あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2月に入り、2つの鉄道路線の運命に関わるニュースが飛び込みました。

1つは長野電鉄須坂線。かねてより噂が出てましたが、いよいよ廃止になりそうだとか。
国鉄→JR→しなの鉄道と接続があるとはいえ長野の市内中心部にいかない路線。もはや鉄道で維持するには万策尽きたのでしょうか。旧国鉄時代は温泉地へ向かう急行が乗り入れてましたが、信越線の碓氷峠区間が廃止となった今はできない話ですし。

ちょっと違う視点で見ると、須坂線廃止したら車両の搬入はどうするんだろ。

もうひとつはJR西日本可部線。なんとまさかの廃線区間復活です。利用者減で廃止された可部以北の非電化区間のうち一駅分。
この区間は地元の復活リクエストがあり線路も残されてたとはいえ、本当にまさかな話。ただ…復活開業に合わせて新車が投入されるかは未知数な件。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
廃止区間46.2kmのうち廃線敷が再利用されるのはたった1.7kmですから、「ローカル線の復活」というよりは「通勤路線の延伸」といったほうが妥当でしょう。
旧河戸駅はディーゼルカーが1日8往復発着していましたが、電化延伸後は“電車”が1時間に3本(20分間隔)運行される予定だそうです。(現在の可部駅並み)
ちなみに、河戸以北約44km(県道267号荒人踏切から三段峡まで)については、数年前にレールの撤去が完了しています。
跡地の大半は放置されたままですが、道路や公園に生まれ変わった場所もあります。

廃線前の可部線の運転席からの映像(広島ホームテレビ)
http://www.home-tv.co.jp/train/kabesen/index.html
2011/02/14(月) 15:39 | URL | 牡丹鍋 #qbk0ineE[ 編集]
ナイス映像ありがとうございます。

なるほど、距離や実態としては延長に近いでしょうね。
しかし廃止前と比較するとかなりの本数増のようで、本気度が窺えます。
2011/02/14(月) 21:02 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/3482-96cf7bc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック