あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2月28日に那覇に寄港したインド海軍の駆逐艦「ランジット」(ランジート)。29日の朝出港予定だったから、もう出たかな?

さて、那覇港に“軍艦”が寄港すると毎回平和団体や労組が「民間港を使うな!」と抗議のデモをしてます。だが、これまでは自衛隊や米軍がターゲット。日米以外の艦船が来たらどうなるかを見たかったものです。
それが、第1報の時点ではなんと「寄港時に一斉年休申請」。
端から見たらサボタージュも同然なこの動きに半ば呆然でしたが、結局デモ実施になったとのタレコミを前日に頂きました。
なので生暖かくヲチしました。


8時20分頃、駆逐艦が接岸するコンテナターミナルのメインゲート前で待機するデモ隊。
やっぱりいました全港湾。旗に幟に鉢巻きと、すぐ識別可能。

2010228demo002.jpg
駆逐艦が接岸しようとした頃、かすかに声が聞こえました。
接岸したバースはデモ隊のいたメインゲートよりずっと南側にあります。

[インドの軍艦、那覇に(3)デモあった]の続きを読む
北海道発の人気番組「水曜どうでしょう」の名前は、「水曜ロードショー」をもじってるとかそうじゃないとか。

かつては民放のTV各系列で映画枠があったのですが…
- - - -
水:TBS
木:テレ東
金:日テレ
土:CX
日:テレ朝
- - - -
TBSとテレ東からはレギュラーでは姿を消しました。

ところが、かつて水曜ロードショーをやってたTBSが水曜21時台に映画枠を復活させるとか。
何をやってもうまくいかない水曜のゴールデン・プライムタイム、ついにここまで来たか、とも思っちゃうわな。「コンテンツ制作能力落ちたか?」とか。

でも、キー局は何気に映画も作ってるから、そのあたりを活用とかドラマとリンクさせる手法もあるだろうし。
幸いTBSには近年当たり映画あるからな。
世界の中心で愛を叫ぶ
木更津キャッツアイ
ROOKIES
おくりびと
鋼の錬金術師
けいおん!

…あ、成功ばかりじゃなかった。実写版こちk(ry

インドからのお客様の話の合間に小休止、[沖縄再開発]
那覇市役所の新庁舎、じわじわ成長してます。


(2012.2.21撮影)
いつもは上から撮影ですが、今回は下からも。
高さは旧庁舎に並びつつあるのかな。

201202naha02.jpg
上からも。ここだと、完成予想図にもある庁舎の段々状にすぼまってくのが、防護ネットを通じてわかるかも。

インド海軍駆逐艦「ランジット」(「ランジート」とも表記)が那覇に寄港しました。が、来たのはほかにもいます。
海上自衛隊の護衛艦「じんつう」です。外国の軍艦が訪問する際は、受け入れ側の国が出迎え役の艦船をホストシップとして出すのが慣習です。


沖合いには同時に来たのですが、接岸はランジットのあとてした。

20120228jintsu002.jpg
接岸のために向きを変えてるところ。

[インドの軍艦、那覇に(2)ホストシップも]の続きを読む
インド海軍の駆逐艦「ランジット」(ランジートとも表記)が2月28日8時頃、那覇に寄港しました。
寄港時にtwitterで実況しましたが、改めてまとめです。


8時20分の時点で、防波堤の内側に来てます。

20120228insranjit002.jpg
左側面。一時期のソ連艦船らしいごつごつした姿がよくわかります。
この駆逐艦はソ連製。ウクライナ・ニコラーエフの61コミューン記念造船工場で建造されました。
ロシア国籍ではないものの、ソ連製の軍艦が沖縄に来るとはね。

20120228insranjit003.jpg
接岸作業中。しかし煙突からえらいぎょうさん煙が出てます。ガスタービン動力なのにw

2月27日16時過ぎ、浦添市内某所。
R58に出る道の渋滞が全然動かない。よく見たら列の先頭に警察の姿。
「事故かな」と1本別のすーじ小に逃げてみたら、すぐR58に出た。しかし事故どころか、南行車線はがらがら。
何かおかしいと待っていたら、白バイが登場
「総理の車列が通りますので、しばらくお待ちください」

なるほどな。
その後確認なのか別の白バイが「ご協力ありがとうございます」と声をかけ通過したあと、本隊登場。
先導白バイ。SPが乗ったとおぼしき覆面パト数台が、乗ってるであろう車を囲む。さらにマイクロバスが数台。
貴重なもの見させていただきました。

しかし野田首相の沖縄訪問、あとでニュースで見ると、「見たような光景」の繰り返しだな。
行く先々でデモに囲まれる。
辺野古を上空から視察したら、浜辺でもデモ。

就任から時期が経ってるんだから、もっと違うことしてもいいはずなのにね。

先週の横浜に続いて、キングスの相手は新顔です。

岩手ビッグブルズ

さあいよいよ、という時に発生した大震災を乗り越え、猪突猛進を始めたチームです。

bjリーグ2011-12
岩手vs琉球@岩手・一関
(25日)琉球 84-82 岩手
(26日)琉球 79-69 岩手

東地区最下位と舐めてたのか?とまでは言わないけど、内容はあまりよろしくないね。特に土曜日はミス続出で“暴れ牛が突進する”隙与えまくってるし。

ファイナルを意識する時期ということを考えると、内容も問われてくるからね、引き締めて。

日付が変わって本日、日本で11年ぶりのUFCです。
当方はライブorニアライブで見る術はないのですが、試合内容や盛り上がりなど興味があるところです。

さてMMA(総合格闘技)イベントとなると、日本ではやはりPRIDEのように派手な演出も注目されますが、UFCはそうじゃないとか。デイナ・ホワイトも本場のスタイルを持ち込むと言ってます。

それでいいと思いますよ。
UFCなんだから、UFCの流儀でやってもらわないと。いまいちならあとで改めてもいいんだし。

それに、楽しそうな場面もあるじゃん。
PPV開始後の「We are Live!」コールや、メインイベント前の「it's Time!」コールとか。

インド海軍の駆逐艦「ランジット」(「ランジート」と表記されることも)が28~29日に那覇に寄港するのを受けて、全港湾沖縄地方本部が那覇港の組合員約620人に一斉に年休を行使させようとしてる件。
サボタージュ的な感じがするけど、これだけの数が一斉に休むとなると、物流に影響を与える可能性が否定できないですね。

数多くの島で構成される沖縄にとって、那覇港は物流の要。県外や外国ともつながっており、旅客輸送こそほとんどを空路に持ってかれましたが、貨物は多いです。
そんな港がストップすると、ただでは済みません。
主要どころの琉球海運とマルエーフェリーのサイトをチェックしたら、駆逐艦寄港予定日の28~29日にも何かしらの入港、出港があります。このほかにも出入りがあることでしょう。

その時作業が停止したら。
沖縄に貨物が入荷できない。
沖縄から貨物を出荷できない。
宮古・八重山への流れが止まる。

イデオロギーか何か知らないけど、その一斉年休という行為で影響が出ることを考えられないのかな?

インドの軍艦が沖縄に登場のようです。
2月25日の沖縄タイムスによると、駆逐艦「ランジット」(「ランジート」と表記されることも)が28~29日に那覇に寄港するとのこと。
自衛隊からホストシップとして護衛艦「じんつう」がお出迎えに来ます。
20120225indok.jpg

インド海軍の艦船の来日は3年ぶりですが、那覇に来るのは初。
しかもこの駆逐艦、「旧ソ連製」。就役後改修も施されたとはいえ、あの厳ついソビエトスタイルな軍艦がかつての西側の、それも沖縄に来るとはね。

さて、それを伝える記事の後半に、気になる一節が。
- - - -
(全港湾)沖縄地方本部は同日、那覇地区の組合員620人が寄港時に一斉に年休を行使する方針を那覇港管理組合などに伝えた。
理由として「大砲などがついており、危険すぎて働けない」などを挙げており…
- - - -
あらあら。
先月の「いせ」や2011年6月の「ちょうかい」の時は「那覇港の軍事利用反対」とやってたのに、今回は反対声明を出すわけでなくサボタージュ。

化けの皮がはがれそうです。

「放射能怖い」と避難被災者の反発で中止に追い込まれたかに見えた、那覇での雪遊びイベント。

市長が再開へ舵を切りました。

よくぞやってくれました。

確かに中止となるまでの過程とかに「なぜ?」なとこはあります。が、この場合は過ぎたるを改めるに憚ることなかれ。素早い対応です。
雪を提供した青森や輸送した海上自衛隊も「問題なし」としてますからね。
那覇市内でも市ではなく児童館単位では対応が分かれてるようですが、市長の決断が影響を与えることになるのかな。

そして、意外なとこからも。
2月24日の沖縄タイムスの社説。

「雪イベント やろうよ、支えようよ」

よくぞ言ってくれた。

水曜どうでしょうの台詞で始まったけど、鉄道模型の話。

GMが今月発売した近鉄電車のキットの数々。以前リリースした製品のリニューアル…かと思いきや、マーキングとか一部がちょこちょこ変わり、5800系以外の系列が商品名に盛り込まれた程度。

あーもったいない。せっかく2610系であれだけ頑張ったのに、あわせて楽しめる車両だというのに。
もしかして先頭下部の3連ライトが細かくて点灯させるのが難しいから諦めて小手先いじって…と思ったら

特急用12200系でばっちり点灯きめとるやないけw
なんとかインチキできんのかw

例の雪イベントの情報を漁ってたら、合間に見つけちゃいました。

沖縄タイムスの新本社ビルの公式ページできとる!

それがここ。
なるほどなー。

東京で「女子高生見学クラブ」が摘発されたそうな。

摘発される前にネット上で取り上げてるニュースサイトで見たんだが、よくこんな商売思いついたし需要もあるんだな、と。
ソープやヘルス(イメクラ)とは違い、客はマジックミラーごしに“女子高生(本物かは知らないが)”のだべってるとこを見てるだけ。ただ途中でアピールタイムとでも言うのか、下着まで見せて客を煽る時間帯があるそうな。まあ生々しい。

中の人が直接客にサービスするわけでもないので、風営法ではなく労基法での摘発になるのもなるほどな、と。
しかしまあ、その程度で欲求が満たせるものかね。見てむらむらして結局風俗に行っちゃうなんてことになったら、それこそ「最初から風俗行け」ってとこですよ。波上宮の鳥居前から見える某店(注意:18禁)はほぼ確実に思ってるだろうなw

(余談)
下や風俗絡みなネタはかなり久々だったりw

関西電力の原発がすべて停止しました。
残りは柏崎刈羽と泊が1基ずつ。そこも定期点検の時期が来たら止まります。原発全停止が現実味を帯びてきました。

反原発・脱原発勢力の中には「再稼働させるな」と主張する人々もいます。
しかし、原発全停止の先をまともに考えてるのでしょうか。

火力発電所もっと作れ?
→作るにも数年かかるよ。
自然エネルギーを!
→安定して使えるようになるにはまだまだ。
電気代値上げ反対!
→かわりの燃料をより多く調達する事態になってるのに、何言ってんだか。

絵空事ぬきで真面目に考えるべきなのに、そのような状況になってないような。

「ゴーヤじゃなくてゴーヤー」
「スパムはブランドのひとつ。それ自体を言うならポーク缶詰かポークランチョンミート」
は、割とある沖縄絡みの勘違い。

ですが、まだありました。
「沖縄タイムス」
これが「沖縄タイムズ」と表記される例が意外とあります。

確かに外国で「times」とつく新聞(UKの高級紙やニューヨークのあれ)は日本語たと「タイムズ」と発音するのが一般的だけど、沖縄の方は濁らないんですよ。
論調を批判云々は別として、名前は覚えてあげてー。

(余談)
日本の新聞で「○○タイムス」って名前の新聞が少ないのも影響してるかな?
北海道には以前北海タイムスがあったけど。
てか「○○新聞」な名前じゃない新聞(一般紙)自体希少だよな。

瓦礫であれ何であれ、東日本大震災の被災地から持ち出そうとしたら「放射能が~」と騒がれる御時世。福島第一原発から離れた場所のものでも騒がれ、酷い時は脅迫まがいな言動まで。
五山送り火や日進の花火大会で問題になったことを覚えてる人もいるでしょう。

しかし、この愚が繰り返されました。
それも、自分の足元の地域で。

那覇での雪遊びイベントが中止になりました。

雪を楽しんでもらおうと那覇市の児童館が持ち回りで開催してる恒例行事で、雪は海上自衛隊が青森から持って来ます。今回は2月23日に久茂地公民館。
ところが、今回は避難してきた被災者を中心に「東北の雪は放射能に汚染されてる可能性がある」として中止要請があり、那覇市は中止を決めた模様。

外部の反原発な方々がわらわらと押し掛けたわけではなく、避難した被災者からの声。確かに不安なのはわかります。
でも、十把一絡げに危険と決めつけるのは疑問があります。避難した人が風評被害を拡大再生産しちゃってないか、とも思ったり。
福島から見たら、五山送り火の時に騒がれた陸前高田よりも向こうの青森ですよ。それに最近沖縄の別のとこであった同種の雪遊びイベントでは、福島の雪を使ってた件。

瓦礫処理でもやってるように、線量をまめにチェックして安全か確認すれば問題ないはずなのに。
冷静になれないものかね。

プロ野球キャンプ真っ盛りの沖縄。
広島が1次を終え出発。楽天が久米島から金武へ移動。そして巨人が到着。
その巨人は19日に早速阪神とのオープン戦でしたが…

先発・宮國

おいおい凱旋マッチかよ。
入団初年は一軍登板はなかったけど、最近注目度上昇中。熟成させてきた力はいかほどか…

3回4奪三振無失点
先制点も得て勝ち投手

やるじゃん。
家族や糸満高校野球部の目の前でよー。
でも焦らずじっくり力つけてほしいところ。

横浜といえば…

港町?中華街?
♪よこはま~たそがれ~?
伊勢佐木町ブルース?
ベイ?マリノス?横浜FC?
それともタカとユージ(あぶない刑事)?

そんな横浜に新しい顔誕生。
横浜ビー・コルセアーズ。バスケのbjリーグのチームでごわす。
そこがこの週末のキングスの相手。最近調子いいらしいね。
しかしどこまで拡大するbjリーグ(JBLと統合したらカオスなるぞw)

bjリーグ2011-12
琉球vs横浜@那覇
(18日)琉球 89-73 横浜
(19日)琉球 82-79 横浜

なかなか強いよ。バーレルをフリーにしたら危ない危ない。
でもキングスは勝つ。小菅がアウトから攻めれば、“重戦車”スニードが攻守両面で肉弾戦。

でも桶谷HCは満足しません。もうファイナルを見据えてるから。

ブラタモリで吉原が取り上げられて以降、沖縄版も辻周辺を舞台にいけると模索してたところ、丁度いいタイミングであるイベントがあったので、取り上げてみる次第。

そのイベントとは、ジュリ馬祭り。王国時代から続く伝統行事です。
ジュリ(尾類)とは遊女のこと。以前は大規模な行列もありましたが、現在は小規模なものとなってます(一時期売春を助長すると批判された)。

この祭りは辻の開祖を祀り地域の繁栄を祈念するものですが、同時にここで最期を迎えた遊女の鎮魂の場でもあります。行列では拝所に寄ります。

そして、この地域にはもうひとつの“鎮魂”があります。
tsushima-maru
“現代の辻”から見て波上宮の向こう側にある、対馬丸記念館。
1944年8月、沖縄から九州に疎開する児童を乗せた貨客船対馬丸が米軍の潜水艦の攻撃を受け沈没、多数の児童が帰らぬ人となりました。
2次大戦・太平洋戦争でのこの出来事を後世に伝え、戦没者を追悼する場です。

華やぐ街にある、2つの鎮魂。たまには思いを馳せてみては。