あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
首都圏展開の準備中に入った情報。
「ニュース女子の沖縄回問題を受けたMXの特番、9月30日放送」
これ東京にいる日の放送じゃないか。旅先であれこれ楽しみたいところだけど、これは必見だな(沖縄在住のTwitterフォロワーにも気になる方はいるはずだし)ということで、TOKYO MXを見る。

…見るのだが、番組タイトルは
「報道特別番組 沖縄からのメッセージ ~ウチナンチュの想い~」
ニュース女子での内容をひとつひとつ潰して検証とか、それらしきものが見えないタイトル。あと「ウチナンチュ」に違和感。それならウチナーンチュだろ。
実際、ニュース女子を意識させた箇所は、北部訓練場のヘリパッド工事で抗議の現場となった東村高江への道を、ニュース女子取材班が「この先は危険」と断念した、高江から遠く離れた二見杉田トンネルを持ち出した位か。

ですがね、序盤からツッコミどころが点在しました。
まずは、沖縄が基地経済から脱却してる話で出た、沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長のインタビューから。「基地と観光は共存できない」「交流が抑止になる」
えーと、基地と観光が共存できないとしたら、ハワイはどう説明したらいいのでしょうか。
交流が抑止になる可能性はありますが、一般庶民レベルで交流が進んでも、為政者が戦争への決断を踏みとどまるかはわからない。

続いて、琉球王国時代の話から引き出した「非武の邦」。
今ではほぼ聞かなくなった「琉球は武器を持たない平和な国」の幻想を大々的に取り上げるとはね。第一尚氏の頃から武器を持たないとしたら、薩摩侵攻に対する防衛戦やオヤケアカハチの戦いなど、説明がつかなくなる歴史上の出来事があります(特に八重山の人は怒っていい)。
さらに、ペリー率いるアメリカの“黒船”が琉球に来た時に発生した「ウィリアム・ボード事件」で、暴行事件を起こしたアメリカの水兵を差し置いて、水兵を追った地元住民を逮捕するように求めたアメリカに対し、別の人で処罰をしたことにしたことを「知恵」と評価してるんですが。外交のために関係ない人に罪を着せるとか、今では考えられないですよ。

あと、些細なようで基本的なところを間違い。普天間飛行場を紹介するくだりで、映像がキャンプ・フォスター。いくら何でも…。

[消化不良なのか?考えるきっかけか?TOKYO MXの沖縄報道特番]の続きを読む
「前原誠司vs枝野幸男」じゃ、余程のことがない限りこうなるよな…という結果になりました。民進党の代表選。新代表は前原誠司。
政策もビジョンも違うのに“安倍おろし”で組む野党連携が見直しに向かうのは当然として、この先は党の再生か、あるいは政界再編か。
旧民主党で与党時代にやらかし、その後反省と再生どころか悪化してますからね。

それが、就任早々オチつけるとはなぁ。
幹事長に山尾志桜里?そりゃないわ。
結局党内から反発出たりスキャンダルが浮上したりで見送られたけど。それにしても、この起用案は党内の人材枯渇も一因のような気がする。

さて、この代表選。TVの生中継見て目についたのが、都道府県別の党員・サポーター票のポイント。九州・沖縄の分が映ってたんだけど、沖縄分の2ポイントが
前原:0
枝野:2
になってまして。まさかと思って、党公式サイトにある「2017年9月民進党代表選挙開票結果修正版」(リンク先PDF)にある都道府県別ポイントを見たら…

前原0ポイントは沖縄だけ

枝野0ポイントはいくつかあったんですがね。
おそらく、普天間基地(飛行場)の辺野古キャンプ・シュワブへの移設について
前原「丁寧に進めるが、基本は辺野古の日米合意」
枝野「日米合意の見直しも視野」
という姿勢だったので、党本部と違い「辺野古新基地反対」な沖縄県連が枝野寄りな投票行動に影響したのかな、とも思えます。

もっとも、民進党は旧民主党時代に沖縄にひどいことしたから、信頼回復は特に困難だよね。
(沖縄県連も“鳩山の幻覚”に囚われてる限りはどうしようもないけどね)


8月24日に名護市で発生したひき逃げ事件。容疑者は翌日に逮捕されました。
普通なら「ひき逃げよくない」「早く犯人の逮捕を」となるところですが、シチュエーションがあらぬ憶測を呼びました。

▽現場は米軍基地キャンプ・シュワブのゲート付近の国道
▽被害者2人は普天間基地の代替施設(新基地)への抗議活動のために現場に来ていた

やれ「反対運動を狙ったテロ」だの「ひき逃げされる方が悪い」だの、わからないことが多い段階で何言ってるんだろ、という感じがしますね。
現時点の情報では、容疑者が基地反対派を狙うなど特定の意図を持ってやったという話は出ていません。
それなのにねぇ。

ネトウヨ叩きのためなら手段や内容を問わない「リテラ」は、こんな記事を出してます。
被害者が基地反対派だったことを理由に「轢かれてしまえばいい」というような声には賛同できません。
ですが、そこはネトウヨ叩きに執拗なリテラ。そのような声「だけ」拾って叩いてるのです。しかも、アメリカのシャーロットビルで最近発生、犠牲者も出た「ヘイトクライム」まで持ち出して。
確かに近年沖縄に対する中傷には酷いものがあります。でも、それだけではないでしょう。
Twitterで「ひき逃げ」や「ひき逃げ 辺野古」と検索すると、逆サイドからの醜い声も出てきます。





まだ報道レベルではわからないことが多い段階で、ネトウヨ認定や「鉄砲玉」扱いとか言いたい放題ですね。
ほかにも、容疑者逮捕を知る前の時点で「今月中に捕まらなかったら公安がグル」とまで言ったアカウントも確認(逮捕を知ってからは落ち着いた模様)。

どちらも極論や妄想が行き過ぎて、見るに堪えない。
「ひき逃げはよくない」という共通理解すら困難なのかね。

あと、抗議活動やアピールするのはは構わないけど、安全面には留意してほしいですな。
被害者は歩道の縁石に座っていたとのこと。路側帯があっても、運転を誤るとか対向車を避けるといった形で車が寄ってくることもあると想定できますし。

とはいえ、こういうことを言うと「被害者が悪いというのかこの腐れネトウヨ」という感じの反論が来そうですね。
前もって指摘しておきましょう。まず悪いのはひき逃げした方。事故発生時の救護義務すらやらなかったのですから。
その上で、事故を回避する、リスクを低減するには、という点での安全面の留意です。
自分は普天間のシュワブ移設を容認してる立場ですし、反対論に対して批判もします(時には厳しく)。ですが、反対という人が主張する自由はあると考えてます。だからこそ安全面には気を使ってほしいのね。


フジテレビのオンラインニュースチャンネル「ホウドウキョク」で放送(配信)されている軍事系専門番組「能勢伸之の週刊安全保障」が終了ということで…。

番組で紹介された、自分の撮影した写真をまとめておきましょう。

まずは
futenmaflf2015.jpg
2015年6月の普天間基地「普天間フライトラインフェア」。
オスプレイの写真も出たんですが…

futenmaflf2015_fa18_001.jpg
話題の中心は、このFA-18D。
機首下にカメラなどの偵察システムを搭載してる機体でして。

futenmaflf2015_fa18_002.jpg
番組内では岡部いさくさんがこの装置を図で解説してました。

次は2016年11月
nahariku2016-nbc01.jpg
この年、那覇の陸上自衛隊第15旅団に配備されたNBC偵察車。
那覇駐屯地「陸自祭」にて。

2016年12月
nahaab20161211-lr2-01.jpg
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」関連のうち、採用されたのは陸自のLR-2連絡機。
このような機体に注目するのも、週刊安全保障らしいというか。

2017年4月
wbfes2017_pac3mse01.jpg
ホワイトビーチフェスティバルに登場した、見慣れないミサイル。
番組視聴者クラスタでも「何だこれは?」と話題になったこれは、パトリオット対空ミサイル(MIM-104)の最新版、PAC-3MSEとのこと。アメリカ陸軍もしれっと大物出すねぇ。

直近は2017年7月。
millinocket20170713naha-02.jpg
那覇軍港(那覇港湾施設)に来た、アメリカ軍事海上輸送コマンドの高速輸送船「ミリノケット」。軍隊はロジスティクスも大事

沖縄在住視聴者としては「角材」さんとともに、沖縄特派員かという位にいろいろ採用していただきました。ありがとうございます。






オーストラリアでのオスプレイの墜落事故。
(現時点では状況がわからない点があるが、基地反対派やオスプレイ反対派の検索にひっかかりやすいように、敢えて墜落と表記)
普天間の部隊所属ということで、早速ホットなニュースになってます。

まずは、県内主要メディア(新聞2・放送3)の初出のニュースを確認。






どこも変わらずの騒ぎっぷり。
初出で緊急着陸を事故にカウントしてしまった沖縄タイムスは、指摘があったのが以後そのような表現はしてない模様。
そして、琉球新報は相変わらず欠陥機扱い。ほかのメディアでは誰かの発言として「欠陥機」という言葉が出ることはありますが、マスメディア自身が欠陥機と言うのは、もはや新報程度。8月7日の社説でも「欠陥機と言わずして何と言おう」とのこと。

いつまで欠陥欠陥言うのでしょうか。

[相変わらずの「欠陥機」扱い、人命への配慮がない知事]の続きを読む
オーストラリアで訓練中だった、普天間基地所属の米軍のMV-22(オスプレイ)の事故が発生しました。

現状わかってることを整理しましょう。
◆オーストラリア軍との合同演習中。
◆事故当該機はVMM-265(普天間の「竜」の方の部隊)
◆揚陸艦に着艦しようとして発生(当初は強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」ではないかという報道もあったが、どうやらドック式の「グリーン・ベイ」の模様)。機体は海に転落。
◆事故発生時26人が乗っていて、23人を救助。3人は行方不明だったが、死亡したと8日に海兵隊が発表。
◆アメリカ海軍安全センターは事故分類で「グラスA」に分類。

死亡した3人のマリーンにお悔やみ申し上げます。
オスプレイが飛ぶ島の住民として、原因の究明と安全の確保をお願いしたいところです。

さて、現時点では着艦しようとして発生したもので、状況からすると「墜落」と言えそうだし、でも着艦失敗事故となるのかな、という感じです。
ただ、まだわからないこともあるので、続報待ちですね。


これに関する、沖縄を中心とした諸々は別枠で。
(まだ固定観念に縛られてる人や、トップのゲスい発言とか)


2017年5月22日の産経新聞のこの記事、覚えてますか?


1968年夏の甲子園「興南旋風」の一員で、監督として2010年に高校野球春夏連覇を達成、さらに興南高校・中学校の運営法人の理事長という、沖縄のリビングレジェンドが、ここまで踏み込むかというびっくり記事。
しかし、沖縄ではたまに新聞の投稿欄に我喜屋監督を批判する投書が載る程度で、1月のDHCテレビの「ニュース女子」程の騒ぎにはなりませんでした。

我喜屋監督(理事長)が特段おかしなことを言ってるって感じではないなぁ。
監督に反発してる人の意見を見聞きすると、「決まったことには従わなければ」という発言が気に入らないようですが、普天間飛行場のキャンプ・シュワブへの移設・統合の経緯を振り返ると、そこまで反発するものではないように思うね。翁長知事や“オール沖縄”など反対してる面々は、セカンドプランや落としどころを探ろうともせず「反対」「阻止」ありき。

かと言って、「我喜屋知事待望論」は早計。新報のインタビューでも否定的な反応。
教育・スポーツひと筋の我喜屋監督にいきなり知事は難しいだろうし、寄ってくる人やブレーン次第では別の変なとこに流されないか、我喜屋監督の理念や政策が置いてきぼりにならないかという心配もある。

まあ、この件がニュース女子程の騒ぎにならないのは、ニュース女子程おかしいことがないからというのと、もしかして基地反対派が手を出せない領域ってのもあるのかな。興南高校にデモ隊が押し掛けたら、それこそ基地反対派が批判の対象にされるし。

さて、5月の話をなぜ今頃やるのか。
夏の高校野球の沖縄大会が終わったから。興南が優勝、甲子園1番乗りです。
この件もあって、結果次第で嫌なものを見聞きすることになるのか心配でしたが、興南ナインはやってくれました。1年生が決勝で初先発して13Kとか何これすごい(早実に勝った美来工科から15点も取ったことより注目ポイント)。

雑音を振り払い、甲子園で風を吹かせてほしいものです。

※「興南優勝」は高校野球以外でもいいですよー。
インターハイでのハンドボールとか。


2017年6月のツイートからピックアップした「ツイまとめ」2017年6月号。





(補足)「クイズ100人に聞きました」で見られた光景。

[ツイまとめ2017年6月号]の続きを読む
いきなり駄洒落タイトルだが、豊洲市場の件。結論が出ました。
豊洲に移すが、5年後をめどに築地を再開発。

何だろう。どこかで見たことがあるような結末…(沖縄県民なら連想しやすいかも)。

普天間飛行場(基地)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブに移す件とほぼ一緒。
鳩山由紀夫が「最低でも県外」と大風呂敷を広げて、政権も取ったのに、結局は辺野古に戻ったというアレ。
国内案件と外国も絡む案件という違いはあるけど、構図が近いね。

だったら最初から豊洲でやればよかったのに。どれだけ金を使ったか。
それに築地再開発をどうやるかは未だに見えない。


名護市辺野古で普天間飛行場代替施設の本体護岸工事に着手した頃、沖縄から遠く離れたアメリカで…。


また「外国にチクる」の類ですか。
しかも、この会議に沖縄から「沖縄の先住民族」の代表面して出席した人は、友知政樹。
例の沖縄を日本から独立させようとしてる団体(琉球民族独立総合研究学会)の幹部じゃないですか。この新報の記事では独立学会の肩書きを出してないですね(後日沖縄タイムスに載った記事では独立学会に言及)。

まったく、余計なことしないでください、としか。
基地問題を解決するために独立しようとする団体が、「沖縄の人は先住民族」と煽ってるようにしか見えないのですが。そして、独立は県内でもほとんど支持されてないのに、このような会議に先住民族代表の面して参加とか、迷惑です。


FC2 Management