あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
国連の人種差別撤廃委員会などが、沖縄の人を「先住民族」としている件で、与党や政府幹部の中に反論しようという動きが見られます。
これに対し、基地問題での“差別”感情論にとどまらず、廃藩置県や薩摩の侵攻と歴史を遡っての反論がみられます。

沖縄県民である自分から見ると「先住民族?何言ってるの?」です。

遺伝子解析などで沖縄の人のルーツが日本にあるという調査結果が出てます。一方、気候や支配体制、周辺との交流など様々な環境によって文化などに違いがあります。歴史の探求や文化は大事ですね。

ただ、その「民族」を、政治的なところやイデオロギー(アイデンティティーと称するけど実質イデオロギーなものも含む)と結びつけるから、ややこしくなってるのでは?という感じがします。
沖縄で「先住民族」と言ってる側は、基地問題とリンクさせて沖縄差別や植民地支配と言うし、さらに遡って廃藩置県(琉球処分・併合)を不当な行為と訴えたりします。最近は琉球王国がアメリカなどと取り交わした条約を持ち出してくるのもいますね。
そのような人々は意図してないのでしょうが、「先住民族」をダシに政府批判や基地問題の「望む方向での解決(=すべての基地撤去、願わくば自衛隊もいらない)」に向けた運動をしてるようにも見えます。

で、何を欲しているの?
すべての基地撤去?原状回復?日本から独立?
世の中そんなに甘くないよ。その求めた結果が新たな苦難をもたらす可能性もあるよ?
先住民族だから何なの?

沖縄県民ですが、こう思うね。
サイエンス、ヒストリー、ポリティクス、あまりにごちゃ混ぜにすると、見つけようとしたものが見つからないどころか、どつぼにはまることもある。

また、「先住民族」の定義や、先住民族という言葉そのものに対する批判もあるから難しい。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
全くの間違いではないのですが正確には「アイヌは本州人よりは沖縄人に近い。沖縄人はアイヌよりは本州人に近い。」と言う事らしいです。
2016/05/07(土) 01:41 | URL | hide #-[ 編集]
国連人権委員会の開かれるジュネーブは中国、韓国、左翼の聖地らしいです。
2016/05/07(土) 01:45 | URL | hide #-[ 編集]
>正確には「アイヌは本州人よりは沖縄人に近い。沖縄人はアイヌよりは本州人に近い。」と言う事らしいです。

それな、要は旧モンゴリアンである縄文人の血統が本土では渡来人の所為で薄まってて、
”オリジナルの日本人から離れてる”
という話らしい。

…だけど、琉球人は迫害された云々言う人たちって中山世鑑の源為朝伝説は琉球人を強引に日本と同化させるために捏造された伝説だと仰るんですよね。
自分達のルーツは久米村にあるとか言って喜んでるくせに。
2016/05/07(土) 13:30 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
アイヌと沖縄人は似てるとよく言われますが、単純化できないところもありますからね。

久米ルーツを喜び、源為朝伝説を「同化のために捏造された伝説」とかかるのって、何かバイアスかけてる感じですなぁ。
2016/05/12(木) 13:08 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
>何かバイアスかけてる感じですなぁ。

そら、バイアス以外の何物でもありませんよ。
中山世鑑が薩摩支配下で大和派の羽地朝秀が編纂したものだから、琉球人のルーツを捏造するために作られた政治的な文書に相違ないというのが連中の主張ですもん。

だけど、他ならぬその中山世鑑には、舜天王統と第一・第二尚氏の間には断絶がある事が明記されてるし、尚巴志は中国人の家臣の力で琉球を統一したともある。
…これはプロパガンダとしては明らかに不都合な事実以外の何物でもない。

当時の沖縄の人間が知り得た歴史についての情報を可能な範囲で体系的に列記しなきゃああいう内容にはなり得ないのですわ。
2016/05/12(木) 22:51 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
プラス、おもろそうしにも為朝伝説との関係が指摘されてる記述が存在し、これも中山世鑑と同様に平仮名中心で書かれているといった事実を色眼鏡無しに見れば、少なくとも沖縄へは文字というモノは日本本土から伝わったものであり、更に沖縄の”神話時代・伝説時代”は日本本土の鎌倉時代に相当するという事が歴史的事実になってしまう。

…つまるところ、連中は伊波普猷らの沖縄学がこの史実を認めて研究するところから始まっているというのが死ぬほど嫌なんですわ。

だけど、連中の大好きな儒教は名護親方程順則らが薩摩侵攻の後にわざわざ明倫堂作って普及させられた。
…彼らが羽地について展開している論理を逆用するならば、それこそ米兵と商売するニーズからわざわざ尚学院で異民族の言語に他ならぬ英語を一生懸命学んだというのと、連中の大好きな儒教は結局同じ次元の話に他ならないという話になってしまうのに…
という事なんですがね。
2016/05/12(木) 23:15 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6705-06cf8e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック