あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
5月27日、沖縄県議会議員選挙が告示されました。

翁長知事体制になってからの折り返し点。産業とか、子どもの貧困とか、辺野古とか、いろいろ争点はあります。
しかし、アメリカ人軍属による女性遺体遺棄事件を受け、沖縄での米軍の駐留そのものを争点にしようとする動きも見られます。

それでいいのかな?
いろいろ混同して「海兵隊悪い」「米軍がいる限り」と話をあらぬ方向に飛躍させてるなぁ。

事件発覚前のネタですが、県議選の投票先選びに向けたヒントをご用意しました。

ひと足先に選挙シーズンに突入する沖縄ですが(2016年5月17日)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
どうも、アンケートを見ると自民党系でも辺野古推進・容認派は半分しかいないそうで、産業とか、子どもの貧困とかについても
「自然遺産のためには産業は発展しなくていい」「産業を発展させるなら自然遺産はあきらめろ」
「貧困は甘え、猛勉強してえらくなれ」
というような過激論調な候補者がいない(それこそトランプみたいな感じ)時点で、投票率はなんか最低になりそうな気がします。
2016/05/28(土) 22:22 | URL | からや #/eHZo/AY[ 編集]
自民党沖縄県支部連合会にとっては同党公認・推薦・支持の各候補者(保守系)が苦戦・逆風の嵐に晒されています。アベノミクスが成功させるには保守系の過半数を制さないと厳しい情勢に陥っています。
2016/05/28(土) 22:53 | URL | ガチャピン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6740-38b85431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック