あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2010年以来、7年ぶりのホワイトビーチフェスティバル。
wbfes2017.jpg
艦船展示は、自衛隊から護衛艦「せんだい」、米軍から掃海艦「チーフ」でしたが、その前に車両でぐっとくる展示がありました。

wbfes2017_lav-r2_01.jpg
LAV-R2。
アメリカ海兵隊で使ってる装甲車・LAV-25の装甲回収車仕様。

wbfes2017_lav-r2_02.jpg
回収車というのは、故障や戦闘で損傷した車両、鹵獲した敵車両を後方に移動させる車。
特にこの車は装甲車がベースの「装甲回収車」なので、前線付近での使用でも一定の防御力を持ってるのが特徴

wbfes2017_lav-r2_03.jpg
回収車ですから、何といってもクレーン。

wbfes2017_lav-r2_04.jpg
説明板。英語オンリーw


北朝鮮の不穏な動きに対応して朝鮮半島に向かっているといわれていた、アメリカの空母「カール・ヴィンソン」の艦隊。

しかし…

「みなさぁーーん、ぼかぁ今ぁ、インド洋にいまぁす」
(水曜どうでしょう的表現)

敵をだますには味方からなのかは知らんが、北朝鮮は節目で核実験はせず、ミサイルの発射失敗も「わざとでは」と言われる程。
いやー、戦わずして存在感を示すとは、お見事。
兵器の技術や戦略・戦術に変化があっても、空母の価値は大きいという証明ですな。


「シリアで政府軍が化学兵器を使用」の一報から、早い段階での攻撃に踏み切ったアメリカ。
(本当に化学兵器を使ったのかという点は今回は脇に置く)

今回のアメリカの行動を受けて、東アジアで緊張度が上がってます。もちろんホットスポットは北朝鮮。トランプ政権になっても弾道ミサイルのテストはするし、核実験の可能性も指摘されています。
そこに、シリアに対してアメリカがあの行動ですから、「北朝鮮が核実験を強行したら、アメリカが武力行使するのか?」というわけです。

アメリカは韓国との合同演習を終えて移動中だった空母「カール・ヴィンソン」を朝鮮半島方面に向かわせており、特殊部隊の支援用とされる船が那覇に来ていたりと、「やるのか?」と感じさせる動きがあります。
また、韓国の大統領選挙で有力視されてる、宥和的な人が当選・就任したら武力行使は難しくなるのではないかという見方もあります。

ですが、本当に今の段階で攻撃するのかな、という感じもします。
国内では「アメリカの空母強い」みたいな報道がなされてますが、米軍が空母1隻と現在日本・韓国にいる戦力だけで事を起こすのかな、と。横須賀にいる空母「ロナルド・レーガン」もメンテナンス中で今は動かない状態(だからこそヴィンソンを呼び戻したのかと)。
「やったらどうなるか、わかってるよね?」と見せつけてる段階なのでしょうか。
戦争を起こさず、力を見せることで相手の意志や行動を断念させるのも、外交の手段のひとつです。

それと、シリアと違って、北朝鮮にはアメリカに反撃する手段がある点にも注意。そう、弾道ミサイルです。
アメリカ本土やハワイに届くミサイルは「開発しているのでは?」というところですが、日本や韓国にいる米軍基地を狙えるミサイルは持ってます。グアムに届く可能性もあります。
弾道ミサイルの迎撃手段はあります。ただし、その隙間を突く可能性もないとはいえませんし、韓国に至っては最近ようやく米軍のTHAADが来たばかり。

戦争に至らずに危機的状況を回避・緩和できるのが1番、そうなってほしいところです。


事故率が突出というけど、クラスAの基準に照らすと、「死者は出てないし機体も全損ではないけど、損害額や修理費用が嵩んだ」という事例もあるのではないか、とね。
国内でなくてもオスプレイで何かあったら針小棒大に騒ぐ沖縄のマスメディア、けが人や死者が出ると大きく報じるのですが、そうでないとスルーしてしまうのかな?
それに、ハリアーと比べればまだ低い方。

そして、案の定

沖縄のマスメディアで、自身の言葉でオスプレイを欠陥機と言うのは琉球新報だけになって久しいけど、ここまで古い、間違った認識のまま煽り続けることができるなんてね。「ニュース女子」にどうこう言う資格ないな、新報は。


アメリカと韓国の軍事演習へのサインか?と最初はみられていた、3月6日の北朝鮮の弾道ミサイル発射。しかし、北朝鮮の報道で一変しました。

北「在日米軍攻撃部隊が参加した」

これまで韓国やアメリカを脅すことが多かったのが、今回は日本も標的にしてます。
撃ったミサイルは4発で、飛翔距離は約1,000km。そのうち3発は秋田沖のEEZ内に着弾。
今回はスカッドの射程延長型「スカッドER」では?と韓国軍が分析してます。今回の飛翔距離で在日米軍を攻撃するなら、三沢や沖縄には届かず横須賀はぎりぎりですが、岩国や佐世保は狙えます。ただしこれがノドンなら沖縄以外ほぼ射程圏内となり、テポドンやムスダンなら沖縄も攻撃できます。

日本を飛び越えたり同時複数発射の事例は過去にもあります。しかし、今回は比較的統制された動きで全弾飛んでるので、北朝鮮がかなり能力をつけているのがわかります。
弾道ミサイルに関して、以前から国連の経済制裁がなされてるのですが、着々とミサイル戦力を強化している北朝鮮。外交交渉もらちがあかない。ここまで来ると民生部門も制裁対象に含めて容赦なく締め上げるか、軍事オプションも検討が必要でしょうか。
ただ、軍事オプションは中国が嫌がるな。攻撃の末に北朝鮮が崩壊し、韓国主導で朝鮮半島が統一されると、米軍のいる国と国境を接することになるから。

さて、日本はミサイル防衛のさらなる強化、例えばTHAADや“陸のイージス艦”イージス・アショアの導入も検討されるのでしょうが、複数発射時の指揮管制能力や情報収集の強化も必要でしょう。そして、「元から断つ」攻撃能力も考えてはどうかな、と。
現在は攻撃役は日米同盟で米軍の役割となってますが、もしもの事態もあるはずですし。

ですが、 1番いいのは戦争にならずに問題解決。様々なアプローチを。


防衛装備庁のサイトに、2017年2月15日付で公開された

その2日後の2月17日、ロイターで

これが巷で「DEX」「30DEX」「30DX」とも言われる新型護衛艦なのでしょう。
現行の防衛大綱・中期防衛力整備計画(中期防)での護衛艦の新造は
あさひ型×1(平成26年度計画)
27DDH(イージス艦)×2(平成27・28年度計画)
新型×2
となっています。ロイターの報道通り「4年で8隻」なら、今の中期防で建造する計画の2隻よりも先に踏み込むことになりますが、複数年度の一括発注・契約も可能なので、融通は効かせるかと思われます。

また、公募の結果が決まっても、1社で独占建造とはならず複数社でやるようです。競争は必要ですが、建造できる場が潰れるのはね。
国内で近年護衛艦の建造実績がある造船所は長崎の三菱、横浜のJMU、玉野の三井(あきづき型で久しぶりの建造)だけですから。このうち1つでも撤退して、これはまずいと慌てて常石や新来島、サノヤス、名村あたりに1から護衛艦建造のノウハウを覚えてもらうのも大変です(先を見据えて得てもらうのはあり)。

[いよいよ「新小型護衛艦」始動か]の続きを読む
尖閣専従部隊が編成され、海上保安庁の中でも大規模な組織となった第11管区本部。
尖閣専従以外でも、2016年秋以降に巡視船の入れ換えがありました。

中城保安部の「くにがみ(PL-09)」が第7管区門司保安部に移籍、「くにさき」に改名。
那覇保安部の「もとぶ(PL-10)」が第3管区横浜保安部に移籍、「ぶこう」に改名。
石垣保安部の「よなくに(PL-63)」が中城保安部に移籍、「くにがみ」に改名。
新造船「もとぶ(PL-13)」那覇保安部に配備。
新造船「よなくに(PL-14)」石垣保安部に配備。
新造船「しもじ(PS-31)」宮古島保安部に配備。

このうち、新しい方の「もとぶ」、ようやくキャッチしました。
pl13motobu-20170224-01.jpg
那覇軍港の「いつものバース」にて。

この「もとぶ」、前の船と違いがあります。
pl10motobu-20160421.jpg 
先代のもとぶ(写真左側)を比較に出してみる。

見た目の違いはこれ。
pl13motobu-20170224-02.jpg
武器が変わってます。30mm機関砲。先代は20mm6銃身バルカン。
くにがみ型巡視船のうち、最初の2隻と尖閣専従部隊分10隻はバルカンでしたが、その後は30mmに変更されてます。
先代もそんなに古くはないのに、なぜ30mmつきに交代したのでしょうか。やはり沖縄がいろいろホットな最前線なのでしょうか。

巡視船もとぶとしては5代目かな。
初代:しれとこ型のPL-105
2代目:おじか型(えりも型)のPL-08
3代目:はてるま型のPL-64
4代目:くにがみ型のPL-10
なお、海上自衛隊でもかつて輸送艦「もとぶ」がいましたが、現在は海自と海保で艦船名の被りを避ける傾向にあるので、自衛隊で使われる可能性は低いかと。


[5代目「もとぶ」]の続きを読む
2017年・平成29年の年明け早々、防衛装備庁から“プレゼント”な情報リリースが。


96式装輪装甲車の後継として、各種脅威に対応するために開発が進められていた、装輪装甲車(改)。その試作車両が公式サイトで公開されました。

公表されたスペックは
全長:8.4m
幅:2.5m
車体高:2.9m
乗車人員:11人
重量:20t

サイト上の映像を見ると
○人員輸送
○通信(82式指揮通信車の後継想定?)
○施設科(地雷敷設車両を牽引)
の3形態のユニットを想定してる模様です。

まず見た目の印象ですが、「ごつい」。
キャタピラ(無限軌道)を使う装軌式の装甲車よりは手頃といわれていた装輪式も、近年は防御などの理由で重厚になってますからね。
2014年のユーロサトリで公開された、三菱重工業が自主開発してる装甲車、別名MAVと比較すると、幅が道交法を考慮した2.5mな分スリムに見える位か。(MAVは幅が広い16式機動戦闘車がベース)

V字形の底面など防御を考えてるのはいいけど、それなら中の座席も爆発時の衝撃を緩和できるタイプにできないか?…と思ってる人、結構いそう。

これからどのように仕上がってくるか注目の一品です。


沖縄にある米軍施設のひとつ、北部訓練場の大半が返還されました。
これで、国内の米軍「専用」施設のうち74%が沖縄に集中している状態が、70%まで下がります。
(「専用」とかっこしてるのは、国内の米軍施設には自衛隊と共用してるものもあるから区別する意味で)

74%から70%を「まだ70%か」と取るか、「4%動いた」と取るか。

解釈は複数あるでしょう。
普天間やキンザー、フォスターみたく人口密集地の施設ではないから、大多数の県民には実感しにくいかもしれない。でも、負担軽減のステップであることは間違いないよね。


2016年12月26日。いよいよ辺野古で重大局面…なところですが、この日の沖縄タイムスの1面、辺野古の件がトップに来るのは想像できましたが、その隣に

「中国空母 太平洋に進出」
「本島-宮古島間通過」「領海侵犯なし」

わーお、これが1面か。

沖縄本島と宮古島の間、別名「宮古海峡」を25日、空母「遼寧」を含む中国の艦隊が太平洋に向けて通過。この時護衛役のフリゲートから発艦した哨戒ヘリが宮古島周辺の領空10kmまで接近、那覇から戦闘機が緊急発進(スクランブル)。
艦隊の領海侵入、ヘリの領空侵犯はなかった模様。

これをもって「中国が沖縄を攻撃する!」と煽る気はないが、かと言って基地反対派が言うような「基地があると狙われる」とかの論にも与しない。
「意志ではなく能力に備えよ」という言葉があります。この現実を、どう見るか。


開催から2週間過ぎましたが…
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days
今回は撮影できた中でも特にいけてるF-15の蔵出しですー。

2日目の飛行展示
nahaab20161211-f15j528954-01.jpg
第304飛行隊の#954(52-8954)が動いた直後。

nahaab20161211-f15j528954-02.jpg
ぐいっと向きを変えたところ。

nahaab20161211-f15j528954-03.jpg
フレームからはみ出す迫力の1枚。

続いて飛行展示に向かうのは
nahaab20161211-f15j928913-01.jpg
第204飛行隊の#913(92-8913)。

nahaab20161211-f15j928913-02.jpg
ぐいっ

nahaab20161211-f15j928913-03.jpg
正面寄り。

[【那覇美ら島エア2Days】蔵出しF-15ナイスショット]の続きを読む
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

nahaab20161210-andagie.jpg
サーターアンダギーのクリームチーズとブルーベリーソースがけ・夕暮れの戦闘機を添えて


突然何のことやらな1枚から始まりましたが、10日(土曜日)は開場時間が長かったのです。
従来は15~16時で終了ですが、今回は初日に
nahaab20161210-pm.jpg
プロジェクションマッピングのショーをやるため、18時30分までの開場。
なので、夕暮れ時のナイスショットを公開。

nahaab20161210-kc767-11.jpg
KC-767のバックショット。

nahaab20161210-c130-11.jpg
新格納庫前のC-130。照明に照らされた機体と、空の対比。

nahaab20161210-p3c-11.jpg
P-3C。自衛隊イベントでこんな光景は新鮮ですなぁ、
普天間や嘉手納の米軍は夜遅くまでやるんだけど。

nahaab20161210-jcgfalcon900-11.jpg
かなーり暗くなってから、海上保安庁のファルコン900。
これで花火も上がってたら普天間フライトラインフェアだなw


航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

那覇の戦闘機部隊が増えたのですが、近代化改修機がどの程度増えてるのか。
第204飛行隊は改修済が多いのを確認してますが、築城から移動した第304飛行隊はどうなってるのかな…ということで、展示機をひと通りチェック。
識別点は、操縦席右側後方下。黒丸形状の機器冷却空気穴がないのが改修済。

nahaab20161210-f15j-42-8949.jpg
武器展示役の42-8949(304飛行隊)。

nahaab20161211-f15dj82-8093_01.jpg
操縦席体験役の複座型DJの82-8093(204飛行隊)。

nahaab20161211-f15dj82-8093_02.jpg
82-8093の操縦席後方右側アップ。

nahaab20161211-f15dj02-8071_01.jpg
#093と一緒に操縦席体験役を務めた82-8071(304飛行隊)。

nahaab20161211-f15dj02-8071_02.jpg
82-8071の操縦席右側後方アップ。




nahaab20161211-f15dj92-8097.jpg 
ANAの737-800の脇を固めた、複座型DJの92-8097。

nahaab20161211-f15dj32-8082.jpg
737の脇にもうひとつ、こちらも複座の32-8082。

nahaab20161211-f15j913-954.jpg
日曜日の飛行展示担当。左は 92-8913(204飛行隊)、右は52-8954(304飛行隊)。

どれも改修機のようですね。


航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

那覇基地では、戦闘機部隊の追加配備に備えてエプロン(駐機場)の拡張などの工事をしました。
nahaab20161210-02.jpg
このあたりが拡張されたエプロン。海保のファルコン900や陸自のUH-60JA(日曜はLR-2)のいるあたりは、昔は建物がありました。

拡張していれば、建物も新設。
nahaab20161211-new01.jpg
この建物の北側壁面は、土曜の目玉・プロジェクションマッピングで使われました。

nahaab20161211-new02.jpg 
常駐する機体が増えれは、格納庫も必要ですね。

nahaab20161211-new03.jpg
格納庫の下の窓には、第304飛行隊の天狗のマーク。

航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

那覇はほかの空自基地と比較して、かなりのトラフィックを1本で遣り繰りする分、飛行展示に制約があります。この2日間も
10日:午後3時過ぎにブルーの予行、日没後F-15ナイトフライト
11日:午後2時に各機飛行、その後ブルー本番
というものでした。

しかし、2日間とも予定以外の時間帯に戦闘機が飛びました。
サプライズでもやったの?…いえいえ、ガチな話。
スクランブル(緊急発進)。

nahaab20161211-scramble52-8951.jpg
写真は11日のスクランブルから帰投した第204飛行隊のF-15J(機体番号52-8951)が飛行展示準備中のT-4の背後を通過。
主翼下のミサイルは、訓練弾ではありません。
大事なことなのでもう1度。訓練弾ではありません。

しかも、このうち10日は、本島と宮古島の間を中国の戦闘機や爆撃機など8機が通過、統合幕僚監部が報道発表をする程の大掛かり案件。

これまでも、那覇基地エアフェスの最中に飛行展示以外の“任務”なフライトはありましたが、それらはP-3CやYS-11EB、E-2Cなどの哨戒・監視・情報収集といったもの。戦闘機のホットスクランブルは那覇では聞いたことなかったね(ほかの基地だと祭りの最中スクランブルの事例はある)。

祭りの合間に見えた現実。
沖縄の一部を我が領土と言って憚らない国がいて、動いている現実。

航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days
開催日も面子も豪勢ですが、こちらもその一員。

nahaab20161210-jcgfalcon900-01.jpg
海上保安庁が来たぞー!
第11管区那覇航空基地所属のファルコン900。
フランス生まれの機体に所要の装備を追加。捜索や監視などが任務。

nahaab20161210-jcgfalcon900-02.jpg
機首横では、海保のゆるキャラのひとり「うーみん」が琉装w

nahaab20161210-jcgfalcon900-03.jpg
以前は第3管区の羽田所属でしたが、より高性能なガルフストリームの配備に伴い、那覇に異動。ジェットの脚の速さは、管轄海域の広い11管区では有用です。

nahaab20161210-jcgfalcon900-04.jpg
左側の機首横にも琉装うーみんw

nahaab20161210-jcgfalcon900-05.jpg
導入から20年が過ぎ、後継機が予算に計上されてます。
この状況でファルコン900が間近で見られるのは嬉しいね。数が限られてる中で展示に参加してくれた11管に感謝。

那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

今年は那覇エアフェス初登場機が複数ありまして。
そのひとつが…
nahaab20161210-kc767-01.jpg
空中給油機のKC-767。

空中給油機なら、見ておきたいのが
nahaab20161210-kc767-02.jpg
給油用のブーム。
使用時はこれが下がって、先端を戦闘機の受け口にはめます。
飛びながらの給油なので、双方のパイロットには技量が求められます。

nahaab20161210-kc767-03.jpg
夕方撮影ですが、シルエットがよくわかる絵を。

夕方たけではあれなので
nahaab20161211-kc767-04.jpg
11日にも明るい撮影条件で記録w

那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days
空自主催なんですが、陸さんが妙手に出たので記録を。

陸上自衛隊からの地上展示は
nahaab20161210-uh60ja-01.jpg
UH-60JA、別名ブラックホークでした。

nahaab20161210-uh60ja-02.jpg
MINIMI機関銃や「キャリバー50」M2重機関銃を載せた武装仕様。

ただし、これは土曜日の話。
日曜日は
nahaab20161211-lr2-01.jpg
LR-2になってました。
那覇駐屯地陸自祭では上空を飛ばしても展示できない機体ので、これはこれでOK。
では、ブラックホークは?

nahaab20161211-uh60jaflight.jpg
飛ひました。
飛行展示の一員として参加。

【おまけ】
nahaab20161210-miniskasanta.jpg
今年もいましたミニスカサンタw陸自を添えて

2Days開催でテンションが妙になる、航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」

ブルーインパルスは10日が「予行」、11日に「本番」として飛ぶ日程となってます。
10日は予行なのである程度簡略化するかと思いきや…
nahaab20161210-blue01.jpg
ちゃんとウォークダウンで始まる本番クオリティ。

nahaab20161210-blue07.jpg
到着直前の整備員(ドルフィンキーパー)登場も本番様式。

[【那覇美ら島エア2Days】予行も本番クオリティ、ブルーも2Days]の続きを読む
航空自衛隊那覇基地の、12月恒例の一般公開イベント「エアーフェスタ」。
nahaab20161210-01.jpg
2016年は「美ら島エアーフェスタ」と一新。
しかも…2日間開催!

那覇以外でも2Daysなんて聞いたことないぞ。まさか第9航空団新編で戦闘機部隊が2つになったから2Days?(違
 nahaab20161210-03.jpg
第9航空団となって以降の話題のひとつ、尾翼の部隊マークのロービジ化(モノトーン仕上げ)、304の方も確認。

戦闘機部隊の増加に合わせて拡張された駐機場。
nahaab20161210-02.jpg 
拡張敷地を活用した…といいますか、その分地上展示エリアが従来より南寄りですね。これまでは海自の格納庫前も使ってたから。

[戦闘機部隊が2つになったから、エアフェスも2Days?]の続きを読む