あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
仮称「那覇市前島3丁目計画」として進められていたホテル。
名前と開業日が決まりました。
aquacittanaha201709-01.jpg
名前は「ホテルアクアチッタナハbyWBF」
10月21日オープンです。

(すべて2017.9.19撮影)
aquacittanaha201709-02.jpg
建物西側の看板大写し。

aquacittanaha201709-03.jpg
このファザード、一瞬デパートやオフィスビルのように見えたw

aquacittanaha201709-04.jpg
アクアチッタの売りは、屋上のシースループール。
さすがに下からは見えないけどね。

[【沖縄再開発】那覇市前島のホテルの名前は「アクアチッタナハbyWBF」(2017.9)]の続きを読む
さてさて、那覇バスターミナルの再開発を見てみましょう。
nahabt201709-01.jpg
(すべて2017.9.19撮影)

nahabt201709-02.jpg
旭橋駅とリーガロイヤルの間のデッキから。

nahabt201709-03.jpg
国道に面した大きな軒を支える柱は、これからの模様。

nahabt201709-04.jpg 
画像処理で、建物内の地下駐車場出入口を見えるようにしてみたけど、うっすらですね。

[【沖縄再開発】那覇バスターミナル(2017.9)]の続きを読む
台風18号が来ました。暴風域に入った宮古島と久米島の被害の全貌がまだ見えてこないのが気になるところ。本島も結構風が強かったです。

…ということは、ビルの工事現場の防護ネットが外されますね。
沖縄再開発シリーズとしてはチャンス。
ryushin-izumizaki201709-01.jpg
なので、風が強い中、13日に琉球新報の新本社ビル現場を確認。

ryushin-izumizaki201709-02.jpg
ネットは外されてますが、足場の組み方のせいか内部はあまり見えないなぁ。
上から見るポイント(パレットくもじの外階段)は強風で閉鎖されてたので、そこからも様子はわからず。でも建物のアウトラインは見えてるかも。
あと、このポイントは今後縦アングルにしないと収まらない可能性。

ryushin-izumizaki201709-03.jpg
建物全体を収めるには、この位の位置からかな?
(横断歩道の信号が青い時に撮影)


ryushin-izumizaki201708-01.jpg
夏の木漏れ日。

…って、アートなネタではありません。
琉球新報の新本社ビルの工場状況です。(特記以外は2017.8.8撮影)
足場と防護ネットが、後方の建物に近い高さにまで到達してます。

ryushin-izumizaki201708-02.jpg
ここまで高くなると、完成時は引きアングルにしないと全部は収まらないな。

ryushin-izumizaki201708-03.jpg
ラウンド部分のイメージは少しはできるかな?

ryushin-izumizaki201708-04.jpg
上から内部の様子を見るのも難しくなってきたか。

4枚目のアングルは、7月末に撮ったものもあるので比較。
ryushin-izumizaki201707-51.jpg
内部で斜めに走る鉄骨。ホール…ですかねぇ。


那覇バスターミナル再開発の工事状況。2017年7月末時点ね。

nahabt201707-01.jpg
パレットくもじ付近からも見えます。

nahabt201707-02.jpg
北側では敷地ぎりぎりまで鉄骨組み上げ中。

nahabt201707-03.jpg
東側は大きな変化は見られず。

nahabt201707-04.jpg 
敷地西側(ろうきん向かい)。

nahabt201707-05.jpg
旭橋駅直結の歩道橋から。

nahabt201707-06.jpg
高層棟の階段が見えます。

nahabt201707-07.jpg
パレットくもじ中央部の外階段から。リーガロイヤルが隠れてます。
バスターミナルを含む旭橋再開発計画。ここまできましたか。


流行語大賞の最初のノミネートにも入りそうな、2017年の盛り上がりワードのひとつとなるであろう「盛り土」。豊洲市場関連で飽きる程聞きましたね。

さて、東京都江東区豊洲から遠く離れた、沖縄県那覇市久茂地。
kumibashi201707-01.jpg
市内中心部を流れる久茂地川に架かる橋のひとつ、久美橋。1950年代築の先代が老朽化ということで、架け替え工事中。

ですが、この橋、
kumibashi201707-02.jpg
橋の西側(国道58号、RBC、タイムス側)。
コンクリートの物体が橋の本体です。何かがおかしい。

kumibashi201707-03.jpg
橋の路面が陸側の路面よりも高いのです。どうしてこうなった?
最近ローカルニュースでも取り上げられ話題のこの橋。各種報道をまとめると…
○川の水面との距離の基準に合わせたら、この高さになった。
○先代の橋の根元の橋台を再利用しようとしたら、橋台がない。
○先代の橋の資料が残ってない。
などの事情があってこうなったとのこと。しかも工期は遅れてる。

どうすんのこれ?

[「盛り土」が必須になってしまった那覇某所の橋]の続きを読む
那覇空港の国内線と国際線のターミナルビルをつなぐ「際内連絡施設」
前回の工事状況確認は5月だったので、7月分のチェックです。

okaconnectbuild201707-01.jpg
結構しっかりできてますね。2階(3階床)まで骨格ができてます。

okaconnectbuild201707-02.jpg
骨格ができてる部分、国際線ビルと比べると道路よりセットバックしてます。
一方、道路に面したところでも何か作ってます。
建物内の吹き抜けか、バス・タクシー乗り場か、それとも?

okaconnectbuild201707-03.jpg
国内線ビル側。ビルの接続部分の工事はいつになるのか。

[【沖縄再開発】那覇空港・際内連絡施設(2017.7)]の続きを読む
那覇空港の第2滑走路建設工事。
今回は空港の国内線ターミナルビルから確認です。

oka2ndrw201707-01.jpg
滑走路の北端側、誘導灯の取付足場みたいなものが見えます。

oka2ndrw201707-02.jpg
南端もちらっと。
…というか、海上自衛隊の駐機場にP-1がいるんですけど。
那覇の第5航空群に配備という情報は確認できてないので、厚木からのお出ましでしょうね。


建設の過程は見てなかったんですが、これも再開発物件ですね。
那覇市銘苅の旧郵便貯金住宅等事業協会(郵事協)古島団地の跡地再開発。できたのは商業施設「アクロスプラザ古島駅前」。
acrossfurujima201707-01.jpg
7月15日グランドオープン。(写真は2017.7.17)
旧団地を2005年に不動産会社のバークレイが取得。再開発前の立ち退きをめぐって複数の裁判沙汰になる程もめましたが2014年に和解。以後旧建物の解体、開発が進められてました。開発担当は大和ハウス工業。


acrossfurujima201707-02.jpg
場所はゆいレール古島駅の近く。駅前の名に偽りなし。
興南高校の向かいでもあり、歩道橋で楽々アクセス。2枚目の写真は興南高校の前から。

acrossfurujima201707-03.jpg
バス停も近いです。この写真に写ってる擁壁の上の建物も、アクロスプラザの一部。
 
acrossfurujima201707-04.jpg
本館を国道330号に面して南側から。
建物は本館と飲食館の2棟、いずれも2階建て…ですが、本館にも飲食店があるw
本館にはキーテナントの“スーパーの方”のリウボウが入ってます。が、平仮名「りうぼう」表記の一般的なスーパーではなく、ちょっとハイエンドな業態「リウボウフードマーケット」の形です。
2階にはしまむらや、沖縄の人気つけ麺店「三竹寿」も本店がここに移転。

[【沖縄再開発】アクロスプラザ古島駅前]の続きを読む
鉄骨組みが始まり、姿がぼんやり見えてきた琉球新報の新本社ビル。
ryushin-izumizaki201707-01.jpg
背後の部分から、3・4階あたりを組んでる模様。

ryushin-izumizaki201707-02.jpg 
中央部から衝立の上を見ると、2階床でしょうか、プレートが見えます。

[【沖縄再開発】琉球新報新本社ビル(2017.7)]の続きを読む
那覇市の沖映通りで建設中だった「JR九州ホテルブラッサム那覇」
jrkhotelokiei201707-01.jpg
6月24日に開業しました。

jrkhotelokiei201707-02.jpg
確認は7月4日でしたけどね。

[【沖縄再開発】開業です・JR九州ホテルブラッサム那覇]の続きを読む
maejima3hotel201707-01.jpg
那覇市前島で建設が進むホテル。計画名「那覇市前島3丁目計画」。

今回のチェックは、裏手に注目。(写真はすべて2017.7.3撮影)
maejima3hotel201707-02.jpg
防護ネットに被われてない骨組があります。

maejima3hotel201707-03.jpg
怪しいお店(裏風俗?)のキャッチに遭遇しないよう警戒しつつ、現場から距離をおいて撮影。

maejima3hotel201707-04.jpg
これは…立体駐車場ですかね?
最近のシティホテルの定番アイテム。

maejima3hotel201707-06.jpg
国道に出て南西側。

maejima3hotel201707-05.jpg
一部壁面が見えてますが、これだけでは何とも…。


ホテルの需要が増している沖縄。新たな計画が出てきました。
2017年7月1日の沖縄タイムスによると、地元のホテル大手・かりゆしが2019~20年にかけてホテルを3軒、宜野座村、那覇市、名護市に新規に開業させるとのことです。

【宜野座村】かりゆしタラソ・リゾート・ギノザ(仮称)
部屋数200室。既存の温浴施設「かりゆしカンナタラソラグーナ」に隣接。

【那覇市】エグゼス・ナハ
部屋数67。2015年に閉館した自社ホテル「かりゆし琉球ホテル・ナハ」跡地。1部屋50㎡の、都市型富裕層向け高級ホテル。

【名護市】LCHリゾート・オン・ザ・ビーチ
部屋数117。かりゆしの展開する低価格版ホテル「LCH」4軒目にして初のリゾートタイプ。

こらまた豪勢ですね。そして再開発案件発生です。
「かりゆし琉球ホテル・ナハ」の跡地利用が決まりました。
跡地の現在はこちら。
kariyushinaha201707-01.jpg
(すべて2017.7.3撮影)
解体されて以降、何も動きがありませんでした。

kariyushinaha201707-02.jpg
かつての裏側。衝立で囲まれてます。

kariyushinaha201707-03.jpg 
ちょっと角度を変えると…あれ?
左隅にダイワロイネットの看板…隣が同業他者。

とはいえ、泉崎はかりゆしの拠点でもあるようで。
kariyushilchizumizaki.jpg
かりゆし琉球跡地の隣、下がローソンの建物は、かりゆしの低価格版ホテルブランド「LCH」1号「かりゆしLCH泉崎県庁前」。

そのさらに裏には
kariyushilchpremium.jpg
オフィス機能を移転させてまで、本社ビルをホテルに改装した「かりゆしLCHプレミアム」。
かりゆしの“シマ”感が漂います。ここに低価格帯の「LCH」とハイエンドの「エグゼス」両方を揃えてニーズに応えるということでしょうか。


那覇バスターミナルの工事、どこまで進んでいるか。

nahabt201706-01.jpg
(すべて2017.6.28撮影)
沖縄バスの本社付近から。鉄骨組の上に細い骨組。

nahabt201706-02.jpg
敷地北端から全景を1枚に収めるのが困難な程に高くなりました。
と言っても、ここは那覇空港周辺の高さ制限の範囲内なので、高層建築に制約があるんですけどね。

nahabt201706-03.jpg 
低層部の北側も、鉄骨組みが着々と。

[【沖縄再開発】那覇バスターミナル(2017.6)]の続きを読む
2017年6月のゆいレール延伸区間工事チェック。ラストは経塚駅。

yui-kyoduka201706-01.jpg
前田トンネル側。線路は設置されてません。

yui-kyoduka201706-03.jpg 
駅本体の橋脚。結構高いですよ。

yui-kyoduka201706-02.jpg
駅部分の橋脚をつなぐ梁は、まだありません。

yui-kyoduka201706-04.jpg
駅からトンネルを向く。

yui-kyoduka201706-05.jpg
石嶺へ曲がるポイント。


ゆいレールの延伸工事。てだこ浦西駅トンネル浦添前田駅と見てきました。
次は経塚と浦添前田の間。ただし見ていくルートは浦添前田からです。

yui-kyoduka-maeda201706-01.jpg
浦添前田駅の西側…といいますか、南側の橋脚。
ここ、かなりの急曲線。ヘアピンカーブです。

yui-kyoduka-maeda201706-02.jpg
駅と絡めると、こんな感じ。

yui-kyoduka-maeda201706-03.jpg
急曲線の先、経塚駅への道路上に出ます。

yui-kyoduka-maeda201706-04.jpg
急曲線の下にあたる位置。

yui-kyoduka-maeda201706-05.jpg
この写真の右の防護ネットは橋脚です。奥に浦添前田駅のフレームが見えるので、いかに急かわかるかな?

[【沖縄再開発】ゆいレール・経塚-浦添前田(2017.6)]の続きを読む
ゆいレール延伸区間(北側)の重点チェック。
yui-tunnel201706-12.jpg
トンネルの西側を出たら

yui-maeda-tunnel201706-01.jpg
再び橋脚工事。

yui-maeda-tunnel201706-02.jpg
浦添前田駅が見えてきました。

[【沖縄再開発】ゆいレール・浦添前田駅(2017.6)]の続きを読む
ゆいレール延伸工事の現場。終点のてだこ浦西駅の次は、浦添前田駅とてだこ浦西駅の間のトンネルです。
yui-tunnel201706-01.jpg
(すべて2017.6.21撮影)
トンネルの近く。この道を上がって…

yui-tunnel201706-02.jpg
てだこ浦西を見下ろす位置ですが、県道の工事も同時にやっており、防護ネットで囲まれています。

前の写真から振り向くと
yui-tunnel201706-03.jpg
こんな感じ。

yui-tunnel201706-04.jpg
ゆいレール工事に合わせて拡幅する県道38号。撮影地点は完成時に西原方面行の車道になるであろう箇所。


yui-tunnel201706-05.jpg
前の写真の道向かい付近。工事で付け替えた車線が残ってます。撮影地点は車道として使われてないところですが、安全は留意してます。

yui-tunnel201706-06.jpg
消防本部側・西原方面車線。トンネルの前田側出入口。

[【沖縄再開発】ゆいレール・浦添前田-てだこ浦西のトンネル(2017.6)]の続きを読む
kendo38uranishi201706-03.jpg
県道38号の工事を見たならば、ゆいレールの「てだこ浦西駅」の状況も見ておきたいところですが…。

yui-tedakouranishi201706-01.jpg
以前は間近で見ることのできた橋脚付近が進入禁止になってます。

yui-tedakouranishi201706-02.jpg
「進入禁止」ポイントから。左にかすかに既存の橋脚。駅本体部分は見えず。

yui-tedakouranishi201706-03.jpg
トンネルの坑口は確認できず。
また、県道241号も工事のため歩道の一部が通行上めになってるので、駅の工事の進捗を見るのが難しくなってます。

[【沖縄再開発】ゆいレール・てだこ浦西駅(2017.6)]の続きを読む
久々の見物です。
kendo38uranishi201706-01.jpg
ゆいレール(沖縄都市モノレール)てだこ浦西駅付近…ですが、その前に。
駅付近でほぼ同時進行の、県道38号浦添西原線改良が結構形になってるので、こちらを確認。2016年1月以来ですね。

kendo38uranishi201706-02.jpg
沖縄自動車道をまたぐ高架橋の、西原側基部。

kendo38uranishi201706-03.jpg
沖縄自動車道をまたぐ部分の高架橋は設置済。左側は県道241号をまたぐ部分と接続する部分に分かれます。

kendo38uranishi201706-04.jpg 
県道241号をまたぐ高架橋の、浦添側基部。

[【沖縄再開発】沖縄県道38号浦添西原線・てだこ浦西駅付近(2017.6)]の続きを読む