あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
サークルKとサンクスがファミマに経営統合され、次々と店舗がファミマ化する昨今。
と言っても、沖縄にはサークルKとサンクスはないので、両者の名前がファミマのCMで連呼されても、ファミマ店頭のPOPで両者の名前が書いてあっても…意味不明。

ですが、“サークルKの血をひく者”意外な形で沖縄に登場しました。
famimaexcirclek-cheese.jpg
「濃厚焼きチーズタルト」

沖縄で見られるファミマのスイーツのレギュラー商品になかったタイプの商品ですね。それもそのはず、元はサークルKのPB商品。ファミマ統合で消えていく中、これはファミマブランドで生き残ったようです。
なので、沖縄のファミマのスイーツの棚には「沖縄初上陸」のPOPがついてます。

さて、味ですが、商品名にある通り「濃い」ね。
でも、もしかすると県外に行った時にサークルK仕様を食べてるかもしれないw


唐突にレトルトカレーの話。
nahaabcurry-01.jpg 
航空自衛隊那覇基地のカレーが商品化ですってよ奥さんw

12月の那覇基地エアーフェスタで初登場。
食べてみましょう。
nahaabcurry-02.jpg
HOTな辛さではないが、スパイシー感が生きてる。肉はビーフ。肉や人参と比較するとじゃがいもが大きめなので、そこをできる限り揃えてくれれば、もっとポイント加算できるかな。

さて、このカレー、市販はあるのでしょうか?
エアフェス会場で聞いた(発売元の県内企業か防衛弘済会かは知らないが)ところ、言葉は濁していたような。
海上自衛隊の方の那覇基地(第5航空群)のカレーは、那覇空港国内線ビルの搭乗エリア(セキュリティ通過した先)で売ってます。
何らかの形で市販希望。


10月17日は沖縄そばの日
inakasoba-ichibakita01.jpg
でしたが、食べましたか?

この日行ったそばの店は
inakasoba-ichibakita02.jpg
那覇市の牧志第1公設市場の近くにある「田舎そば・公設市場北店」。芸能人がよく来るのか、サイン色紙がいろいろ。宮川大輔、ロバート、野性爆弾etc…

メニューはそば各種。中でも「ソーキそば」が390円!

さてその「安い」ソーキそばですが
inakasoba-ichibakita03.jpg
コスパいいですよ。安いだけじゃない。麺はコシの強い細め。スープはあっさり。

inakasoba-ichibakita04.jpg
ソーキの味付けもあっさりです
軟骨ソーキなので丸々いけます。

こだわり素材や観光客ターゲットなど様々な店が活動してる沖縄そばですが、たまにはこんなそばもいかが?

唐突にビーフが出てメシテロ

変な輩に絡まれたところから気分一新、男は黙って牛肉。
最近那覇ではステーキ店が増えてますが、今回はその中から、前島の国道58号沿いにできた「牛若丸」。
ushiwakamaru-01.jpg 
岩盤石の熱々ステーキ。
隣は二郎スタイルなラーメン店「赤まる」、そのさらに隣はレストラン「ハイウェイ食堂」(しかもステーキが売りのひとつ)と、競争なポジション。

実はここ、元はキャバクラだったようで。
行った時は客がいたので写真は撮れなかったんですが、沖縄タイムスのメシ情報サイトでは、いかにもキャバクラな座席の写真がありまっせw

食券を買って注文すると、スープとサラダは取り放題。
で、その…
ushiwakamaru-soup.jpg 
スープからして牛w

さあステーキの登場です。
ushiwakamaru-steak01.jpg 
今回はランプのM、1,300円。

…さて、看板には1,000円とあったんですが。先程紹介したタイムスの取材時も1,000円。どうやら値段改定があった模様です。

でも、普通の上等。うまい。
ushiwakamaru-steak02.jpg 
出された直後はめっちゃレア。食べてるうちに岩盤の熱が伝わりミディアムレアに。食感の変化も楽しめます。

最後はこんなことも。
ushiwakamaru-steakonrice.jpg 
ソースを絡めた肉を、オンザライス。
いいですねー。

ちなみにここ、ステーキやハンバーグ以外に“せんべろ”もあるので、キャバクラ風座席で宴席して飲んで「〆のステーキ」にそのまま流れるのもありですね。

これが沖縄の店頭で買えるとは
カップ麺の中でも「北海道名物」として知られるやきそば弁当。今、沖縄のファミマで売ってるんですよ(全店舗かはわからないが)。

「やきそば弁当」といえば、捨てる湯を使うスープ。
yakisobabento03.jpg 
特段うまいというわけではないけど、アイデア商品ですよね。ただ、湯は余ったw

yakisobabento02.jpg 
焼きそば自体は、ソースがペヤング同様なうす味っぽいような。
UFOや一平ちゃんに慣れてるからかな?


沖縄そばの有名な店はいろいろありますが、実は「行ったことがない」という地元の人も結構いるのではないでしょうか。
自分は「どらえもん」や「我部祖河そば」には行ったことがありますが、それ以外となると…ね。

というわけで、ある店に行く。
ishigufu-aburisoki.jpg
そば通には、この写真でどこかわかる人もいるかも。
「いしぐふー」の炙りソーキそば。
だしは鰹、アグー、ブレンドの3種類から選べます。今回はブレンド。あっさりの中にささやかなコクの自己主張。
ソーキは別皿。まずはわさびかからしをつけて肉を味わって
から、麺の待つ器にドボンw

ishigufu-aburisoki-menlift.jpg
麺リフト。当然麺もいい。

ishigufu-minatomachi.jpg
今回の店は港町店。
「沖縄そば王決定戦」初代王者なだけありますな。

あるのは知ってたけど、行ったことのないとこ。

国際通り・牧志駅近くの「アメリカ食堂」。
「アメリカ」と「食堂」、何のこっちゃ?
…と思うでしょうが、簡単に言うと、ハンバーガーが売りの店で、夜は飲み屋にもなるお店。

ほかにもタコライスやパンケーキなどのおすすめフードがありますが、ここは一押しのバーガーから。
americasyokudo-menu.jpg
この店のバーガーは、肉パティに「島豚」、アグーを使ってます。
種類も豊富ですが、初めてなのに素直に、メニューで「オススメ!!」とあった島豚あぐーベーコンチーズバーガー(950円)にサイドメニューセット(350円)をつけます。
※サイドメニューセットはポテト、オニオンリング、ゴーヤーリング、ピクルスの4品

で、今回の商品はこちら。
americasyokudo-baconcheese.jpg
ごっつ盛りなバーガーですが、食べ方ガイドがあるので初心者も安心。肉良し、野菜良し、バンズ良しの“バーガー三方良し”。

リウボウで6月21日から27日まで開催の「東北物産展」。
どれがいいか物色していて、今回目についたのは、会場内で食べられるフードのひとつ「鶏中華」。

山形県新庄市の「新旬屋 麺」の人気ラーメン。リウボウ東北物産展初登場。
どんなものか、いただいてみましょう。
torichuka201606-01.jpg
スタンダードの鶏中華に、味玉と海苔をトッピング。

まずはクリアなスープをひと口。
あっさり感のあとに、鶏の風味が口の中に広がる。やさしい味。

麺リフト。
torichuka201606-02.jpg
平打ちのぷりぷり食感。スープによくなじむ。

torichuka201606-03.jpg
名前に「鶏」とあるだけに、鶏肉も。ラーメンに肉というとチャーシューが定番なんだけど、このラーメンは、鶏肉が味のやさしさを際立たせてくれます。

会場で提供されてる分のメニュー。
torichuka201606-04.jpg
特に「普段とんこつとか濃い味のラーメンばかり食べてるな」という方におすすめ。
もちろんあっさり味派も大歓迎。

東北物産展は27日まで(最終日の27日は17時で終了)。
これは行って食べてみて。


新しい中部徳洲会病院を見たついでに、イオンモール。

開店直後に「1時間待ち?」な列ができてた店に行ってみました。
melonpanice.jpg
世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス。
看板のフォントが某ラノベ(2010年アニメ化・作品の舞台は千葉)みたいだが気にしないw
ちなみにこの日は行列もなくストレートイン。

中に入れるアイスクリームの種類がいろいろありますが、迷ってとりあえずクッキークリーム。
melonpanice-cockycream.jpg
温と冷のミクスチャー。
確かにパンは焼き立て。思った以上に調和してる。ラスクでアイスをすくって食べるのもあり。

熱をもったパンの中にアイスがあるので、食べてるうちにアイスが溶けます。持ち紙は最後までキープを。

[メロンパンアイスで「あれ?」]の続きを読む
異物混入騒動から復活したレトルトカップ焼きそば・ペヤング。
関東から順次販売を再開したものの、進出が遅かった沖縄はどうなるのか不明なままでしたが…

payoungbackokinawa01.jpg
2016年2月、那覇市内某所で発見。
大盛や超大盛、派生なしのスタンダードだけですが、購入でしょこれは。

payoungbackokinawa02.jpg
一見見慣れたパッケージのようですが、外装フィルムに以前のイメージを再現したもの。

payoungbackokinawa03.jpg
蓋はほかのカップ焼きそばと同様な湯切り口つきカバーに変更。これにより

ペヤングだばぁ」は過去のものになりました?

payoungbackokinawa04.jpg
ソースの風味などに大きな変化なし。変わらないうまさは健在。
UFOや一平ちゃんなどと気分に応じて。

名前を決めずに発売し、その名前を公募する。
マクドナルドの奇策、決まった名前は「北のいいとこ牛っとバーガー」。
北といっても北海道産素材をどれだけ使ってるのかという指摘、宣伝写真と見た目のギャップの報告、果ては「北の」に乗じた金正恩とのクソコラなどいろいろ反応が飛び交ってますが、ま、食べてみるか。
そういえばマックはここ1年行ってないからな(ファストフードに行くとしたらだいたい「素材にこだわり」「鶏」「国内では沖縄だけ」)。

で、注文。

一見じゃがいもが少なく見えるけど、バンズをめくると
mcdo_kitanoburger02.jpg
それなりに入ってますね。
芋の部分がどんなものか気になってましたが、ポテトサラダっぽい感じでした。芋のカットは大き目。
おいしいかというと、可も不可もなく、まあ悪くはないね。ただ、芋とバーガーといえば、以前期間限定企画で出してたハッシュポテトをはさんだやつがうまい。

てか、それ以上にぐっときたのが
mcdo_honeylemonshake.jpg
はちみつレモンシェイク。
ありそうでなかったおいしさ。これおすすめ。

名指しで犯罪者扱いされてどす黒い心中をリセットすべく市中に出ると


うまいもの発見。

これは
kokusaiyatai201602.jpg
那覇市牧志の「国際通り屋台村」敷地内の離島物産店「離島マルシェ」(この写真右側)で売ってる

「JAWSバーガー」

です。
名前で察しがつく方もいるでしょうが、鮫の肉のバーガー。

kokusaiyatai_marche.jpg
店舗内のバーカウンターで購入します。安心してください、店の外や2階に飲食できるとこありますよ。

jawsburger02.jpg
拡大。
鮫肉はフィッシュバーガーの要領でフライされていて、千切りキャベツとチーズを添えて。
食べた感想は…フィッシュバーガーのようなほくほく感とは違う、しっかり詰まったような食感。でも臭みとかしつこさもなく、普通にいけます。

しかもこれ、コスパがいい。

単品400円
ポテト・ジュースつきセット600円

某大手ファストフードのセットといい勝負、ものによっては実際安い。

沖縄再開発シリーズでも取り上げた牧志1丁目3番地区の予定地内に、そば屋があります。

makishi1-3_201407-02.jpg
この写真の右側に、ちらっと写ってる。


「むつみ橋かどや」に行ってみましょう。

沖縄そばの店なんですが、メニューはいたってシンプル。
かけそば
ロースそば
三枚肉そば
ソーキそば
いなり寿司

高校野球のペナントが目立つ店内で、食べるのは
mutsumibashi-kadoya-3mainiku.jpg
三枚肉そば(600円)
麺は太目、だしはあっさり寄り。三枚肉も見た目は照りがあるが、だしと調和が取れててGOOD。

さて、メニューの「ロースそば」って何者よ!ということで
mutsumibashi-kadoya-roas.jpg
別の日に改めてトライ。お値段500円。ロース肉が載ってるそばでした。
ただ、その肉は薄切りで、そばと一緒に食べやすい。
横に見えるいなり寿司は2個で100円。

再開発でどうなるかわかりません。行くなら…今でしょ。

那覇市の牧志第1公設市場。その南側に、カレーの店を発見。


那覇カレーBAJO(バボ)。

ここ、安い。ベーシックのあぐー豚カレーで350円。
ロースかつやポークたまごなどのトッピングをつけてもお手頃。
てなわけで…
nahacurrybajo-misokatsu.jpg
油味噌かつカレーをいただきます。お値段650円。
味噌といっても、名古屋あたりの味噌だれをどろっとかけたものではありません。かつにする肉を、沖縄ではスタンダードな料理のひとつ、油味噌(アンダンスー)に漬け込んでフライ。

nahacurrybajo-misokatsu2.jpg
かつの断面を見ても「どこに味噌?」
でも、食べると油味噌の味がします。愛知県民のみなさん、いやそうでなくてもおすすめ。

カレーの方は辛さ控え目のコク重視。辛さが足りない人向けに一味唐辛子や七味唐辛子が用意されてるけど、まずはそのまま食べてほしい。うまい。
市場のおじーおばーでも食べやすく、ですね。

那覇カレーBAJO
営業時間 7:30~17:30
定休日 日曜日

瀬長島のウミカジテラスから、フードをもうひとつ。


KAME ANDAGI(かめおじーのサーターアンダギー)

ここのサーターアンダギー、トッピングができます。
130円のサーターアンダギーに、プラスアルファでフレーバー(+50円)、ディップ(+100円)、アイスクリーム(+200円)。それぞれ種類があります。

その中から、今回はディップのレアチーズ。
kameandagi_senagaumikaji201509-02_cheese.jpg
夕陽と松明をバックに。
この時ちょうどコンサート会場から、ジプシー・キングスの「Inspiration」(鬼平犯科帳のED曲)が流れてきまして、すっごくいい感じですわ。ちなみにこの曲の次は「Volare(ボラーレ)」w

kameandagi_senagaumikaji201509-03_cheese.jpg
どのように食べるか。
写真では撮影用に添付のスプーンでアンダギーを強引に割ってチーズを載せてますが、そこまでスプーンで無理しなくてもいいです。
サーターアンダギーは手で割って、スプーンでディップをつけるイメージです。お手ふきもついてるのでご安心を。

味の方は、「こんな楽しみ方もあるのか」と感じますね。食べ慣れた沖縄菓子を、チーズの風味が覆う。
ほかも食べてみたくなる。

瀬長島のウミカジテラス、いろんな店があるんですが、その中に


梅光軒?
前に札幌で食べたことがあるラーメン屋じゃないか。
沖縄進出以上に、なぜここに感。那覇の中心部や北谷、イオンモールならまだわかる。
しかし、その意外性を買って2年ぶりにいただくとしましょう。

前回は魚辛味噌という変化球だったので、今回はスタンダードに「味噌」。780円。
baikoken_senagaumikaji201509_miso.jpg
うまい。麺はコシがしっかり、スープも程よい味。
スープは味噌、塩、醤油があるので、お好みの味を見つけてみては?

今回の東京行きでは、「そういえば行ったことないとこにも」ということで、アメ横に。


目に入ったのは「みなとや」。どうやら有名な海鮮丼の店。
てか安いな。500円台で種類多い。

選んだのは
minatoya_ameyoko02.jpg
サーモンほたて丼に甘エビをトッピング。

安い、うまい。


ドン・キホーテ那覇国際通り店7階のフードコート。以前紹介したことがあります。
ラーメンあたり食べてみるかと久々に行ったところ…

沖縄そば、ラーメン、ラム肉…店がすべてなくなってました。
フードコート形態は姿を消し、2つの飲食店になってました。
ガジュマル側はグリルバーの「KAIMANA」、エレベーター側は焼肉の店「GeN」。

なんじゃこりゃ!ではあるけど、せっかくなので、KAIMANAのイチオシフードのひとつ、フレンチトーストから「ブルーベリークリーム」をいただきます。1,280円。

フルーツやクリームを盛ったフレンチトースト、実は食べてみたかったのよ。
フレンチトーストへの卵の染み込み具合は6~7割といったところか。自分は染み込んでる方が好きなのでOK。
クリームは甘すぎず、ベリー類の酸味で甘味が引き立ってます。それをトーストに載せて…普段使いには高い値段だけど、幸福感を味わえるはず。

フレンチトースト以外もメニューはいろいろ。店内の広さは貸し切りパーティーにも丁度よく、「結婚式の2次会プラン」も売り出してます。

KAIMANA
[営業時間]11:00~25:00 年中無休
[電話]098-866-6788
ここに行く時はエスカレーターで上がるのがおすすめです。
エレベーターだと焼肉GeNの玄関内に出ちゃうので。

[那覇ドンキ7階、えらい様変わり]の続きを読む
2015年夏の東京突撃、メインは鉄道でしたが、そろそろメシネタも。

秋葉原をふらついて見つけたのが、「東京カレー屋名店会」。
都内のカレーの名店5店舗が共同で出してるお店。その5店はめっちゃ有名な「エチオピア」、インドもパキスタンもありよ「デリー」、スマトラ系の「共栄堂」、欧風の「ペルソナ」、キーマが自慢の「カーマ」。
場所は秋葉原駅の商業施設「アトレ秋葉原」の駅南西角1階。ラジオ会館側ですね。

各店舗の定番やここオリジナル商品のほか、各店舗の食べ比べができるメニューもあります。
その中から選んだのは

2店の食べ比べができる「2店盛り」から、エチオピアのチキンカレーとペルソナのビーフカレーのセット(1,100円)
写真手前がペルソナ、奥がエチオピアね。

ペルソナの方は深いコクのあとにスパイスがパチパチ攻めてくる、味わいの変化が楽しい。
エチオピアの方はね、味とは違う部分なんだけど、「インドカレーなのになんで名前がエチオピアやねん」という疑問があるんですけどね、味は素晴らしい。スパイシーさがダイレクトだけど、飽きがこない。いいカレーしてます。

国際通り屋台村、見るだけではもったいないな、ということで実食。

今回の店舗は…

案内図の12番のところにある「HIROTO-YA」。
元々は名護の洋風居酒屋。ランチメニューもあります。

まずはシークヮーサーの酎ハイをごくり。
kokusaiyatai201507-hirotoya_sichu.jpg
注文したのは「ポーク・オレンジソース煮」。350円。
kokusaiyatai201507-hirotoya_porkorange.jpg
豚バラ肉(三枚肉)が、オレンジの風味であっさりいけます。
店主曰く工程の中で余分な脂は落としているとのこと。

食べながら「もしや?」と思って追加オーダーしたのが
kokusaiyatai201507-hirotoya_egggarlic.jpg
「卵にんにくパン」(350円だったかな)。豚肉の余ったオレンジソースをつけていけるんじゃね?と着想。
パンそのものは、見た目フレンチトーストですが、名前の通りにんにくの風味があり、おかずや酒の肴に合うフレンチトースト感覚。
ほかの肉・野菜料理のソースをつけるにももってこい。

みなさんも好みの店を見つけてみては?
沖縄料理、ヒージャー、アメリカン、中華…いろいろあります。