あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
沖縄では遅れ放送の「月曜から夜ふかし」(でも月曜深夜に編成するナイス判断)

沖縄での5月30日深夜放送分で、「新宿が変わってる件」
ほかの番組ならバスタ新宿メインでやるだろうところですが、やはり夜ふかしは違ったw

【待ち合わせ場所に変化】
笑っていいともでおなじみのアルタ前が定番でした。
shinjukualta201409.jpg

それがどこに?

shinjukutoho201508_02.jpg
コマ劇場跡のTOHOシネマズとグレイスリーの、いわゆる「ゴジラヘッド」。
まあ目立つわな。
でもそこは歌舞伎町。風俗をはじめとする各種キャッチに用心を。

【新宿3丁目のプチ秋葉原化】
そんなことなっとったんかー。
でも劇場版上映強化はわかる。2015年夏に行った時デート・ア・ライブ劇場版の宣伝見たわw

このカードが上位争いの対戦で実現かぁ。

J3 2016第11節
FC琉球-ブラウブリッツ秋田@沖縄県総
琉球 1-1 秋田
(前半1-1、後半0-0)

何といっても、後半アディショナル、最後のPK。これ決まってれば琉球の勝ちだったんだがなぁ。でもそれを責めてもしょうがない。

そして、琉球も秋田も本当に痛み分けな結果。
琉球は3位から4位に。
秋田も首位陥落(トップは相模原)。

突然の破壊措置命令。

北朝鮮、党大会は終わったでしょ?

え、テスト?

まったく。国連決議無視だわ。

ただ、党大会前のムスダンのテストは3回とも失敗してるから、もういっちょ、のつもりか。
で、ミサイルが飛ぶのか、担当者の首が飛ぶのか。

沖縄では、あの事件を受けて議会での抗議決議が相次いでます。

ただ、今までと様相が違います。これまでは
「再発防止」
「綱紀粛正」
だったのが、今の一連の決議には
「海兵隊撤退」
「全基地閉鎖」
を盛り込むところもあります。

どんどん突っ走ってるなぁ。
ことの本質を見極めず、米軍というだけで思考停止に陥ってるようにも見えますね。

「もしも○○がカップ焼きそばの作り方を書いたら」ブームに便乗して
もしもカップ焼きそばの作り方を沖縄の2大新聞が書いたら」をこさえると同時に、Twitterにも放流しました。

今回はリンク以外にも、ほかの作品と同様に画像を用意して単品でも放流です。(画像はここのスクショ)
どちらも1面下のコラム風味です。

沖縄タイムス風
yakisoba-timestaigen.jpg

琉球新報風
yakisoba-shimpokinko.jpg

そしたら、反響えらいこっちゃ。
新報版が2016年5月29日時点でRT数1200越えw
(ちなみにタイムス版は18RT)
今まで最多は150いかない程度だった(2015年8月の、護衛艦「かが」進水前の艦名予想オッズ)からなぁ。

5月27日、沖縄県議会議員選挙が告示されました。

翁長知事体制になってからの折り返し点。産業とか、子どもの貧困とか、辺野古とか、いろいろ争点はあります。
しかし、アメリカ人軍属による女性遺体遺棄事件を受け、沖縄での米軍の駐留そのものを争点にしようとする動きも見られます。

それでいいのかな?
いろいろ混同して「海兵隊悪い」「米軍がいる限り」と話をあらぬ方向に飛躍させてるなぁ。

事件発覚前のネタですが、県議選の投票先選びに向けたヒントをご用意しました。

ひと足先に選挙シーズンに突入する沖縄ですが(2016年5月17日)

「もしも○○がカップ焼きそばの作り方を書いたら」のネタが盛り上がってますね。

そこで、考えてみました。
「沖縄の2大新聞がカップ焼きそばの作り方を書いたら」
1面下のコラム(沖縄タイムスは「大弦小弦」、琉球新報は「金口木舌」)に近いフォーマットで、社説やほかの記事のテイストも込めてみました。文字数など大味なとこもあるかもしれないが、そこはご勘弁を。

まずは

「もしもカップ焼きそばの作り方を沖縄タイムスが書いたら」

 この稿で何を取り扱うか迷ってた時に、ふと食べたカップ焼きそば。「これだ」と思った。
▼開封する。かやくなどを取り出す。お湯も沸かす。沸騰するまでの考え事の時間も楽しみだが、ポットの湯ならそれもない。
▼麺とかやくの入った容器に湯を入れて待つ。その間に考え事をめぐらせる。辺野古の新基地、子どもの貧困など。ただし考え過ぎて時間を越えないように。
▼湯切りは緊張する。麺をこぼす最悪の結末になりやしないか、容器を持つ手が震える。しかし最近の蓋はよくできている。
▼ソースや、製品によってはスパイスやマヨネーズなどを加えて混ぜる。実に手軽においしく、胃袋も心も満たしてくれる。
▼もしかすると、これすら食べるのが困難な、貧困世帯もいるのだろうか。貧困を脱する手助けを考えるきっかけを、カップ焼きそばからもらった。

[もしもカップ焼きそばの作り方を沖縄の2大新聞が書いたら]の続きを読む
世界で初めて核兵器が実戦使用された地に、その核兵器を使った国のトップが行く。
核兵器の歴史において、重要な出来事です。

現職のアメリカの大統領が広島に行くことは、別の意味もあります。

第2次世界大戦(WW2)において、加害者としてばかり位置付けされがちな日本が、核兵器に関しては「被害者」の面があります。
広島訪問と聞いて、謝罪を求める被爆者の声もあります。ですが、アメリカには「原爆投下で早く戦争を終わらせ、犠牲を増やさずに済んだ。謝罪なんてとんでもない」という考え方も根強くあります。

今回、日本側は謝罪を求めていません。
共同通信が被爆者を対象にした調査でも、謝罪を要求しない声が多くありました。求めない背景には「謝罪要求が障害になるなら求めない」「戦争で加害者の面もあるから」「とにかく来て見てほしい」などあるようですが。

未来志向を体現する場となるか。
岩国基地でのスピーチを終えたオバマ大統領、これから広島に行きます。どうなるか。

「若いのに」「まだまだやれるのに」など、活躍をするものの、若くして現世から旅立たれる方はいつの時代にもいますが、なぜか2015~16年は特に多い感じですね。Origa、デヴィッド・ボウイ、竹田圭吾、ケビン・ランデルマン、ハヤブサ、和田光司…。

さて、5月2日に死去した作家の松智洋さん。1972年生まれ、まだまだばりばりできる若さです。
一瞬わからなかったけど、迷い猫オーバーランと聞いて「あー!」

葬儀では、なんと「痛棺桶」が登場。

松智洋先生のご葬儀に関連するつぶやきまとめ。(togetterまとめ)

さらに、出棺の時に流れた曲が
♪んでんでんで~
迷い猫オーバーランの楽曲「はっぴい にゅう にゃあ」

はたから見てると、ふざけてるように見えるでしょう。
でも、それをご遺族、ラノベやアニメ業界の方、松さんがスタッフでもあったコミケの関係者が受け入れてるという。さらに出棺曲は本人リクエスト。
これも松さんの人徳や、周囲のみなさんの寛容さがあってのことでしょう。

那覇市樋川の農連市場。再開発の槌音がします。
見てみましょう。
(写真は昔のもの以外は2016.5.18撮影)

まずはガーブ川水上市場付近から。
noren201605-01.jpg
計画では市場機能を集約するエリアで、解体が進んでます。2015年5月時点と比較してみましょう。
noren201505_01.jpg

水上市場側は残ってますが
noren201605-02.jpg

ほかの表通り側は解体が進み
noren201605-03.jpg
あとわずか。

noren201605-04.jpg
壺屋寄りの区画はすっからかん。

[[沖縄再開発]農連市場(2016.5)]の続きを読む
今日21時台に「BSN(新潟放送)やSBC(信越放送)で放送事故」との情報をキャッチ。
そういえば、数年前にこの2局も含むTBS系列丸ごと、この曜日のこの時間に放送事故があったなぁ、と思い出す。

ところが
「UX(新潟テレビ21)映らない」
「NBS(長野放送)もだ」
TBS系列以外も含めた、新潟、長野の民放すべて。何なんだろこの放送事故。
送信所を共有してるのかな、と確認すると。

新潟はすべて弥彦山で、BSNとUXが施設を共有。
長野はすべて美ヶ原だけど民放の送信塔は別々(信越放送とNHKは共有)。

これ原因何だろ。送信所共有してないとこもトラブルだし。
ただ、送信所を置く「山」は各県共通。山への給電系か?

FC琉球が上位争いをしてるという現実。でもまだシーズン序盤で、勝ち点で団子状態ですからね


J3 2016第10節
福島ユナイテッド-FC琉球@福島・とうほう
琉球 1-1 福島
(前半0-0、後半1-1)

先制はされたけど、ドローには持ち込みました。
試合後の鍾成監督のコメント。
「1点くらいはやられてしまうので」
ではもっと得点よろしくです。てか、琉球は以前もそんなファイトスタイルやったことあるような。

東京・吉祥寺で発生した地下アイドル(地下アイドルではなくシンガーソングライターという指摘も)めった刺し事件。

ファンのはずが思い込みが強くなり、行き過ぎた上の行動。AKBグループの台頭以降「会いに行けるアイドル」コンセプトのアイドルが次々と登場、SNSを含めた発信・交流手段のパーソナル化などで、アイドルとファンの距離感がどうとかいう指摘があります。
最近でもAKBの川栄李奈(当時)と入山杏奈が握手会で斬りつけられる事件がありましたし。

でも、こじらせたファンが芸能人を狙う事件は今に始まったものじゃないよね。
美空ひばりが硫酸かけられたり、ここ沖縄でも松田聖子がコンサート中に襲撃されたことあるから。

芸能人だけでなく、ファンも距離感考えないとな。

うるま市での凄惨な事件。遺族や関係者の無念たるや…。
というところですが、容疑者がアメリカの軍属ということで、あまりにも飛躍した主張や暴論が出ており、行き過ぎた流れに苦言を申してるのですが。

やっぱり出てきましたよ。分別つかずに沖縄にヘイトスピーチを吐く動きが。

今回の当該者は、Twitterアカウント「預一」。
まずはこのツイート。


ちょっとひっかかる言い方ですが、質問調だし、説明すれば理解も得られるかということで、少々回答。





すると、こんなレスポンスが。

あ、こりゃ沖縄排斥のヘイトアカウントだな。
アメリカの国旗を燃やす写真(しかも韓国っぽい)を送りつけてくるあたりでお察し。しかも、沖縄の反米軍基地運動で、アメリカの国旗を燃やすとか聞いたことがないです。

これはまともに取り合うことはないな、と放置してましたが、執拗に絡んできます。

自分が活動家という証拠、どこから?


そのプラカードの元画像なファイルどこから持ってきた?

あーこれは分別つかないヘイトだな、とツイートしたのをRTしたかと思えば

もう何回目だろう、「お前が殺されれば」と言われるの。


何が何でも沖縄を悪者に仕立て上げたくて仕方ない感じ。どれだけ見てきたか。

[また分別のつかない沖縄へのヘイトが]の続きを読む
(これは5月20日と21日の連続ツイートをひとまとめ・追記編集したものです)

【5月20日】
さて、うるま市での事件に関して、沖縄2紙の社説を読む。
2016.5.20:沖縄タイムス
2016.5.20:琉球新報
どちらも怒り心頭だし、米軍への批判もわかる。ただ、「再発防止要請ですますレベルではない」とぼかしたタイムスに対して、新報は「選択肢は一つしかない。沖縄から去ることだ」と完全に突っ走ってます。

しかも
「基地がなければ、容疑者は沖縄にいない可能性が高く、今回の事件も起きなかっただろう。」
って、暴論ですね。基地がなければ凶悪犯罪やる人がいない保証なんてありません。
この文も、「基地」「沖縄」を変えればどんな人にも適用できてしまう恐ろしさ。
外国人が国内で凶悪事件やった時に「○○人出て行け」と言うようなもの。

ただ、このテンプレ化しやすい暴論を批判したら、反基地サイドから「屁理屈言うな」「とにかく米軍が悪い」と反論されそうでもある。このテンプレで沖縄側が批判されるおそれを指摘しても、沖縄差別とか言ってまともに取り合わない人もいそう。

【5月21日】
今日もうるま市の女性遺体遺棄事件が主題の、沖縄2紙の社説を読む。
2016.5.21:沖縄タイムス
2016.5.21:琉球新報
20日は「全基地撤去」をぼかしつつ仄めかす調子だったタイムスが、
「私たち自身の命と暮らし、人権、地方自治と民主主義を守るため、立ち上がるしかない。」
と煽り調子が入ってるね。

ところが、煽り調子が入ったタイムスの社説も霞むのが新報の社説。「テンプレ化しやすい暴論」を披露した20日に続いて
「沖縄に米軍基地がなければ命を落とさずに済んだのは間違いない。」
と相変わらず。反響は届いてないのか、ネットだからとたかくくるか無視してるのか。

引き続き新報の社説から
「かつて海兵隊員として専門の戦闘訓練、時には人を殺す訓練をも受けたはずである。なすすべがなかったに違いない。沖縄はまさに現在進行形で「戦場」だと言える。」
容疑者が元軍人という点から沖縄は戦場だ、とか論理が飛躍してるなぁ。

もういっちょ新報の社説から
「確かに、容疑者は海兵隊をやめ、今は嘉手納基地で働く軍属だ。だからこそ辺野古新基地をやめれば済む問題でもない。」
意味不明。どういう脈絡から辺野古をやめればとなるのか。怒りは理解できるけど、「いっぺん水飲んで落ち着こか」と心配にもなる。

凄惨な事件に対する怒りは当然。沖縄の歴史的背景がそう思わせるのも理解できます。しかし、その訴えの論理がおかしいと、共感を得られなかったり、矛先が自身に跳ね返ってくるおそれもある点に注意ですね。
(まとめここまで)

[怒りのあまり?暴論に走った琉球新報の社説]の続きを読む
お金に関するおっかねえ話が続出する、東京都の舛添要一知事。
こりゃ辞任に追い込まれる展開もありそうですが…。

次の都知事選挙で誰が出馬するか。

猪瀬さん辞任後の都知事選の候補者の面々が、まさに罰ゲーム状態でしたからね。
東京都の選挙なのに脱原発を前面に打ち出した弁護士
同じく脱原発で臨んだ元総理
問題発言でクビになった元空自トップ
スマイルスマイルな人
中核派が支持した人
(ほかいろいろ)
その中でマシなのが舛添さんだった、って感じもします。

これで選挙になろうものなら、どんな人が出るか。
かといって辞任しなくても…

どちらに転んでも、都民にはしんどいなこりゃ。

新収録2016バージョンRBCソングのお披露目となった、琉球放送の放送開始(オープニング・OP)映像
ということは、放送終了のクロージング(CL)映像も刷新ですね。

5月20日深夜(時計上は21日未明)確認のクロージング、概要テキスト起こしです。

RBCソングとなんた浜の2パート構成は前と同じです。

【RBCソングパート】
豊見城市嘉数の送信所の空撮でスタート。長めのイントロの間にカメラはズームアウト。ただしOPの漫湖方面とは違い首里方面。

歌い始めの映像は糸満ハーレー。その後アンガマ、パーントゥ(ここはOPと同じ)。

ここから変わる。パーントゥの映像が長めに流れたあと、山並み。

鳥、蝶、トンボが次々登場

「♪みんなの電波~」のあたりで、首里・那覇の夕方空撮。カメラは東シナ海側を向いていて、下に首里城が見える。

曲ラストは夕日をバックに、下中央に「RBC」。

【なんた浜パート】
夕暮れの海岸をバックに
JORR-DTV
UHF14ch/リモコンキーID3/出力1kw
のコールサインと基本情報表示。さらにクロージング恒例の全中継局の物理チャンネル表示。
アナウンスは男性(田久保さんかな?)

中継局チャンネル表示の間に、映像は夜に。

画面やや右寄りの満月をバックに、画面左下に
「RBC」
「琉球放送(例の筆書き風)」
を表示して〆

RBCソングのパートの映像、OPと変えてるけど、海系のOPに対して陸系でやるとは凝ってるねぇ。
RBCソングに関しては、これまで聞いた中ではめっちゃハイグレード。イントロがいかしてる。

うるま市の女性行方不明は、最悪の結末な事件となりました。恩納村で遺体発見。
遺族や知人の無念は筆舌に尽くし難いものがあります。

重要参考人として警察が聴取していた人が、死体遺棄容疑で逮捕されました。
容疑者は元海兵隊で、今は米軍基地で働く「軍属」。現役軍人ではありません。住居も基地内ではありません。
地位協定で捜査や身柄拘束に影響、ということも発生していません。
犯行の動機などわからない部分もあり、真相究明が急かれます。

さて、容疑者が現役軍人ではないが米軍関係者ということで、米軍、さらには政府やアメリカへも批判の声が上がってます。
再発防止というが、繰り返される。どれだけやっても効果がない。事件をなくすには全基地撤去しかない、と。

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」ですね。
米軍の人だから凶悪犯罪に走るという論理はありません。最初に「米軍関係者か?」と一報が出ただけでレイプ部隊なんて言うのはもってのほか。もし今回の容疑者が別の組織の人だったらどうですか?その組織に解散しろとか言えますか?

ただ、反発の背景も理解されないと。
地位協定で捜査や身柄拘束、裁判などに影響が出た過去があり、被害者が泣き寝入りを強いられることも。復帰前はもっと酷かったといいます。その記憶が背景にあるといえるでしょう。
今は各種合意や運用見直しで犯罪捜査に関しては改善され、今回も現時点では捜査などに障害は出てない模様です。今後も捜査、裁判、処罰に至るまで、真相究明を含めてちゃんとなされるかが重要です。

今の段階で基地撤去と言うのは、論理の飛躍。
それとこれは別。言うなら地位協定絡みがまだ妥当でしょう。

琉球放送の放送開始・終了時に流れる、通称RBCソングの新規収録という、全国の放送OP・CL映像マニアにとって気になるニュースがありましたが、映像は5月に入っても更新されず。

それが、新しくなりました。
5月20日早朝確認、放送開始映像(オープニング)です。
映像の用意はできないので、テキストで大まかな説明。

【瀧落としパート】
日の出(雲の切れ間から見える)

日の出を見る人々の映像に、下からにゅっと「RBC」ロゴ。ロゴのサイズは高さが画面下1/3くらい。

でいごの花→別の花に変わったところで
JORR-DTV
UHF14ch/リモコンキーID3/出力1kw
と表示され、アナウンス。

アナウンス中に映像は海辺を経て首里城に変わる。正殿前の龍柱、正殿、正殿内の玉座ときて、なんと瀧落としが最後まで流れずにフェードアウトでこのパート終了。

【RBCソングパート】
豊見城市嘉数の送信所の空撮でスタート。長めのイントロの間にカメラはズームアウト、漫湖や那覇の中心部も映る。

歌い始めの映像は糸満ハーレー。その後アンガマ、パーントゥ、エイサー(国際通りの1万人エイサー)、那覇大綱挽、NAHAマラソンと沖縄の伝統行事やイベントの映像。
那覇大綱挽は新規の映像(隣にできた沖縄タイムスのビルの軒先がちらっと映る)。

海中の珊瑚礁

珊瑚礁の海を経て、〆は慶良間の空撮に、下からにゅっと「RBC」。出方は瀧落としパートと同じ。

全体で約2分。
2016年バージョンRBCソング以上に、瀧落としが途中でフェードアウトされてるのが衝撃。これまではきっちり流れてたんですけどね。

今沖縄でホットなニュースといえば、うるま市での女性行方不明。県警が公開捜査に踏み切って一気に注目度上昇です。

これに関して、5月18日の琉球新報の記事。
「米軍関係者を聴取」
同日夕方以降、ほかのメディアも追っかけてます。追っかけ報道では軍属とされてますね。

まず被害者が無事であってほしいのですが、まだ容疑者が米軍の人かどうか、まだ逮捕にすら至ってない時点で早合点してる人がもういるようです。

中でも酷いのが



レイプ部隊?
言いがかりも程々にしないと。
仮にその人が容疑者だとしても、悪いのは本人であって米軍ではない。安易な米軍叩きは自重しないと。
それに、昔のように身柄拘束前に基地の中経由で本国へ逃げて泣き寝入りとはならない運用にはなってます。これはきちんと運用してもらわないといけないとこですけどね。

もちろん、“この米軍属”ではない可能性もあります。
冷静に。