あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
メモなどいろいろ
【何でもありTwitter駐屯地】
こちらでやってます。フォロー大歓迎。

【普天間の話】※外部blogも含む
沖縄が絶望のどん底に落とされないために。現実的な落としどころを探り理解するるための一助となれば幸いです。
「普天間」でこのサイトを検索(一部まったく関係ないネタも混入してます)
「週刊オブイェクト」の普天間関連記事
「リアリズムと防衛を学ぶ」の「防衛入門, 「抑止」ってなんだ?」←抑止の基本がよくわかります。

【おしらせ】
○スパムblogだな、とおぼしきトラバは削除するかも

-->
8月19日のFC琉球のホーム戦は「全島サッカー1万人祭り」。
過去の1万人祭りでは、試合以外も様々なイベントを実施しました。
今回もイベント盛りだくさん…ですが、ひとつ消えました。いや、「潰された」という表現ができるのか?

「県内のはたらく車大集合」企画での、自衛隊の車の展示が中止です。

消防、警察とともに登場予定で、対戦相手が福島ユナイテッドということもあり「災害時の支援にあたる車」という狙いだったようです。
これを13日に産経新聞が報じたところ、沖縄でも知るところとなり

県サッカー協会会長「知らなかった。反発する人もいるだろう、いかがなものか」
県教組幹部「スポーツイベントになぜ自衛隊を」「宣撫工作と受け取ってしまう」

15日に地元2紙が取り上げたあと、球団事務所に賛否様々な声が来て、結局中止になったとのこと。

別に自衛隊いてもいいじゃないか、なんですけどね。
今回展示予定だった車は
小型トラック(おそらくパジェロみたいなやつ)
軽装甲機動車
82式指揮通信車
03式地対空ミサイル
でした。災害時の救援・支援という点ではミサイルは違うかな、という感じもしますが、戦車を持ってくるわけでもないから特に目くじら立てる程でもないはず(沖縄には戦車は配備されてないけど、例えばの話)。

とはいえ、自衛隊のイベント参加に「宣撫工作」と言ってのける人が未だにいるとはねぇ。
転入時に住民登録を拒否されたとか、大学の夜間を受講しようとしたら排除されたとか、復帰直後の憲法違反レベルな差別を受けてた状態からは脱してるものの、ねぇ。

反自衛隊な人は、基地反対派とも重なるところがあるよね。
では、基地反対派が使う言葉で表現しましましょう。

自衛隊に対する「構造的差別」。


高校野球の全国大会(甲子園)で、宗教系な学校が出るのは珍しいことではありません。天理、PL、金光大阪、創価、智辯和歌山、駒大苫小牧などなど。
そんな中、2017年夏の甲子園は“宗教戦争”な対戦カードが発生しました。

聖光学園vs聖心ウルスラ

プロテスタント(聖光)対カトリック(ウルスラ)とか、欧州の人にどう見えるか。
もっとも、現場はそこまで意識しないでしょうけどね。聖光とウルスラは同じ宿ですし。

でも、甲子園には別の“宗教的な”もの、があるような。
今回は「骨折してるのに出場」が美談のように語られるし。その時はよかったと思っても、治療ちゃんとしないと野球人生はおろか生活に影響してもおかしくないのに。


最近Twitterで自分のTL上に「鉄道の予約や変更のしやすさ」な話が流れてきました。

話の元はこれの模様。
東洋経済の鉄道関連記事、当たり外れがあるからなぁ…と読んでみたけど、確かに思い当たる経験があったな。

2014年に東京・札幌に旅行した時、東京から札幌への移動で北斗星を予約しようとしたけど、ネット上からやろうにも支払い方法とか面倒で、結局当時那覇にあったJR九州の支店(現在は閉店)に行って予約したんだよね(最終的に北斗星が満席で新幹線はやぶさ+急行はまなすになったが、それは別の話)。
それに対し、飛行機は楽で楽で。ジェットスターのようにコンビニ決済できるところもあるし。チケットレスもOK。

EX-ICのように、鉄道側も何もしてないわけではないけど、もう少し使いやすさを向上させてほしい面はあるかな。


さて、この前東京に行った時
akiba201707.jpg
実は鉄道模型も買ってたり(2017年初購入)

それがこれ。
3rdef66-01.jpg 
EF66。KATO製の0番台JR西日本ブルトレ牽引機仕様。3両目です。
2017年再生産版を、秋葉原の某店で「最後の1両」をいただき。
2017年再生産版は、基本的なところは2000年代の仕様のままですが
◆連結器まわりが現行仕様に
◆あと付けの汽笛部品の色が金から青に
と変わってます。

手持ちのEF66はライトのふちとパンタグラフに色入れをしてますが、今回はこれに加えて
3rdef66-02.jpg 
運転台室内にも緑の塗装。以前京阪けいおん電車を作る時に調達した「イスラエル空軍機迷彩用の緑」を流用。
さらに、前面飾り帯の凹部分の青(TOMIX製は強調してるが、KATO製は省略)も、ガイアの鉄道カラー青15号を使って表現に挑戦。

で、色入れ後。
3rdef66-03.jpg 
いい感じに。
ナンバーは1両目は54、2両目は43にしたので、47に。
また、青くなってた汽笛部品は、ほかの機関車の余剰部品で置き換え。

これより3両揃い踏み。
3rdef66-04.jpg
下関か品川気分。

66がこれだけ揃ったし、ほかの機関車も気になるw
EF64の1000番台とか、EF510とか。


「またやるの?」「価値下がるね」な面もあった、「辺野古新基地反対」をお題目にした8月12日のオール沖縄会議が仕切った「県民」大会。

琉球新報のネット中継を翌日に見返したんですが、登壇者の発言、ツッコミどころが多くて多くて…。

登壇者の発言で耳に残ったものをTwitterでメモ代わりにツイートしたんで、ここでまとめておきましょう。










[2017年8月「県民大会」登壇者の発言、ツッコミどころが多くて]の続きを読む
2007年:歴史教科書の沖縄戦「集団自決」
2010年:辺野古新基地反対
2012年:オスプレイ配備反対
2015年:辺野古新基地反対
2016年:軍属の殺人事件糾弾・海兵隊撤退
21世紀に入り、沖縄で基地関連の問題などで抗議目的で開催された「県民大会」は5回。
そして、2017年も8月12日に「辺野古新基地反対」を題目に「県民大会」が開催されました。

ですが、2014年末の翁長知事就任以降、15年から17年まで毎年開催。ここまで連続してやられると、県民大会の開催が目的になってるんじゃないか?という印象があります。
(それまでの県民大会は単発の実行委員会が運営を担っていたが、翁長知事の就任後は「島ぐるみ会議」や「オール沖縄会議」といった大会を運営できる常設組織があり、金銭面でも「辺野古基金」があるのも、やりやすさに影響してるか?)

「開催することが目的か?」だけではありません。
基地反対派の団体や平和団体が普段やっている抗議集会と違い、「県民大会」は、主張する内容の是非は別として、党派を越えて意志を表明、アピールする意味合いがありました。
それだけ大きな意味合いのあるイベントを毎年やっていると、価値(バリュー)が下がる可能性もありますね。
しかも、「イデオロギーよりアイデンティティー」の看板が薄れ、従来の基地反対勢力が目立つようになった今、「県民」大会ではなくなりつつある面もありますね。
以前から指摘している「オール沖縄の虚構」「オール沖縄がオール沖縄でなくなる」とも通じるところです。
加えて、今回は大会の名称に「翁長知事を支え」と入ってるあたりも、特定の色が出てバリューを下げてるようにも見えます。

もっとも、主張である「辺野古新基地反対」自体も反対ありきだし、直前に発生した事故を受けて「欠陥機オスプレイ」のワードも乱発されるし、賛同できない。



2017年7月のツイートからピックアップした「ツイまとめ」2017年7月号。



↓翌日のつづき

【ツイートを元に探す…】


[ツイまとめ2017年7月号]の続きを読む
護衛艦しまかぜ@中城湾港

ddg172shimakaze201708-06.jpg
制服ファッションショーあと、撮影で賑わうヘリ甲板から。
この型って、後方が特徴的ですね。
ddg172shimakaze201708-07.jpg
対空捜索レーダー、5インチ砲の射撃指揮装置、近接防御(CIWS)のファランクスが濃密に固まってる構造物。
1980年代生まれなのに、対空レーダーが古いタイプ(OPS-11)というのも味わい深い(運用する方は苦労もあるか?)

ddg172shimakaze201708-harpoon.jpg
煙突近くのハープーン対艦ミサイル。

ddg172shimakaze201708-08.jpg
マストまわり。

ddg172shimakaze201708-09.jpg
今頃になって艦首からの写真。

ddg172shimakaze201708-10.jpg
最後は旭日旗と。


そうそう。この前“世を忍ぶ仮の姿”で東京に行った時の話。乗る飛行機の出発が1時間以上遅れたんですよね。
すると、搭乗口でこんなのをもらいました。

delay-ana-1000.jpg
現金の入った封筒。中身は1000円、
こんなん初めてですわ。

調べると、大きく遅延した時に航空会社が「お食事代」や「到着空港からの交通費」って感じで出すお金らしい。どの会社もやってるかは知らないけどね(今回は青いところ)。


ryushin-izumizaki201708-01.jpg
夏の木漏れ日。

…って、アートなネタではありません。
琉球新報の新本社ビルの工場状況です。(特記以外は2017.8.8撮影)
足場と防護ネットが、後方の建物に近い高さにまで到達してます。

ryushin-izumizaki201708-02.jpg
ここまで高くなると、完成時は引きアングルにしないと全部は収まらないな。

ryushin-izumizaki201708-03.jpg
ラウンド部分のイメージは少しはできるかな?

ryushin-izumizaki201708-04.jpg
上から内部の様子を見るのも難しくなってきたか。

4枚目のアングルは、7月末に撮ったものもあるので比較。
ryushin-izumizaki201707-51.jpg
内部で斜めに走る鉄骨。ホール…ですかねぇ。