あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
横田基地へのCV-22配備に関する話で、また酷いものを見たので記録です。
2015年5月13日の沖縄タイムスに載ってた、軍事評論家(と名乗る反軍事っぽい人)の前田哲男の論評にあった一節。ネット上には出てないので、沖縄県民以外はわからない可能性もあり(もしかすると東京新聞か共同通信あたりが話聞いて同様な話が出てるか?)。

「普天間のMV22は輸送機のカテゴリーだが、CV22は攻撃機だ」
(形式のハイフンが省略されてるが、新聞ではこの表記)

嘘ついてますね。あるいは思い込みか。
CV-22は攻撃機ではありません。捜索・救難や特殊部隊の進出・回収に使うタイプの輸送機の一種です。
自衛用に機関銃をつけることはありますが、積極的に攻撃に使うわけではありません。
攻撃できる仕様の機体は、現在はまだ計画やテスト段階です。
ガンシップ型オスプレイ計画(2014年2月16日:週刊オブイェクト)
V-22オスプレイが前方発射攻撃兵器の試験を実施(2014年12月9日:週刊オブイェクト)

まあこの人は日本とアメリカの軍事にはとにかく否定ありきで参考にもならないことが多いのですが、出鱈目まで吐くとかなあ。同じ日のタイムスの記者が書いたとおぼしき記事でもそこまでは言ってないのに。
でもこの矛盾に気付かず、攻撃という言葉に脊髄反射で怒り心頭な人が出る可能性もなきにしもあらず。オスプレイ否定・日米安保否定の結論ありきで見る目を失ってるのでしょうか。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6165-5e4f9de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック