこないw


「金王朝」の一族でありながら、国のことに関わらず自由気ままに?生きていたのがね。

現在の北朝鮮のトップ・金正恩委員長の異母兄、金正男がマレーシアで殺されました。
現在はマレーシアの当局が捜査中ですが、各報道を見ると「北朝鮮が暗殺したのでは」一色ですね。
では、北朝鮮が暗殺するとして、なぜ「今」なのかという疑問がありますが、これも観測憶測がいろいろありまして。脱北者が金正男を担いで北朝鮮への対抗組織(亡命政権?)を作ろうとしたというびっくり話もありますが、どれが真実、あるいは真実に近いのかはわからずじまい。

また、利害関係のない人を「いたずらムービーを作るので協力して」と巻き込み、実行犯に仕立ててしまうというのもややこしい。旅行客が知らないうちに違法薬物の運び屋に仕立てられる事例は聞くけど、まさかアサシンにされるとはね。安易にそうした話に乗らないよう注意、でもある。

新型の弾道ミサイル試験成功といい、北朝鮮は2017年も騒ぎ立てるなぁ。


アメリカのトランプ政権、始動からもうそろそろひと月というところですが、長官(日本でいう閣僚)人事には難渋してますね。誰にするかは固まってるけど、承認に時間かかってるようで。

そんな中、衝撃のニュース。
大統領選挙時の幹部でもあったマイケル・フリン補佐官(安全保障担当)が辞任。
正式に就任する前にロシアと交渉したとか、ペンス副大統領に虚偽の報告をしたとか。
ロシアとの関係改善を図るといっても、これではねぇ。

意外な形で、トランプ周辺の“重要人物”が1人、ホワイトハウスを去りました。
ですが、混乱が今後どうなるかは未知数。
自分はバノンを注視してるんだけどな。


蓋を開ければ松本市長再選でフィニッシュした浦添市長選挙。
政局的視点で見ると、やはり“オール沖縄勢力”への打撃はある模様ですね。

オール沖縄自体が割れた宮古島市長選挙と違い、まとまってる上に維新や一部経済界も加わってるという状況でした。支援勢力の規模としては宮古島より条件はよかったんですが、なぜ負けたか。

考えられる要因には、那覇軍港の浦添移設をめぐり、又吉陣営・支持勢力の中でも割れていたことが挙げられるでしょう。
軍港については、翁長知事や那覇市の城間市長が容認している一方で共産党は反対していたりと、オール沖縄勢力の中ですら割れてます。
そこで、又吉陣営は軍港は「住民投票」として、さらに政党の推薦を受けずにオール沖縄色を薄めようとしました。選対幹部曰く「浦添方式」。

しかし、色が薄まることはなかったようです。
2月15日の沖縄タイムスに掲載されていた、市長選振り返り連載。選挙期間中のある日の、又吉陣営の街頭演説「危機突破集会」で、様々な支援勢力が登場しました。それが…
経済界の人は西海岸開発の推進を訴え
衆院議員の照屋寛徳(社民)は「公約破り」を批判
共産党の県議は「辺野古新基地阻止」を主張
翁長知事は保守派に配慮したのか当たり障りのない話
…見事にばらばらですね。特に「浦添ローカルの選挙」で辺野古を持ち出す共産党。これはあかんなぁ。

オール沖縄色を薄めて幅広く支持を得ようとした「浦添方式」の失敗。これでも駄目だったとなると、今までの“保革相乗りに見える”形から、革新寄りに純化しようとする動きが出てくるのではないかな、とも思うなあ。
しかしそれは、オール沖縄の“化けの皮”がはがれ、オール沖縄ではなくなる両刃の剣。虚構が県民の目の前にさらされることになりそう。


沖縄本島北部にある、米軍北部訓練場。
その約半分の返還に伴う、残る区域内へのヘリ着陸帯(ヘリパッド)の移設。
その移設工事の過程で、抗議活動の際に「沖縄防衛局の職員にけがを負わせた」として逮捕された反対派の人がいるのを、覚えてるかな?

その人とは、山城博治。沖縄平和運動センターの議長で、沖縄の基地反対運動の重要人物のひとり。2016年10月に逮捕され、のちに別の容疑で逮捕されてます。

ですが、起訴はされたものの、裁判の話は聞かないですね。
その間も拘束は続いてます。
これに対して、基地反対派は抗議や釈放要求を続けてるのですが、最近は外国にチクったり(アムネスティが声名を出した)、果ては不当逮捕・釈放要求のフラッシュモブをやるグループまで出る程。

確かに拘束期間長いね。


[早いとこ裁判やったら?]の続きを読む