あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
那覇市の国際通りの、「今見ておけ!」なぐっとくるオールド建築。
前回のネタ以外にも物件のストックがあったので放出しましょう。


平和通り入口横の「焼肉in那覇」。焼肉というより、自分の年代だとゲーセンの「ゲームin那覇(通称インナハ)」という方がピンとくるかも。
ですが、この建物。元をたどれば1950年代半ばの「友寄百貨店」。螺旋階段がランドマークのこの建物は、おもちゃ屋、パチンコ店を経てインナハになった模様。
外壁はいろいろいじってますが、螺旋階段など建物は健在。

インナハの近くの
nanyousougo201605-01.jpg
このステーキハウスも、ぐっとくるオールド建築。
ここ、銀行だったんですよね。復帰前に多数あった相互銀行(無尽)のひとつ、南陽相互銀行の本店。
建物は1960年頃にはあった模様。その後1971年に沖縄銀行に合併され、建物はバッグ店(「なみさと」というとピンとくる世代)などを経て、今に至ります。

nanyousougo201605-02.jpg
この建物、銀行として使われなくなったあとも、建物の上に南陽相互時代の看板ペイント(NANYO SOGO)が残っていたのが、知る人ぞ知る豆知識でした。
ステーキハウスとなって以降上塗りされましたが、うっすらと「SOGO」の文字が見える…

nanyousougo201605-03.jpg
写真だとわかりにくい?

関連記事
コメント
この記事へのコメント
国際通りは古い建物多いですから20年後くらいですと今とだいぶ変わってそうですね
2016/05/13(金) 02:27 | URL | ゆっけ #-[ 編集]
台風だけでなく、地震への備えも求められるでしょうからね。
2016/05/16(月) 21:31 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6714-b6f0ba50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック