あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
沖縄の基地問題について「全国で理解されてない」という声があります。
でも、それ以上に「全国で理解されてない」沖縄のもの、ありますよね。

ゴーヤーがいつまでたっても「ゴーヤ」な件。

ですが、もっと深刻な事例が発生しました。
2017年7月13日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」。ビールに合う料理で「沖縄料理対決」がありました。
料理のひとつはゴーヤーチャンプルーですが、案の定「ゴーヤ」表記。「またかよ本当に東京のマスコミ大概にしろ」と見てたのですが、対決のもう一方の料理、そうめんチャンプルー(番組内表記「ソーミンチャンプルー」)を作る過程の説明で

「スパムのかわりにポークランチョンミートを」

はいぃ?(©️杉下右京)

スパムはポークランチョンミートのブランドのひとつです。
主従関係が逆転。本末転倒。
「バファリンのかわりに頭痛薬を使います」
「iPhoneのかわりにスマホを使います」
って言うようなもの。

ゴーヤーをゴーヤと言うのと同様に続いてきた、ポークランチョンミートをスパムと言ってしまう慣習が、滑稽な事態を生んでます。
確かにスパムはモンティ・パイソンのコント(スケッチ)を通した知名度はあるけど、これを期に、認識を改めてもらえませんかね?


「アメトーークを日曜にも」
「TVタックルが日曜昼移動で同時ネットでなくなる」
「土日も(実質)報ステ」
「2時間ドラマを土曜夜から日曜午前に」
など、最近は大胆な改編が目につくテレビ朝日。2017年秋にも大胆な改編をやるとのことですが…。

◆日曜朝に大型ニュース情報番組を新設(5時50分~8時30分)
◆スーパー戦隊物は9時半、仮面ライダーは9時に移動
◆ヘボット終了(メ~テレ制作アニメ枠終了)
◆プリキュアは枠移動なし
◆題名のない音楽会は土曜10時に移動(地域によって異なる)

なんとまあ大胆な。ニチアサ激変。
「土日も(実質)報ステ」に続いて、日曜朝も。ニチアサの先頭が7時から8時半に繰り下げになった分“早起き負担”は軽減されるだろうけど、所謂“大きなおともだち”は出勤前に見られなくなるとか。

でも、それ以上の問題があるよね。
仮面ライダーと戦隊物が移動した時間帯、フジテレビではドラゴンボールとONE PIECEをやっているんですよね。
7時からテレ朝→9時にフジへ切り替え…という視聴者も相当数いるんじゃないかな。この時間帯被りは相当のダメージか。
※ただし、日曜9時台のドラゴンボールとワンピースはフジ系全局同時ネットではないので、ライダーと戦隊が9時に移動しても影響が少ない地域もあるはず。沖縄ではワンピースは水曜深夜、DBはやってないので影響なし。

報道に力を入れるのもわかるけど、視聴者の視聴習慣に大幅な変更を伴う改編はリスクもあります。近年だとTBSが「総力報道」で壊滅的なダメージをくらった例があるからね。テレ朝の賭けはどう出るか。
それに、この情報番組もどんな内容になるかですね。近い時間帯ではサンデーモーニングや新報道2001があるから、どのように差別化するのか。


AKB総選挙の結果発表で結婚発表の件。
その人が発表後初の握手会と聞いて「まさかの事態」が起きないか懸念が。
握手会といえば、2014年に川栄李奈と入山杏奈が襲撃されたこともありましたし。

ところが、事件は「欅坂46」の握手会で起きました。発煙筒プラス特定メンバーを「殺す」とな。

まったく、物騒な。何をこじらせたのか。
アイドルが襲われるのは今に始まったことではないが、アイドルやるのがこうも命懸けではね。


外国映画の宣伝で、芸能人を起用するのはよくある話。
それには、キャスティングや方法がその作品に合っているかが重要。

さて、近日公開の「ハクソー・リッジ」。
沖縄戦の激戦地・前田高地で、信教の関係で銃を持たず、かわりに多くの兵士を救ったアメリカ軍の衛生兵が題材となった作品で、アカデミー賞で2部門受賞。
国内での公開が、沖縄戦の組織的戦闘終わった「慰霊の日」に近いのも注目です。

ところが、「ハクソー・リッジ」の宣伝に起用されたのは、ダチョウ倶楽部と野呂佳代。
しかもワイドショーで見たら、ダチョウ定番芸のひとつ「熱いおでん」みたいなことをやってまして。

「プロモーションの担当者出てこい」ですよ。
このような映画で、あんなおちゃらけ宣伝をしていいのかと。「バトルシップ」や「インディペンデンス・デイ」のような架空の異星人との戦闘ではなく、100年も経ってない、経験者がまだ生きている戦争を題材にした映画でですよ。
それとも、日本は「この程度」なのか?

ちなみに、ダチョウ倶楽部の肥後さんは沖縄出身。


「なぜ梅雨時に?」の疑問が拭えぬまま、大雨&雷で公開イベントは中止。
そして代替会場は「豊見城市立中央公民館」。これまでの歴史の中でも場違い感トップクラスな会場で、別の意味で伝説になった可能性がw

そんな沖縄開催のAKB総選挙。AKB関連にはそれ程興味はないけど、こっちでやるということで、どんなもんかと地上波で拝見。
またお涙頂戴なスピーチの数々になるかと思ってたら、とんでもないことになりましたね。

まさかの「スピーチで結婚発表」。
夢ぶち壊しとか、アイドルも人間なんだから恋愛や結婚してもいいんだよとか、恋愛や結婚してもいいけど表に出さないでとか、アイドルの価値観を巡って喧々諤々になること待ったなしな展開。今後様々な意見に接する中で「現実見た方がいいよ」とか、辛辣な感想に至るかもしれないな。
ところが、この発表が「文春砲潰し」なる説が出てきて、どうなることやら。

過去の総選挙では、篠田麻里子がスピーチとはいえない「プロレスのマイクパフォーマンス」ばりのプレイを極めたことがありますが、今回、ありましたね。

9位の岡田奈々(AKB兼STU)
「スキャダルや問題を起こして、それをネタにしたり話題にしたりして這い上がるメンバーがよくみられます。いいと思うんです。みんなまじめじゃつまらないし。そういう人がいてもいいと思ったんですけど、でもそれをマネしていいとは絶対いいとは思わない」
ぶっ込みましたねー、痛烈なDis。さしこや峯岸を視野に入れてるのでしょうが、例の結婚発表もあって喧嘩売り感アップ。
でもこれでのちのち“発覚”するようなことがあったら、ヒールレスラー転向な感じ?

ですが、それ以上に「プロレスのマイクパフォーマンス」をやった人がいました。
3位の松井珠理奈(SKE)
一通り喋って、最後に「愛してまーーーす!」

棚橋か!wwww
njpw20170303okinawa-last.jpg
(参考写真)
誰が豊見城市立中央公民館にセルリアンブルーのマットのリングを再現しろとw


さて、本編後の未公開映像特別版の放送も終わったので、去年…沖縄だと今年の「絶対に笑ってはいけない」の感想とでもいきましょか。

「科学博士」という言葉の使い方に若干もやっとする部分はあったけど、笑いどころはいろいろありました。罰ゲームで浴びた液体が蝶野ビンタフラグとか、遠藤ファミリーとか、B21スペシャル集合とか。

【名場面ランキング】
5位 ジミー大西で実験
「カンチョクト」程ではないが、寝息が犬の鳴き声とかw

4位 ダウンタウンの後出しジャンケン対決
2人とも歳いったなぁ…ともw

3位 西岡徳馬の乳首ドリル
ジローラモのぐだぐだ感オチまで含めてw

2位 笑点
観客全員で「田中タイキック」言うためだけにwww

1位 サンシャイン斎藤工
2016年大晦日の象徴wwwww

プロ野球の試合が長引いた時の「○○の人帰られへん」。
サンテレビの阪神戦中継で出た「加古川の人帰られへん」に端を発するネタですが、12日のWBC(ボクシングではなくワールドベースボールクラシック)日本対オランダでも同様な事態が発生。試合終了が0時前ですよ。
いくら東京といえども、結構厳しかったんじゃないかな、と。路線の車庫所在地(津田沼とか武蔵小金井とか南浦和とか)より遠いとこはアウトになりそう。

ですが、影響はこれだけではありません。テレビも。

この日の生中継担当はテレビ朝日。野球中継の枠は18時30分から21時前までですが、試合終了まで延長としていました。
その後の番組は(系列共通分、ミニ番組除く)
20:58 プロレス総選挙
23:15 関ジャム
0:10 やべっちFC
0:45 ANNニュース
※沖縄の琉球朝日放送はこのあと松本家の休日、テレメンタリー、通販×3

そして野球は21時で終わらず、結果は
epg-okinawa201703130100.jpg
0:13 プロレス総選挙
2:30 関ジャム
3:20 やべっちFC
ANNニュースはなくなりました。また、沖縄は松本家の休日とテレメンタリーは放送しましたが、通販は早朝分も含めて休止。5時25分開始のグッドモーニングまでのインターバルは約20分。

日付をまたぐ3時間オーバーの延長。わずかですが2010年の日本シリーズを越えました。
「○○の人帰られへん」どころか
「プロレスファン寝られへん」
「関ジャニ∞ファン寝られへん」
「サッカーファン寝られへん」
になりました。

[プロレスファンと関ジャニ∞ファンとサッカーファン寝られへん]の続きを読む
突発の大きな出来事が発生して、NHKや各キー局が軒並み緊急報道特番をやる中、予定通りの番組を放送する、我が道を往くテレビ東京。それは「テレ東伝説」ともいわれ、緊急特番をやると騒がれる程。

「テレ東伝説」の話やその背景は脇に置いといて。

今日は2017年3月11日。東日本大震災から6年。
各局とも発生時刻の14時46分(午後2時46分)をまたぐように報道特番を放送しましたが、テレ東は違っていた模様。テレ東なら「いつものことか」です。
しかし、沖縄で予想外の事態が。

2017年3月11日
沖縄のテレビ局の14時46分をまたぐ番組(Eテレ除く)
NHK:東日本大震災6年特集
沖縄テレビ(OTV、フジ系):日本を襲う巨大地震 忘れていないか3.11
琉球朝日放送(QAB、テレ朝系):Jチャンネルスペシャル・東日本大震災から6年
琉球放送(RBC、TBS系):好きになった人15・本気告白スペシャル(日テレ特番の遅れ放送)

どうしたRBC?
TBSの特番やるもんだと思ってたら、ガキ使「笑ってはいけない」の分割放送が土日ではなく日曜・月曜なのもこのためかと思ってたら、まさかのテレ東状態。
TBS系の報道番組は基本的に、全系列局で同時に放送する縛り、いわゆる「JNN協定」があるので、普通に考えればこんな編成はできないはず。協定では遅れ放送や放送しないのはNGですから。
TBSは特番を放送していたとの情報が入っています。もしかすると、特番にJNN協定の縛りがかけられてなかったのか?


ラジオがネットで聴ける・エリア外でも有料(プレミアム)にすれば聴けると定着したradiko。既にAM、FMの大多数の局が参加してます。沖縄では琉球放送(RBC)が参加してますが、ラジオ沖縄(ROK)とFM沖縄は参加してません。
そのせいか、ROKをよく思ってない人、いませんか?

実は、ラジオ沖縄は結構チャレンジしてるんですよ。
ポッドキャストは積極的だし、かつてスカパーで衛星ラジオがあった時はチャンネル持って放送したこともあります。

そして、「ROKはradikoやらないのか」に対する、一種の回答といえそうな動きがありました。
TBSラジオがポッドキャストに代わる配信の取り組みから発展し、2017年1月30日に配信が始まった「ラジオクラウド」。これにROKが参加・配信してるんですよ。
「ラジオクラウド」スターティング局
【AM】TBS、文化放送、ニッポン放送、KBS京都、毎日放送、ラジオ大阪、ラジオ関西(兵庫)、ラジオ沖縄
【FM】TOKYO FM、J-WAVE
【短波】ラジオNIKKEI

AMラジオのキー局が揃って参加してるとはいえ、TBSラジオが原点となったサービスに、TBS系列ではないROKが、系列のRBCを差し置いて、しかも大都市圏以外の局で唯一の参加という意外性。
でも、ラジオ沖縄はポッドキャストの実績がありますからね。


あの「クイズ☆タレント名鑑」が復活という触れ込みで登場した「クイズ☆スター名鑑」。
放送回数わずか6回、2017年1月22日を最後に、番組内での終了告知もなく終了。終わりを告げたのは番組の演出担当・藤井健太郎さんのTwitter。

今の国内地上波では貴重な、エッジを攻めまくる番組なんですが、再開にあたって「時間帯が厳しいな」というのが、第1印象。
タレント名鑑時代は20時(夜8時)台でしたが、スター名鑑は19時(夜7時)台。
沖縄にいるとピンと来ないけど、この時間帯、日テレは鉄腕DASH。強いです。
ではピラミッドダービーをずらして、元の8時台ならば…「残念そこも日テレ」、イッテQの時間帯。今の日曜夜は日テレが圧倒的に強い状況ですから、苦戦必至。

しかも、アメトーークの日曜版がスター名鑑の真裏に来てしまったのも拍車をかけたか。
スター名鑑とアメトーークって、出演者が結構被るからなぁ。キャスティングが難しくなる。

2クールで終わる可能性も感じてたけど、せめてガチ相撲で〆てくれれば、といったところか。


春の改編期に向けて、テレビ番組の情報がいろいろ出てきてます。
その中で目についたものの1つが、NHKが平日昼の生ワイドに乗り出すこと。

平日昼のNHKといえば、13時(昼1時)台が「スタジオパークからこんにちは」、17時台(夕方5時台)が「シブ5時」で、ほかは定時ニュースとテレビ体操と再放送。最近はスタジオパークが14時台にも延びてるけど、地方局番組を全国に流す枠も兼ねてるようですね。
ですが、これらの番組は国会中継や大相撲中継で休みになりやすい。

そんな時間帯で、ミヤネ屋やゴゴスマに対抗するかのような番組をやろうというわけです。
国会や相撲の時期はどうするのか?

…サブチャンネルがあります。
NHKは生中継のスポーツ番組が所定時間で終わらない時に、サブチャンネルで中継を続行します。これを常用する形で、国会や相撲の中継をサブでやるということなのでしょうか。

ただ、沖縄だとミヤネ屋もゴゴスマもない、グッデイも中途半端なだけに、この時間帯のTVの感覚がいまいちピンとこないw


ニュース「狩野英孝、交際トラブルで無期限活動自粛」
うわー、編集やり直しだよ。
ニュース「大谷、WBC欠場」
うわー、WBCに向けて盛り上げ時なのに…。

踏んだり蹴ったりな、2017年2月5日の日曜アメトーーク。出演者のトラブルどころか、企画の大元が揺らぐ事態。御愁傷様としか。

ただ、中川家の礼二とますおか岡田が突然
「卍」
こと敷田審判の話に持って行ったのは爆笑w


松の内に、2016年から17年にかけてのTV番組に関する雑談。

まずは紅白。
好評批判入り乱れてるけど、その理由は何となくわかるな。いろいろ盛り込み過ぎて落ち着かなく感じる人もいたでしょうね。
とはいえ、ゴジラを止めるために「歌の力」とかリアルにマクロスやるんかいw

視聴者投票で白組圧勝だったのに紅組の勝ちになった審査の件。あれは視聴者投票のポイント換算によるもので、会場審査員が紅組圧勝だったから逆転したんだよね。政党の代表選挙で一般党員票が数十~数百票で国会議員1票と同等に換算されるようなものかと。

とはいえ、2016年紅白最大の名場面は
「I have a microphone」
「I have a Godzilla」
「Godzillaphone」

恒例化した年末年始番組・企画も、変化が見えたところが。
英語禁止ボウリングは、衣装のセクシー性よりもアトラクション性に凝るようになったり。

期待値が高いスポーツ王は、見事にやってくれたね。
野球選手なのに芸人よりも笑いを取る杉谷www
「そういうのちょうだいもっと」www


年末年始のTVの話、三が日までいってからやろうかなと思ったけど、デンジャー案件が発生したので。

2016年12月30日のアメトーーク特番。
運動神経悪い芸人の中で、問題の出来事が発生しました。

田所仁(ライス)が水泳の飛び込みに挑戦したら、頭からほぼ垂直に入って、プールの底に頭をぶつける寸前の事態に。

水泳の経験がある自分から見ると、洒落にならんな、あれ。

まず飛び込みはリスクがある。
やり方を間違えると事故の元。ちゃんと飛び込みを習おうにも、人によっては恐怖心からあらぬ飛び込み方で事故につながりかねない。
それに、見た感じロケ地のプールが浅い。
深さ0.9~1.2m程度の学校のプールでも、注意しないと危険ですよ。

コンプライアンス云々やら制約やらで昔より番組がつまらなくなってるという声がありますが、安全に関しては留意してもらわないと。


1980年代に世界的にヒットした「ラスト・クリスマス」で知られるWhamの元メンバー、ジョージ・マイケルが亡くなったというニュース。
世間では今年を振り返る企画が見られるようになり、その中には墓碑銘もあるのですが、それが出たあとにビッグネームの訃報です。

しかし、その亡くなった日が12月25日。
本当にラストクリスマスになったようで。R.I.P.

いよいよお笑いのM-1グランプリ、決勝です。

ですが、M-1を含めて、最近のお笑いの賞レースでは、自分の感覚もあるのでしょうが、すごくインパクトの残るものがないんですよね。

M-1だと、総合的に印象に残ったのはNON STYLEとサンドウィッチマン。
ネタやフレーズでは
笑い飯の「奈良県立歴史民俗博物館」と「鳥人」
チュートリアルの「チリンチリン」
スリムクラブの「(内間)何とかならんかねぇ」→「(真栄田)民主党ですか?」

さて、今年はそのスリムクラブも出てるんですが、どうなるか。
去年の今頃はNAHAマラソンのスターターをしてましたが。


いやー嬉しいね、大黒摩季の活動再開。
TVにも出ました。11月18日のミュージックステーション。
「実在してない説」「歌唱役、写真役など複数人数説」まで出ていた中、初めてTVで本格的に姿を見せたのも、1997年8月のMステ。この時は初ライブの会場からの生中継でして、ライブ特集が載った音楽雑誌「J-ROCK magazine」1997年10月号は家宝のように今でも保管してます。

Mステではヒット曲のメドレーということなんで、どんなもんかと期待して見て…
「熱くなれ」
「あなただけ見つめてる」
「ら・ら・ら」
…一般受けで幅広く「あーあの人だ」「摩季ねえさん久しぶりー!」とピンときそうな曲となると、こうなるよね。テレ朝としても縁のある曲もあるし。
(あなただけ見つめてる→スラムダンク)
(ら・ら・ら→味いちもんめ)

自分は長年のファンだから、つい渋い選曲を期待するところ。「別れましょう私から消えましょうあなたから」に「Fire」「夢の続き」「Rainy Days」「ROCKs」とか。
でもここは「帰ってきたぞ!」と記憶を呼び覚ますのが大事だよね。

出すぎた杭はもう打てやしない
まだまだ遅くはない 人生はこれから
(「ROCKs」の歌詞の一節)

病気療養から戻ってきた摩季ねえさんに期待。


舞台、コンサート、スポーツなど様々なイベントで、 大口のスポンサーがイベントの名称に入ってくる、所謂「冠スポンサー」は珍しいものではなくなりました。
「○○presents」とか「supported by ○○」とか。

さて、そういったものの中で、ちょっと「イラッ」とくるもの。
シルク・ドゥ・ソレイユの新作「トーテム」の日本公演なんですが、CMでは

ダイハツ トーテム

ダイハツの新車かよ。

ビジネスの事情もあるでしょうから、冠スポンサー自体は否定しません。むしろそれだけ出してくれるスポンサーがいることで、興行が成り立つ側面もあるでしょう。
ただ、イベント名称と冠スポンサーを混同させるような付け方は、個人的にはいただけませんなぁ。


芸能界の一線から退いて石垣島で生活していた元女優が、禁止薬物で逮捕された件。
医療用大麻解禁をめぐる主張や「東日本大震災のあと“原発避難”で沖縄に移住した割には、石垣島では台湾の第一・第二原発に接近してるんですが」とかツッコミどころはありますが、今回は別の話。

今回の逮捕で、ドラマの再放送に影響が出てます。
逮捕直後に、テレビ朝日では「相棒」の再放送が差し替えられました。こちら沖縄の琉球朝日放送(QAB)も、平日午前の再放送枠から「相棒」がなくなりました。
容疑者は、作中で特命係が寄る小料理屋の初代女将を演じてましたので。

逮捕によって出演・歌唱・演奏作品がお蔵入りすることは、これまでにもあります。
でも、その明確な理由って何だろう。神経質になってないかな、とも思う。

「ラッスンゴレライ何が面白いのつまらん」
と言ってた親が
「ペンパイナッポーアッポーペンwウケるw」
な反応。

ジャスティン・ビーバーが「いいね!」して世界的ヒットのピコ太郎。YouTube再生数世界一とかビルボードランクインとか、“なかのひと”の苦労を思うとねぇ…ではある。

けど、笑いのツボは人それぞれ。ペンパイナッポーアッポーペンを「くだらねぇ」と思う人もいるはず。

世間話をするにも難しい。
プロ野球と政治の話をしない方がいいとは聞いてるが、趣味嗜好が多様化してる時代、エンタメの話を合わせるのも難しい。
AKBファンのセールスマンとモノノフの取引先、って具合に。