あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
震度5弱以上が連日発生する熊本地震。陸路が寸断されたところも。
救出や物資の輸送に消防、警察、自衛隊、海上保安庁が続々ヘリを繰り出してます。日テレで見たけど、沖縄県警も行ってるね。

そこに、沖縄から行ったのが…普天間にいる、アメリカ海兵隊のMV-22。
そう、オスプレイ。普天間から岩国へ。岩国から熊本空港(高遊原駐屯地)へ。ここや八代湾の護衛艦「ひゅうが」を拠点に物資輸送を担ってます。

このオスプレイの登場に、早速おかしな反応が見られました。
「政治利用だ」
「自衛隊にはオスプレイより輸送力の高いヘリがいるのに、それを使わないでオスプレイか」
「米軍が行く必要はない」

まったく。何を言ってるんだか。
まず米軍が名乗り出てるんだから、断る理由はない。これだけ苦しんでる人がいるのに。
それを政治利用って無粋な。副次的効果はあるかもしれないけど、それをもって騒ぐのはね。「猫の手も借りたい」ということわざがあります。

それと、輸送力が高いヘリというのはCH-47(チヌーク)のことを言ってるんだろうけど…

安心してください、使ってますよ。

その上でオスプレイも投入されてるわけですし、手駒はある方がいい。使ってる機体の点検も必要です。
仮に自衛隊が持つチヌーク(陸と空合わせて70機近く)を全力投入しようにも、各地で何かあった時に対応する機体がいないと困る面もあります。地球規模でみれば、熊本でM7の数日後にエクアドルでM7。国内の違う場所でまた大規模な地震が起きないとは言い切れません。
実際沖縄の陸自第15ヘリコプター隊は、奄美から沖縄本島周辺の離島の急患空輸任務があるので、仮に那覇から全機熊本に派遣して、その時に「北大東島で急患」となったら困りますよね。
(代替で空自の救難隊のUH-60Jを出す選択肢もあるにはあるが)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6679-a45ccfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック