あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
姿を消そうとしてるのっぽの近くに、新たなのっぽが姿を現す。

旧那覇タワーから徒歩数分のとこにある、桜坂のホテル。
9月に「ハイアットになる」とのニュースが出ました。のちに2015年4月開業予定と発表されました。

ということで、正式な名称はまだ発表されてませんが、沖縄再開発シリーズにおいて「桜坂ホテル」として紹介してきたこの物件をこれからはハイアットの名前込みで紹介します。

20141130235049501.jpg
建物は地下1階地上18階。もう到達してるようですね。

201411302350450b0.jpg
壺屋側のエントランスかな?
姿が見えてきました。

20141130235047ae0.jpg
桜坂劇場の横にも入口でしょうか。
上映作品の舞台あいさつに来る関係者の宿泊にも使えそう。

sakura201411-01.jpg
この日は国際通りがホコ天だったので、こんなアングルから。


(2014.11.30撮影)
ホコ天の国際通り。奥に見えるのは…

nahatower201411-02.jpg
解体に着手した那覇タワー、足場で完全に覆われました。

nahatower201411-03.jpg
このアングルだとあまり変わらないようですが

nahatower201411-04.jpg
沖映通りから見ると、低層部の解体がわかります。

前月の写真と比較すると
nahatower201410-04.jpg
でっぱり1つ減ってますね。

nahatower201411-05.jpg
解体してるのがよくわかります。

JR東日本のSuicaを筆頭に各地で登場する交通系ICカード。
その名前ですが、だいたい「IC」というのをどこかに取り込んでますね。
JR西日本の「IC」OCA
JR東海のTO「IC」A
沖縄ゆいレール・バス連合のOK「IC」A
また「IC」が入ってなくても、JR九州のSUGOCAのように、ロゴのどこかでICを意識させてるものがあります。
(例外は福岡市のはやかけん?)

とはいえ、先駆者がネーミングでも有利だよなあ、な面がある。Suicaって上手いもん。ICOCAも「行こか」とかかってる。
1990年代後半に消費者金融業界で続々登場した、全自動契約機のネーミングも、導入が後発の企業がどんどん苦しい名前になってく中で、先発だったアコムの「むじんくん」とプロミスの「いらっしゃいましーん」が秀逸だったし。

ところが、後発でインパクト1本勝ちなネーミングが出ることもあります。
北九州モノレールのICカード、SUGOCA規格なんですが、その名前が

monoSUGOCA

「モノレールのSUGOCA」ってとこなんだろうけど、「ものすごか」。
いやインパクトがもの凄かw

産経新聞のソウル支局長が「報道で朴大統領の名誉を毀損した」と告発された件。支局長からの異動が決まり「前支局長」となったものの出国禁止状態が続き、いよいよ法廷フェーズに入りました。

韓国ではここんところ政権の報道に対する締め付けな動きが複数あり、国内メディアがやられてます。「産経だから」というわけではない流れの中で、韓国国内だけでなく外国メディアに手を出しちゃいました。韓国でも「報道の自由」「言論の自由」の観点から問題視する声があります。
しかし、国民レベルだと極端なグループが「産経だから」と目の敵にして煽るから厄介。

ここで有罪とかやっちゃうと、世界中から「韓国は言論・報道の自由がない」と判断され、自身の首を締めかねないぞ。

さあ衆院選というところで、「1票の格差」にかかわる動きがちらほら。
格差是正を求めるグループは早速裁判起こす構え。また、2013年の参院選が、選挙結果こそ無効ではないものの「違憲状態」とする最高裁判決が出ました。

大雑把にいうと、「20万票でも落選する地域と、5万票で当選できる地域」があり、1票の価値が平等ではないという話。
確かに平等性という点で見れば、格差は是正すべき。

しかし、事はそう単純ではありません。
人口(有権者)数に応じて厳密に配分しようにも、人口流動があるので、選挙のたびに選挙区を再編するのは、実務の面でも手間が大きいです。このあたりは、短期間ではない一定の期間で必ず見直す機会を設ける手法がありそうですね。期間は衆院と参院の任期の最大公約数で12年ごととかありかな。

また、格差を厳密に是正しようとすると、都道府県あたりの選出議員が1人、最悪出せなくなる可能性もあります。
議員数の少ない参院だと、「鳥取と島根で合わせて1人」という事態も想定できます。
都市部から大量に議員が出る一方で、地方は県単位でも国政に出せない。この状態でもよいのでしょうか。地方再生・地方創生が言われる中で、果たしてそれでよいのでしょうか。
1票の格差是正は重要ですが、そこで新たな格差が生まれたら本末転倒です。

また、格差の議論に乗じて政権批判をする声もありますが、それは問題の本質を理解せず叩きたいだけの幼稚なもの。与野党関係なく国会すべての問題だし、選挙で投票する有権者にもかかわります。
議員にとっては自身の議席に直結しますし。
だからこそ、選挙区と比例の比率、選挙区の規模も含めて議論すべきものですよね。

醜いマシン(特にノーズ)
ルノーPUユーザーの憂鬱
蓋を開ければメルセデス無双
ウィリアムズ復調
ベッテル勝てない
大クラッシュ
中小チーム経営問題
2014年のF1。どうなんでしょ、それなりに面白いとこはあったんだけど、ひっかかるのもある。

ケータハムは何とか最終戦アブダビGPには参戦できたけど、マルシャがいないので20台。
今年は最終戦がポイント2倍。クイズダービーでいうとこの最終問題「倍率ドン!さらに倍!」(古っ)。2位のロズベルグが1位のハミルトンから逆転するには、条件がいくつかありましたが…

(決勝結果)
1 ハミルトン
2 マッサ
3 ボタス

予選2番手からいいスタートダッシュでしたね、ハミルトン。年間王者おめ。
ポールだったロズベルグ、終盤マシントラブルでリタイアな状況を「最後まで走らせろ」、執念に乾杯。シーズン途中ならマシンを労るところだけど、最後は意地とファンへの感謝でしょうか、

マッサが2位か。日本での「マッサン」に負けてられんってか?w

さて、何とか参戦できたケータハムの可夢偉、結局マシントラブルでリタイア。果たしてチームの買い手はつくのかねえ。

那覇市若松公設市場跡に建設される津波避難ビル。工事の進捗どうですか?
(今の時期「進捗どうですか?」と聞くと冬コミ出展者はびくんとするかも)


あれれ、更地のまま。
敷地にはテントと、ばらした杭のような何か。

nahatsunami201411-02.jpg
とりあえず工事表示を記録しておきましょう。

nahatsunami201411-03.jpg
工期が平成27年3月末というけど、これ来年だよね。間に合う?

11月24日の池上彰解説塾(テレ朝)の軍事回がいろいろ酷かった件

池上さんは軍事関連でもかつてオスプレイことMV-22の解説でやらかしてますが、それ以上に酷いものでしたね。
今回の数々のやらかしの中には、池上さんではなく番組スタッフのやらかしも含まれてるようにも思えますが、番組作りに池上さんがどこまで関与してるかはわからないので何とも。

Twitterでは自分も含めて軍事クラスタのツッコミ集中砲火でしたが、そのTLの中に
「この本に載ってる内容だったな」
というツイートを発見。その本とは、コンビニで売ってるような漫画単行本サイズ(ページ数は多い)の軍事本。

あーなるほど。
「世界の○○兵器トップ100」「○○兵器パーフェクトファイル」「自衛隊最新装備」「最強アメリカ軍」って感じのタイトルの本、近年コンビニで見かける機会が多いですね。
しかし、このテの書籍は玉石混淆でして、中には誤記や写真の取り違い、酷いものだと煽りもみられます(特に別冊○島関連)。
先述のツイートは、この放送がまさにそんな本みたいな内容だったという指摘でしょう。

弾道ミサイルや尖閣・南シナ海情勢などもあってか、日本国内で軍事分野への注目・関心が高まってますが、そこに適切な情報が提供されてるかというと、正直まだまだ。軍事とひとことで言っても、外交、政治、歴史、戦術、技術など様々な分野が関わっており、難しい面もあります。それをテレビ番組の尺や書籍のページ数という制約の中で伝えるのは、作り手としても難しい。そうなると、ライトな層でもわかりやすい話から広げていくことになるのでしょうが、そこで耳目を集めようと煽りが入ったり、情報収集やチェック・校閲がまずくて正確性に乏しい内容になるのでしょうか。

書籍だと、入手性も影響してくるでしょう。「丸」「軍事研究」「世界の艦船」「航空ファン」あたりの雑誌・専門誌もTSUTAYAクラスでさえ店によってはあったりなかったりですから、そこから一歩踏み込んで「知ろう」と思っても、そのような本がない書店も珍しくないかも。求めるなら紀伊国屋やジュンク堂クラスの店か、図書館ということになるでしょうね。
それに対して「コンビニ本」はまさにコンビニでも買える。手軽かつ身近です。

一方、軍事に対してネガティブ、あるいは拒否・否定なスタンスで発信する側においても、同様な現象が見られます。オスプレイに対するいわれなき批判がまさにそれですね。

そのような中で、池上さんのような解説を売りにする影響・伝播力の強い人が仕切る番組であのような内容になったのは、非常によろしくないことです。
いろいろ難しい部分はあるのでしょうが、留意してほしいものです。

大盛り上がりのキングス石垣島ラウンドから一転、次は秋田。中3日で大移動ですな(青森ならbj最長移動になってた)。
前シーズン優勝を争ったノーザンハピネッツ、客入りもよさそうで何より。23日はNHK秋田局からの中継があり、盛り上がりがどんなものか見られました。

2014-15 bjリーグ
秋田vs琉球@秋田県立
(22日)琉球 79-66 秋田
(23日)琉球 79-75 秋田

キングス級な観客3,000人台のアウェイでよく連勝できたなあ。プレッシャーはんぱないぞ。23日見たらフリースローそんなに決まらなかったし、あの秋田の追い上げ。いやーほんまにきつい。

J3ファーストイヤー、最終節。
優勝は決まりましたが、J2昇格プレーオフに行くのは長野か、町田か。
一方そうしたものと関係ないとこにいるFC琉球。先につなぐ内容と結果を見せてほしいですね。

2014 J3第33節(最終節)
福島ユナイテッドvsFC琉球@福島・とうほう
琉球 1-2 福島
(前半0-0、後半1-2)

最後の最後に後味の悪い試合、ないわー。後半アディショナルに追いついたのに、直後に勝ち越し点取られるとか、ないわー。これで7位から最終順位は9位に転落。

確かに年間を通してみると「何やっとんねん」な試合もあったし、PKもらえるハンドのスルーや「ほぼU-22日本代表」とリーグ戦で対戦といった不運もありました。
しかし、昨年のような悪いムードもなく最後までやれたのは進歩だと思います。
お疲れ様でした。

タイトルが徳大寺さんリスペクトでまいります。

2014年11月24日、テレ朝系列で放送の「池上彰解説塾」。
これがまあ酷い。ツッコミどころ満載でした。兵器の写真・映像の取り違えもありましたが、そんなレベルじゃないです。

○攻者3倍の法則
そんな単純な話ではないし、法則そのものに対する疑問・指摘もあります。しかし一般論の如く語ってました。

○ボーイング・マーチン
序盤に登場したF-35戦闘機の映像で、提供?表示に「ボーイング・マーチン」。
あのー、製造したのは「ロッキード・マーチン」です。

○ロシアの原子力潜水艦は3隻
世界の軍事力ランキング、それ自体もあくまで目安のひとつであって単純比較できるものではありません。
そのランキングに触れた中で、「ロシアは原潜3隻を保有」。
はあ?
弾道ミサイル搭載の戦略原潜だけで12隻ありますが何か。

○パクり
中国がテスト中の戦闘機J-20を、アメリカのF-22と比較した際に「スパイ」「ハッキング」「パクり」の話。
そりゃあ非合法的手段で情報を得てるのもあるだろうけど、研究や開発に予算をあててないと、あそこまでの急成長はないです。

○レーザー砲
来年実用化といってますが、既に使用されてます。アメリカの前方展開艦「ポンス」に搭載。

○グローバルホーク
無人機のくだりで「各国が導入」
あのー、今使ってるのはアメリカだけです。ドイツは「ユーロホーク」として導入しようとしたがキャンセル、日本は最近導入を決めたとされてる段階です。
プレデターやスキャンイーグルあたりと勘違いしたのでしょうか。

○弾道ミサイル防衛能力
「この能力を持ってるのは日本とアメリカだけ」と言ってましたが、間違い。ロシアやイスラエルもMD用のミサイル持ってますし、インドも開発中。
あと、日本の護衛艦からの迎撃試験映像を「貴重な映像」と言ってましたが、アメリカのミサイル防衛局がYouTubeでこれまでの試験映像を公開してます。まあ、これはその分野に興味がないと検索もしないでしょうが。

○米軍機は空戦で撃墜されたことがない
それいつ時代のくくりですか?機種は?きりがありません。

はからずも沖縄県知事選挙から間を置かずに実施となった衆院選。
現職、というか解散したから前職のみなさんはそれぞれの選挙区に戻って活動してるようですね。

沖縄の状況はどうなってるのか。
まずは各選挙区の前職でおさらい。比例復活も含めて7人います。
[1区:那覇と本島周辺離島]
國場幸之助(自民)
赤嶺政賢(共産、比例復活)
[2区:浦添、宜野湾、北谷など]
照屋寛徳(社民)
宮崎政久(自民、比例復活)
[3区:沖縄市、うるま市、本島北部]
比嘉奈津美(自民)
玉城デニー(生活、比例復活)
[4区:本島南部、宮古、八重山]
西銘恒三郎(自民)

7人はいずれも出馬するでしょう。
このほかに出る人は…います。

中でもいち早く名乗りを上げたのは、仲里利信。県議会議長も務めた自民党沖縄県連の重鎮でしたが、民主党が与党になった頃から「普天間県内移設反対・オスプレイ撤去」にシフトし、2014年には名護市長選挙で普天間反対側を支援して除名されました。
知事選の結果を受けて調子に乗ってる「建白書勢力」の一員です。「建白書」とは、2012年の反オスプレイ東京行動時にオスプレイ撤去・普天間即時閉鎖を求めて政府に提出した文書。その実現を求めて行動する勢力が、唯一革新政党や同調する候補者のいない4区に仲里さんを擁立したわけです。

勢いに乗ってやりたいのはわかるけど、そもそも「建白書」自体が空虚で、それに固執することに何のメリットもないんですよね。
普天間即時閉鎖に固執し、沖縄全体の負担軽減の芽を摘む自滅行為。
オスプレイに関しては誤った情報に踊らされた産物で、論評の価値もない。
そのようなものにしがみついては、沖縄のためにもよくないです。

あと、知事選に出た喜納昌吉が出る気満々、下地幹郎も維新の党公認で?という話もあるけど、資金ある?

ニチアサって、自然発生な造語じゃなくてテレ朝が一時期公式に使っていたのな。

さて、ニチアサには興味なしの自分だが、11月23日のニチアサは伝説が生まれたようですのう。
「またプリキュアにお笑い芸人?」いえいえ。戦隊ヒーロー物です。

トッキュウジャーにジャスタウェイ

あの、銀魂はニチアサじゃないあるよw
競馬視点でも時間帯はえーよw

今回の怪人の武器の名前がジャスタウェイ(馬の形)。
怪人役の声優が銀魂の新八役(阪口大助)。
走るのを邪魔され「進路妨害です!審議!」
怪人倒す時に武器を宇宙に飛ばされ「ジャスタウェイがファーラウェイ」

銀魂、競馬両方でネタが次々混入してるんですが。
どうしてこうなった?

今回の脚本:大和屋暁

銀魂の脚本でジャスタウェイ馬主の大和屋さんなら納得wwww

沖縄県知事選挙と同時実施となった那覇市長選挙。
当選したのは、翁長前市長の後継として出た城間幹子。ほぼダブルスコアの10万票。
那覇の選挙なんだけど、前市長が「辺野古阻止」で知事選に出馬し、その後継者として出たことから、選挙期間中も那覇のこと以上に「辺野古」「オスプレイ」「建白書実現」「オール沖縄」。うんざりです。

ただ、当選となった以上、お願いしておきたいものが1つあります。

「若狭の龍柱中止」

クルーズ船桟橋近いだけにシンボル的なものをと考えてるとしても、由来があるわけでもないし、必要性は乏しい。さらに地元業者に作らせるならともかく、中国の業者に大金(税金から)はたいて発注。無駄遣いです。
税金使うなら、もっと必要なとこあるでしょう。保育所の待機児童解消や、老朽化した学校・幼稚園の建て替えなど。
一括交付金で公的なお金が沖縄にさらに入るようになった今、使い方が一層問われます。
こんな使い方でいいのか?ですよ。

拒否してもスパムの如く押し寄せるメール。
大幅値引き偽装。
国内大手のネット通販でありながら、よろしくない話がいろいろある楽天。
その楽天が、えげつないこと始めたようです。

出店業者の楽天銀行口座を勝手に作って、決済口座を楽天銀行だけにさせる
(口座の権利保有者は業者ではなく楽天)

楽天のこの対応にぶち切れた業者が、出店をやめる事例も発生してます。

まあえげつない。
てか出店業者の名前で勝手に銀行口座を作って、権利は業者にないとか、商慣行や法律的にもどうなのか。
出店業者と楽天の間で、ここまで楽天が好き勝手できる条項があるのか。
ますます楽天を使う理由がなくなる。てか使ったことない。鉄道模型の通販店でも、楽天を使っていたら除外してる程。

何が楽天カードマーンだよ。
こんなみみっちいことしてるようでは、いつまで経ってもAmazonの足元にも及ばない。

陸上自衛隊の沿岸監視部隊配備に向けて、基地(駐屯地か分屯地かわからないのでこう表記)の工事が進む与那国島の町議会で、今になって住民投票の話が持ち上がり、条例が可決されました。

なぜ?
9月の町議選挙で自衛隊容認派と反対派が同数になり、どちらが議長を出すかで揉めた結果容認派から議長を出すことになり、議長を除くと容認2・反対3で反対派が多数になり、早速住民投票をとなったわけです。

与那国町で自衛隊配備をめぐり住民投票をという話は2012年にも出ましたが、この時は容認側が町議会で多数派だったこともあり否決されてます。
当時も指摘しましたが、主導してるのは自衛隊配備反対派。「住民の意見を聞こう」「白黒はっきりつけよう」ではなく「自衛隊配備反対」を示す目的が明白。住民投票の目的としてまず疑問。

この住民投票、さらに問題なのが条例案で定めた投票資格者。
「中学生以上」
「永住外国人」
としています。

防衛・国防案件で外国人に投票資格?
反対派は何考えてるんだ。「住民すべてに参加する権利がある」とでも思ってるのでしょうが、これは防衛に関する話。国民以外が参加できるとか、まずありえない。
「島の未来を考える機会を与えるべき」として中学生も対象者に含めてるけど、これも知識、経験の浅さや責任能力の点から疑問。教師を含めて周囲の大人の影響を受けやすいだけに、その点でも問題。
とにかく自衛隊を止めたいがために、なりふり構わなくなってるようです。
しかし、禁忌をこれだけ重ねている条例、アウトです。

ただし、投票が実施されない可能性もあります。
町長が議会に条例の再協議を提起すれば、再可決には議長も含めて2/3の賛成が必要です。議長が入れば賛否同数で2/3に届かないので廃案、というわけです。

キングス石垣島ラウンド。平日開催にもかかわらず大入りだったそうで。
(週末にできなかったのは知事選の開票作業で体育館を使うからか?)
実は石垣では無敗。今回はどうなるのか。

2014-15 bjリーグ
琉球vs群馬@石垣
(17日)琉球 88-65 群馬
(18日)琉球 74-71 群馬

17日は圧倒のゲームでした。
しかし翌日は一変。東地区11位という低迷が嘘のような群馬のみなさん。
決着は岸本のブザービーターでした。劇的フィニッシュでしたが、心臓に悪い人もいたやろなあ。

まあしかし、これで石垣島開催8試合全勝。

沖縄県知事選挙の結果を受けた「この先どうなる?」で1番注目されてるのは、やはり普天間基地(飛行場)の返還や名護市辺野古への移設がどうなるかでしょう。
ここのアクセスログ見たら「普天間はどうなる」な検索ワードもあったので、取り上げないわけにはいかないですね。

はっきり言うと、停滞の可能性大。
日本、アメリカ両政府が辺野古で進めているので、それを「県内移設反対!閉鎖!」と抵抗して進まなければ、停滞でしょう。翁長新知事は埋め立て承認の撤回も含めて「あらゆる方法で阻止」としてますが、具体的にどうするかは不透明ですし、へたすれば国vs沖縄県の裁判でさらに停滞、と。
直近で新知事に唯一チャンスがあるとすれば、現在沖縄県の承認待ちになってる工法変更申請。これを12月初旬の仲井真知事の残り任期中までに判断しなければ、翁長知事の番。そうなれば承認しないでしょう。最初から腰砕けではね(仮にもし裏であるタイミングで承認するとしても)。
ただ、承認しなかった先にどんな事態が待ち受けてるかは、誰もわかりません。一括交付金や補助金が止められたり減額されるのか、代執行ばりに工事が進むのか。

仲井真知事が残り任期中に承認すれば、直近では翁長知事や反対派はどうにもならないんですがね。
また、手続きや裁判云々があっても、工事が進む展開もありそう。

衆議院解散か?な流れの中ではあったが、全国ニュースでもそれなりに扱われた沖縄県知事選挙。
県外の反応もいろいろ見られました。

まずは結果を喜んでるあたりから。
反基地な方々も多々いますが、その中でこちらを紹介。
「沖縄の良識ある有権者の皆さん、正しい選択をしてくださって本当にありがとうございます!沖縄から日本を変えて行きましょう!」
発言の主は、ネット上ではそこそこ知られている「きっこのブログ」のきっこ。
良識ねえ。自分は良識のない沖縄県民なのかはともかく、きっこが良識云々言うと胡散臭い。
自身と違う考えの人、敵と認識した人にはこれでもかと悪辣な言葉を浴びせるきっこが言う「良識」って何だろ。ジョークにもならない口の悪さ。
良識のかけらもない人が「良識ある有権者」?笑わせるな。

あと、別の方ですがこちらも。
「勝ちきったら自民党結構崩せるやんという空気が集合的な無意識群として流れてく」
なるほど、衆院選と結びつけたか。
国政選挙がない時期だと、知事選が国政への影響を与えることもあります。今回は降ってわいた解散風で急に前哨戦となりました。
影響の面は否定できません。しかし、上記のような反応をいろいろ見ていると、
「沖縄の基地負担軽減をどうするか」
「日本の安全保障をどう考えるか」
よりも
「安倍内閣倒せ」
「自民党崩せ」
が目につきます。つまり、沖縄の基地や、それと絡んでくる安全保障の話ではなく、単に内閣や自民党を叩くためのツール、おもちゃとして沖縄を利用しているのではないかと見えるのです。

[沖縄を利用する人、沖縄を排斥する人]の続きを読む
「まるで成長していない」

沖縄県知事選挙の結果に、スラムダンクの安西先生の言葉が浮かびました。
成長していない人とは?
大多数の沖縄県民です。
結果は、翁長雄志が10万票差で当選です。

2009年から10年にかけて、民主党の根拠なき甘言に騙され、踊らされ、最後は突き落とされたのを忘れたのでしょうか。
いつまでも「基地・軍隊いらない」と言ってられない現実があるのです。
ここでは、負担軽減と安全保障の両立という観点から「軍事否定の固定観念があるなら、それを捨てて、軍事や安全保障を知ろう」と度々提起してます。しかし一個人の小さなサイトでは認知にも限界があり、また、このような考えが表側では否定されたり、なかったこと扱いにされる沖縄の一面があります。特に「オール沖縄」が反基地の旗印として使われるようになってから。

さらに、輸送機MV-22(オスプレイ)で「危険な欠陥機」などと嘘や出鱈目がまかり通り、仲井真知事の辺野古埋め立て容認に対する「勝手な思い込みからの反発」が拡大再生産されました。

鳩山の甘言、よく見ると自民党への反対ありきなノープラン。
仲井真の容認、よく見ると「辺野古反対」とは言ってない。

鳩山にあれだけ振り回されたのに、学習も成長もなく、
「オール沖縄」
「誇りある沖縄を取り戻そう」
「イデオロギーよりアイデンティティー」
といった美辞麗句に惑わされる沖縄県民、同じ県民ですが、本当に哀れです。
有権者、すなわち「権利」「権力」があります。だからこそよく知り、よく考えるべきですが、やってない。

翁長知事の1期中に沖縄が独立とか中国に占領されるとかは非現実的ですが、相当な混迷が予想されます。
でも、だからこそ

軍事否定の固定観念を捨てて、知ることが重要です。

辺野古や高江で拳振り上げてる場合ではありません。