あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2014年に「日本国憲法第9条をノーベル平和賞に」と運動する団体が登場しました。
結果、その目論見ははずれ。
ノーベル賞を何だと思ってるのかという噴飯物の、市民運動と言うのもおこがましい輩でございました。

2015年、こんな動きが出てきました。
「平和を希求し運動を続けた沖縄県民にノーベル平和賞を」

第一印象「はぁ?」
発起人は、沖縄で平和や反基地の運動に関わってる大学教授や活動家など。
この人達、ノーベル賞を何だと思ってるのでしょうか。堕ちるとこまで堕ちたな。

普天間、辺野古、高江、オスプレイ、与那国、集団的自衛権…と、彼らが「絶対的な悪」と考えるものが進行する中で、ノーベル平和賞でもって自身の考えや運動に“箔”をつけ、正当性を得たとばかりに受賞を運動やイデオロギー・アイデンティティーのために利用しようとする、浅はかで低レベルな思考が見えます。

これまでのノーベル平和賞の受賞者の取り組みや成果と、今回「沖縄県民にノーベル平和賞を」と訴えてる人の活動、レベルが全然違います。何様のつもりだという感じでもありますよ。しかも他者の推薦ではなく自身からの立候補って。

再度言いましょうね。

沖縄の平和運動、堕落したな。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
と言うか、ノーベルノーベルとアホのように喚き立ててる時点で件の如何わしい国の臭いしかしないわけでな。

事実、その種の活動にゃもれなくそっち系が大量に混ざり込んでるというのは公然の秘密やし。

残念ながら彼等に相応しいのは孔子平和賞の方でしょ。
現知事にしてからが大陸拝跪論者だしな。
2015/03/29(日) 09:02 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
平和運動と言うのはアメリカの核は汚い核で統一から中ソどちらの核が綺麗かで対立する日本の歴史の時点で地に落ちるまでも高さが無いとか。

平和賞は政治的というか経済学以上に受賞者のその後が直ぐお隣の大統領の任期後並の生涯。
きっと受賞後の日本人、沖縄県人の不幸を期待しての運動でしょう。
最近でもゴルバチョフやオバマとか。
2015/03/29(日) 18:37 | URL | 愛知の名無し #-[ 編集]
>ノーベル賞を何だと思ってるのかという

何かの漫画であったよなぁ「自信の無さを糊塗するために足し算に走る!」って言ってる爺さん。
やってる事に自信がないから指摘も出来ない位あらゆる権威で只管着飾ってえばり散らしたいんだろうと。
しかし一番不愉快なのは「本来"厳しい事"を言わなきゃいけない大人」が皆揃いも揃って褒めそやしてる様は
「こいつら(取敢えずサンプルにサンモニ、東京新聞……地元沖縄のマスコミすら!)人の為だと言いながら結局自分を甘やかしたいだけ」なんだろうと。

(ボソリ)

>不幸を期待しての運動
オラァ彼らは自分の善良さや幸福のために他人を食い潰して燃やし尽す事を悪い事だとも思わない「ドス黒く燃える太陽」の様な人達なんだろうというアンサー。
…と思う反面「(夢も理想も)何にも無くなった人間」が他人を巻き添えにして死にたがるってんのは最近の墜落事件もそんな顛末らしいなぁと。
2015/04/01(水) 00:42 | URL | 杭打ち機 #UzUN//t6[ 編集]
>彼等に相応しいのは孔子平和賞の方
そして賞を与えた側に利用されてるとも知らず浮かれる残念な面々、と。

>平和賞は政治的というか
マータイさんやイスラム銀行など地道にやってきた個人や団体と違い、政治家側は受賞や受賞後が何だかな、な事例が多々ありますな。

>「本来"厳しい事"を言わなきゃいけない大人」が皆揃いも揃って褒めそやしてる様
所謂“オール沖縄”の思想にどっぷり浸かってしまい、大局的・第三者的視点を喪失してるのでしょう。
2015/04/03(金) 16:09 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6093-a9c8ccbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック