あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
琉球放送の放送開始・終了時に流れる、通称RBCソングの新規収録という、全国の放送OP・CL映像マニアにとって気になるニュースがありましたが、映像は5月に入っても更新されず。

それが、新しくなりました。
5月20日早朝確認、放送開始映像(オープニング)です。
映像の用意はできないので、テキストで大まかな説明。

【瀧落としパート】
日の出(雲の切れ間から見える)

日の出を見る人々の映像に、下からにゅっと「RBC」ロゴ。ロゴのサイズは高さが画面下1/3くらい。

でいごの花→別の花に変わったところで
JORR-DTV
UHF14ch/リモコンキーID3/出力1kw
と表示され、アナウンス。

アナウンス中に映像は海辺を経て首里城に変わる。正殿前の龍柱、正殿、正殿内の玉座ときて、なんと瀧落としが最後まで流れずにフェードアウトでこのパート終了。

【RBCソングパート】
豊見城市嘉数の送信所の空撮でスタート。長めのイントロの間にカメラはズームアウト、漫湖や那覇の中心部も映る。

歌い始めの映像は糸満ハーレー。その後アンガマ、パーントゥ、エイサー(国際通りの1万人エイサー)、那覇大綱挽、NAHAマラソンと沖縄の伝統行事やイベントの映像。
那覇大綱挽は新規の映像(隣にできた沖縄タイムスのビルの軒先がちらっと映る)。

海中の珊瑚礁

珊瑚礁の海を経て、〆は慶良間の空撮に、下からにゅっと「RBC」。出方は瀧落としパートと同じ。

全体で約2分。
2016年バージョンRBCソング以上に、瀧落としが途中でフェードアウトされてるのが衝撃。これまではきっちり流れてたんですけどね。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
琉球放送株式会社(RBC)は株式会社大城組の創業者である大城鎌吉氏(故人)が中心となって設立・開局されました。大城鎌吉氏の死後、遺族は生前同氏が保有していた琉球放送の株式全てを株式会社大城組(現在、会社分割で株式会社オーエスジー)に相続税対策の為にやむなく譲渡した経緯があります。
現在、琉球放送株式会社の主要株主は株式会社沖縄タイムス社・株式会社琉球銀行(主要取引銀行(メインバンク))・株式会社オーエスジー・琉球放送社員持株会が名を連ねています。
2016/05/26(木) 04:24 | URL | ガチャピン #-[ 編集]
株式会社大城組の創業者である大城鎌吉氏(故人)はかつて存在していた大宝証券株式会社(平成18年10月に同社と沖縄証券株式会社が合併して、おきなわ証券株式会社として生まれ変わっています。(琉球ホールディングス株式会社(持株会社)の子会社・日本アジアホールディングス株式会社系列)の設立にも深く関わっていました。
2016/05/26(木) 04:39 | URL | ガチャピン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6727-f03d43eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック