あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
夏の首都圏展開。
肩肘張らずにライトに楽しむスマホで撮り鉄。

東上線の大山で、夜に撮ってみます。(撮影順不同)

tojo-oyama20171001-01.jpg
池袋方面ホームから、成増行き。

tojo-oyama20171001-02.jpg
この10030系の編成も成増行き。

tojo-oyama20171001-03.jpg
TJライナー用50090系だが、TJではない運用。

tojo-oyama20171001-04.jpg
ホワイトバランスなどをいじってみると、スマホで流し撮りもそこそこな出来。

[スマホで鉄撮り@夜の東上線大山]の続きを読む
夏の首都圏展開。
肩肘張らずにライトに楽しむスマホで撮り鉄。
JR物でいろいろ。

e231tohoku-20170928.jpg
宇都宮線(東北本線)のE231系上野行き@南浦和。

e233ssl-20170929.jpg
湘南新宿ラインのE233系@西川口。

[スマホで鉄撮り@JRいろいろ]の続きを読む
10月14日は鉄道の日なので、鉄道絡みのネタを。
沖縄で鉄道趣味やるサイトとしては、はずせません。

この前の首都圏展開で買った鉄道模型から
ef58omadoblue2017-01.jpg
EF58に出てきていただきましょう。
KATOの品番3020-1「後期型大窓ブルー」。大窓は前期型じゃね?というツッコミはさておきw

ef58omadoblue2017-02.jpg 
中を見ると、ライトのLEDがチップLEDになってます。現行仕様になって結構経ってるようですが、細かいアップグレードがなされてるようで感心。
EF58はかつてTOMIX製(スプリングウォームのアレ)の茶色大窓を、今はなき沖縄山形屋で買ったものがありましたが、遊び倒した末の動力不調で引退。久々の58です。

沖縄に戻って整備していて…
ef58omadoblue2017-03.jpg
パンタグラフ色さししたけど、何か明るいなぁ。
前面ナンバーがインレタや近年のKATO式の高精度ぴっちりプレート(個人的表現)ではないよなぁ。
どうする?

調べたり、県内の模型店でヒントを探っていったら

[五八屋模型店で「58」を買って遊ぶ]の続きを読む
夏の首都圏展開。
肩肘張らずにライトに楽しむスマホで撮り鉄。

種類が豊富なコッペパンの店に行ったついでに、上野のさくらテラスの上は気楽な鉄ウォッチにはもってこい。
201709uenosakura_e231yamanote01.jpg
こんな風に。

201709uenosakura_e231yamanote02.jpg
タイミングが合えば離合もいける。

201709uenosakura_e233kt01.jpg
引きで風景っぽく。

201709uenosakura_e233kt02.jpg
寄って鉄分を濃く。

ここでは大掛かりなレンズをつけた一眼は似合わない。気楽に撮るのが1番。


2017夏の首都圏にて。出発数日前にツイートしたら、Twitterで何回かやりとりした方から「運転会にどうですか?」とお誘いを受けまして、都内の貸しレイアウト「Re:Color」に。

201709recolor-yuikiha183.jpg
ついに「ゆいレール塗装のキハ183系」がデビュー。
フリーランスの鉄道模型の中でも、2016年に発生した「キハ183系不審車」という流れに乗った一品。

しかも、お誘いいただいた参加者のみなさんも“不審車(フリーランス)におぼえあり”でして…さながら“不審車の宴”。
201709recolor-kintetsudc.jpg 
キハ181、キハ183、785系が近鉄特急色(新色)をまとうというw
その2本右には「183違い」(電車の183系が、ディーゼルの183系HET塗装に)

さらに
201709recolor-bozehead.jpg
この写真の中央。どんな車両でもキハ183-100番台の“坊主”先頭車に変身できる「坊主ヘッド」が登場。

ということで
201709recolor-yuiboze.jpg 
ゆい坊主w

とはいえ、不審車以外も目玉多数。
[鉄道模型「不審車の宴」2017夏]の続きを読む
9月29日から10月1日(一般公開日は9/30と10/1)に開催された全日本ホビーショーで見た、鉄道模型関連で目についたもの・その3(〆)。

【KATO】
2017hobbyshow-kato-c57-01.jpg
9月初旬の製品化発表から、もう形になって出てきたよ。C57の1次車。

2017hobbyshow-kato-c57-02.jpg
2014年に4次車をリリースしていたので、動力機構やノウハウなどはそれなりにあるだろうけど、早い。ただし発売は2018年2月。

2017hobbyshow-kato-c57-03.jpg
ナンバーに87がないのは沖縄鉄者としては惜しい(かつて87号機が列車ホテルの名残りで今帰仁村で保存されていた)けど、それは銀河モデルとかの部品メーカーでどうにかなるか。

2017hobbyshow-kato-Jrw225100-01.jpg
「最初からこう作っていれば」と思ってしまう、225系100番台。

2017hobbyshow-kato-Jrw225100-02.jpg
223系から指摘されてるけど、帯の色が薄いかな。

[模型ホビーショーに行くのです(3)]の続きを読む
9月末から10月にかけての首都圏展開。

tetsumokaidashi201710.jpg
今回も買った買った、鉄道模型の数々。


9月29日から10月1日(一般公開日は9/30と10/1)に開催された全日本ホビーショーで見た、鉄道模型関連で目についたもの・その2。

【GREENMAX】
京王の新車5000系の製品化を会場で発表したのですが…
2017hobbyshow-gm-tobu70000.jpg
「かっこええ」と思っちゃった東武70000系。

2017hobbyshow-gm-metro13000.jpg
東武70000系の兄弟車・東京メトロ日比谷線の13000系。最初は違和感のあったこの顔も、慣れてきました。
一緒にデモ走行する京急1000形1800番台もなかなかの出来。

2017hobbyshow-gm-meiel120.jpg
GM初の電気機関車・名鉄EL120。
努力は買うが、連結器の車体取付方法が「どうしてこうなった」。

2017hobbyshow-gm-meiel120spec.jpg
EL120の紹介パネル。
動力伝達がベルトドライブで「牽引力はどうなの?」と思ったが、車両の回送や保線用貨車ならこの程度でOKという解釈?
今後秩父鉄道や東武鉄道など私鉄の機関車を出すなら、どうするか。

2017hobbyshow-gm-economykit.jpg
エコノミーキットと新動力(コアレス)のフィッティング?に関する説明。
どのように進めるか、というかキット組立の裾野を広げる上でも重要ですね。


2017夏(秋?)の首都圏展開。目的は
2017hobbyshow.jpg
やっぱりね。2年連続で全日本模型ホビーショー。
日刊安全保障(という名の週刊安全保障)のイベントもここでありましたが、やはり模型ということで、鉄道模型もあるわけで。

目についたものを記録。

【TOMIX・TOMYTEC】
2017hobbyshow-tomix-eh200.jpg
「台車間隔のEH500との違いを再現」というこだわりも見せるEH200。
一瞬「おっ」と揺らいだが、KATOのぴっちりナンバー部品に慣れると、ナンバーのはめ合わせの精度で「うーん」となってしまう。

2017hobbyshow-tomix-jrs5000.jpg
JR四国の5000系+JR西日本の223系5000番台。
5000番台の顔はちょいと期待。KATOの223系2000番台グループは先頭ライトまわりが惜しいからなぁ。

2017hobbyshow-tomix-kichi-01.jpg
KATO線路ユーザーなので「やられたー」な車両基地レールセット。

2017hobbyshow-tomix-kichi-02.jpg
構内踏切をケーブル通しにできるとか、ナイス発想なんですけど。
後追いでいいのでKATOもやってほしい。

2017hobbyshow-tomytec-tetsukolle.jpg
お手軽短編成も10両編成も何でもござれとなった鉄コレ。
Nゲージ化部品などを考えると、御堂筋線10A系はTOMIXで出してもいいはず(東武6050系は飾るだけの層への安価アピールでGMとの差別化か)。

【MODEMO(ハセガワ)】
2017hobbyshow-modemo-hakone2000.jpg
箱根登山の2000系。
マクロスΔやエリア88、1/450ひゅうがなどほかの目玉が多く、ハセガワのブースでは小所帯な鉄道模型。とはいえ、そろそろ昔の製品のリニューアルに乗り出してもよい頃合いでしょうね。


阪急、攻めてますね。
hkumeda0726.jpg
(写真は2013年7月)
なにわ筋線に介入したかと思ったら、伊丹空港接続の新線計画ですってよ。
宝塚線の曽根駅あたりから分かれて空港に至るらしい。

地図で見ると、曽根から分かれてすぐ空港に行くのは、地下を通すにしても住宅地真下。
hankyu-sone-map.jpg
やるとしたら、曽根の南で分かれて道路下を西に進み、阪神高速池田線の下に行く形になるか、曽根駅構内の留置線や高架工事後に余った線路沿いの土地を使い北に進み、岡町の北側で西に向きを変えるのか。
駅の西側で区画整理の計画があれば、それに便乗?

とはいえ、なにわ筋線に加えてこれもやると、お金をどう工面するかも気になる。


さて、この前東京に行った時
akiba201707.jpg
実は鉄道模型も買ってたり(2017年初購入)

それがこれ。
3rdef66-01.jpg 
EF66。KATO製の0番台JR西日本ブルトレ牽引機仕様。3両目です。
2017年再生産版を、秋葉原の某店で「最後の1両」をいただき。
2017年再生産版は、基本的なところは2000年代の仕様のままですが
◆連結器まわりが現行仕様に
◆あと付けの汽笛部品の色が金から青に
と変わってます。

手持ちのEF66はライトのふちとパンタグラフに色入れをしてますが、今回はこれに加えて
3rdef66-02.jpg 
運転台室内にも緑の塗装。以前京阪けいおん電車を作る時に調達した「イスラエル空軍機迷彩用の緑」を流用。
さらに、前面飾り帯の凹部分の青(TOMIX製は強調してるが、KATO製は省略)も、ガイアの鉄道カラー青15号を使って表現に挑戦。

で、色入れ後。
3rdef66-03.jpg 
いい感じに。
ナンバーは1両目は54、2両目は43にしたので、47に。
また、青くなってた汽笛部品は、ほかの機関車の余剰部品で置き換え。

これより3両揃い踏み。
3rdef66-04.jpg
下関か品川気分。

66がこれだけ揃ったし、ほかの機関車も気になるw
EF64の1000番台とか、EF510とか。


ゆいレールの新車が到着です。

那覇港で貨物船から下ろすところを見た方のツイート。

ゆいレール公式Twitterから。

これまでの車両と同じですね。
客室窓の上下寸法が小さくなっているのは、14編成(1114編成)からの変更点。

さて、ゆいレール公式が第16編成と言ってますが、既存は14本。では15番目の編成は?

yui1115f-201707nahaport.jpg
7月13日時点で、まだ那覇港にいました。(撮影時は安全面にも留意してますよ)
鉄道車両の道路輸送って、それなりに手間かかりますからね。


新幹線と在来線の直通手段として検討・研究されてきた「フリーゲージトレイン」について、先行きに暗雲が漂うニュースか出ています。

確かに実用化できれば魅力的ですが、厳しいものがあるよな、と。
270km/hを目安とした最高速度。北陸新幹線との直通ならそれでもいいですが、九州だと博多以東の直通は困難(山陽新幹線は285km/h~300km/hの世界)。
ゲージ(軌道間隔)の変更も、実用化してるスペインの「1668mm⇔1435mm」に対して「1435mm⇔1067mm」と狭い。
素材や技術で今後何らかの進展という可能性はあっても、現状はコストなどで難しいと判断するのもわからなくはないですね。

ただ、正式な断念判断はいつになるのか。
そして、その先はどうなるか。
北陸新幹線は敦賀開通から大阪開通までの暫定的なものなので割り切るとしても、問題は長崎ルートだよなぁ。今のまま工事を続けると、武雄温泉から長崎までの「離れ小島」状態。ではフル規格にしますか?となると佐賀県は渋るでしょうし(もちろん佐賀側にも理由はある)。

政府としても限られた財源をやりくりするわけですから、もしかすると「長崎ルートは当面スーパー特急方式で」となる展開も考えられるのですが、それだって運行コストや所要時間の短縮など総合的に判断しないといけないわけでして。



…どーも、預言者になってしまったようです。
2012年にツイート。
2015年にJR西日本が「やまぐち号新客車を旧客風で作るよ」とリリース。
そして2017年、ついに客車がメーカーの工場から出た、と。

そりゃあ「21世紀に旧客作るの?」が「まさか本当にやりやがった」ですから、ネタ車両に飛び付くような人でなくても注目しますな。
でも、旧型客車をそのまま現代に作るのは難しい話。少し調べるなり考えるなりすればわかるはず。
安全面やバリアフリーなどの設計基準、メンテナンス、客室やサービス設備…などなど。
だから、今回登場した車両も、よく見るとドア周辺や窓、台車、クーラーとかか“現代してる”
のがわかります。あくまで、それっぽく再現したもの。かなりぶっちゃけた表現(怒る人もいそうだけど)で言うと「もどき」。

ですが、そのあたりを理解した上で
「現代の基準やニーズに適合させつつ、機関車に合ったスタイルの客車を仕立てる工夫」
「SL以外でも合う機関車がいるのでは?」
「模型でそれっぽく作ってみたら楽しくね?」
「そうだ、山口に乗りに行こう(プラス山口で観光)」
など、様々な視点・切り口から楽しむのは、ありと思うね。

こんな面白いの、撮って終わりではもったいない。
とりあえずは、公式発表や鉄道雑誌の記事でどんな情報が出るかにも注目かと。


静岡ホビーショーで出た鉄道模型の話の中でも、これは別に取り上げないとな、という話がありました。

TOMIXがDE10を題材に「選挙」に出ました。
JR各社の仕様のDE10を発売するのと同時に、関連する各社の車両でどれを製品化してほしいか投票し、1位を2018年に製品化するというもの。
投票機会は「DE10の予約時」と「DE10同封の用紙を使いネット投票」の2回。

これ、AKB総選挙商法?に近いよね。
1人でDE10を複数買いして、関連車両投票で同一車両に集中投票もできるから(製品同封の投票用紙を使う時点で、1人1票に固定するのは難しい)。「そこまでやるか?」という感想。さらに「投票のために」大量購入された模型が、選挙後に中古市場に放出される事態も考えられます。これが果たして鉄道模型の趣味世界にとって本当によいのか、意見は分かれそうです。
自分は「面白いとは思うが、ひとつ間違うとどうなるかわからない諸刃の剣」。
また、「製品化されるかは人気投票の結果次第」で鉄道会社から製品化の許諾をもらえるのかという点もひっかかる。

さて、DE10と関連車両をまとめると…
北海道:くしろ湿原ノロッコ
東日本:茶色の1705号機+オリエントサルーン
東海:床下灰色の東海仕様+名古屋の12系お座敷車
西日本:きのくにシーサイド
四国:アイランドエクスプレス四国
九州:ハイパーサルーン塗装の1756号機+783系
貨物:新更新車B+コキ71

北海道、西日本、四国は機関車と関連車両が完全にセットだよね。
九州もセット性が強いけど、こちらは485系と合わせる遊び方もある。
関連車両で見てみたいのは、783系かな。バリエーション展開もいろいろできますから。

そんなこんな言ってますが、自分の持ってるDE10はKATO製。
yukashitawork-de10.jpg 
車輪のふちの銀が目立つTOMIX製と違って、黒染め車輪で足回りが落ち着いてるのが好印象。
とはいえ、後学のためにTOMIX製に手を出すのもありかな?
(そういえば、貨物更新車がいいぞと勧めてきそうな人が…)


さて、過ぎた話ですが、静岡ホビーショーの話。
行けたわけではないので、各所に上がってた鉄道模型関連の話題から、気になったものをメモしときますか。

【20年経った今】
長野新幹線(現・北陸新幹線)開業に伴って“横軽区間”が廃止されて20年になるのね。そのタイミングでKATOが怒涛の碓氷峠ラッシュに出ようとは。
既にEF63や489系を出していたけど、今回はJR仕様で、189系や115系もリニューアルして、客車夜行の能登も出して、EF63の双頭連結器は“フックなし”になって…畳み掛けるねぇ。
碓氷峠物はそれほど興味なかったんだけど(ただし489系能登編成は所有)、これは揺らぐね。

【割り切りか、弄るか】
TOMIXのキハ183系サロベツ編成。
1500番台先頭車の屋根の塗り分け線が、昔のくの字型。現在は直線なので「エラーだ」という人もいそうだけど、これは屋根の部品分割の都合。昔なら「まあいいや」ってなったところかな。それに塗り分け線が変わった時期を考えれば、完全なエラーじゃないし(くの字型だった時期もある模様)。スラント先頭車の入ったBセットは時期的にエラーになるけどね。まあそこは割り切るか、弄るか。
とはいえ、TOMIX製の500番台グループは車体が微妙に歪んでるような…ってとこがひっかかる(フリーランス改造の時も結構気を遣った)。

【連結器が課題】
GM(グリーンマックス)初の機関車となる、名鉄EL120。
かなり出来上がった状態で出てきましたが、ひっかかるのは連結器。ダミーかアーノルト。いや、それはええねん。根元のあたりがほかのに交換するのが面倒そうな形状しとるな。


延伸工事が進むゆいレール(沖縄都市モノレール)。橋脚などは現地でできますが、軌道(線路)は別のところから持ってくる必要があります。

それはどこで作ってる?
yui-railfac01.jpg
県内にあります。
浦添市の南西部・那覇港浦添埠頭や物流施設を擁する西洲地区。物流施設エリアとキャンプ・キンザーに挟まれた一角に、PC軌道桁製作場があります。
なお、写真はすべて敷地外からの撮影です。

yui-railfac02.jpg
ファクトリーと、その建物にまたがるガントリークレーン。

yui-railfac03.jpg
敷地内の掲示板。
軌道桁の作り方はこちらを参考に。(モノレールジャパンから)

yui-railfac04.jpg
建屋内から出てるレール。沖縄で貴重な「2本の鉄のレール」。

yui-railfac05.jpg
敷地の北側には軌道桁が置かれてます。

yui-railfac06.jpg
置かれた軌道桁の中には、設置場所の表記がついたものもあります。


2017年3月、沖縄からJRの足がかりがなくなりました。
JR九州の沖縄支店が閉店。

これに伴い
okinawasugocawith813.jpg
JR九州のICカード・SUGOCAの沖縄限定モデルの提供が終了しました。
(何か九州物と写真を…ということで813系の模型を添えて)

OKICA登場より前に世に出たこのカード、ゆいレールや県内路線バスでは使えませんが、県内でもローソンやAEONなど結構使えるんですよ。Suica互換ならだいたいいける。ゆいレールと本島内の路線バスでしか使えないOKICAより汎用性が高い。そして県外に行けばいろんな列車もこれでOK。

moblog_afdc4c7a.jpg
こいつはもちろん

jrosaka-27001.jpg
これも

201609e531ueno.jpg
これも

201508metro7000_jiyugaoka.jpg
JRでなくても使える会社・路線も

実に重宝します。
限定モデルの提供は終わっても、SUGOCAとして引き続き使えるので、ばんばん使っていきますよ。

さて、沖縄支店は当初は那覇のビジネス中心地・久茂地のビルにありましたが、のちに市街中心部から少し離れた壺川に移転。一見都落ち?のように見えますが、JR九州の傘下になったドラッグストア、ドラッグイレブンとの併設なので経費的にも都合がよかった?

ここで切符を買ったこともあります。
hayabusa201409.jpg

hamanas201409.jpg
2014年に、東京-札幌をどどんと。

オンライン予約が一般化してくると、沿線でもない離れ島の営業拠点は費用対効果が悪くなるのでしょうね。



構想はあるものの、実現や事業着手に至ってない鉄道路線って、いろいろありますね。有楽町線の住吉延伸や東京都心西側のエイトライナーなどなど。

そんな路線のひとつ、大阪都心の「なにわ筋線」。
関空アクセスで期待されるものの、費用、運営主体など課題があって実現せず。その路線に、「まさか!」の動きがありました。
ということで、「沖縄からなにわ筋線を考えてみる」のこころだーっ(©小沢昭一的こころ)

各種報道をまとめると
○ルートは大阪駅北側の新駅(仮称・北梅田)から南海とJRの難波。
○路線免許は南海、運行は南海とJR西日本。
○(日経では)建設は第3セクターが担う上下分離で。
○2030年開通目標
○これに合わせて阪急が北梅田から十三まで路線建設。
○阪急は十三から新大阪への延長も検討。
○(読売新聞では)阪急の新線からなにわ筋線に直通。
○(産経新聞では)阪急の新線からなにわ筋線に直通のほか、北梅田乗り換えも検討。

これまでは直通事業者であったJR西日本と南海が話の中心でしたが、阪急が本格的に乗り出してきましたよ。
運輸政策審議会の答申10号で阪急となにわ筋線を連絡する路線案はありましたが、のちに地下鉄四つ橋線と直通する西梅田-十三の構想も浮上しました。ですが、今回の結果、なにわ筋線接続に振り替えるのでしょう。西梅田から北にそのまま伸ばすと阪神の梅田駅に当たるので、西梅田駅の大規模な作り直しが必要になりますし。

鉄道に詳しい人なら「阪急は線路の幅がJRや南海とちゃうで、どないすんねん?」という疑問が出てきますが、
「JRや南海と同じ線路幅にして直通」
という話があり、さらに「まさか!」です。しかも北梅田から十三のひと駅間。
ただ、関西では大手私鉄が自社規格と違う路線に合わせて直通路線を作った、近鉄けいはんな線という例がありますからね。北大阪急行も近い感じ。
産経では北梅田乗り換えの可能性も示唆されてますが、わずかひと駅だけ独自規格路線というのは効率悪いよね。十三-北梅田を既存の阪急規格で作る場合は、十三駅をいじって既存の阪急電車を北梅田に通すのでしょうか。ただし十三は京都・宝塚・神戸の3線が束になるポイントなので、3線どれからも北梅田に直通となれば、連続立体交差工事中の淡路周辺に匹敵する大工事になりそう。国や自治体から補助金を得るとしても、阪急側にそこまでやれる資金力があるかです。
ということは、北梅田-十三間はJR・南海と同じ規格の路線になる可能性が高いと読めそうですね。
(もちろん今後「まさか」がないとは言えない。今回の阪急参戦も「まさか」ですから)

え、フリーゲージトレイン?三線軌?
それは無理やろ。

[阪急も乗り出した「なにわ筋線」]の続きを読む
唐突ですが、
tora45000spoke_before.jpg
貨車の模型を出してみる。KATO製のトラ45000(連結器はSHINKYOに交換済)。

何をするのか。
spoke_katorh.jpg
2016年の東京遠征の時、落合のKATO総本山(ホビーセンター)で買ったスポーク車輪に交換。

交換してみた。
tora45000spoke_after1.jpg
わかりにくいなぁ。

でも視点を変えると
tora45000spoke_after2.jpg
抜けてますねえ(わかりやすくするために画像の露出や明るさを処理してます)。

○豆ポイント
車輪を交換する時は、側面の板をはずすのがおすすめ。
側面板から下に出てる棒が邪魔で、へたしたら折りかねないから。