あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
「もしもドナルド・トランプがアメリカ大統領になったら」という想定、世界のあちこちで考えられてるようですが、それよりも世界規模で喫緊の課題かつシミュレーションとなりそうなのが

「もしも英国がEUを離脱したら」

EU加盟の是非を問うUKの国民投票が間近に迫ってますが、継続か離脱かでイギリスの世論は二分され、世論調査で「離脱派優勢」という結果が出ると、ニューヨークや東京の証券市場で株価・指数が下がる程。
世論調査でこれだから、本当に離脱となればどうなるか。EU域内どころか日本、アメリカ、中国も何らかの影響は避けられない。
「消費税10%引き上げ見送り」で正解でした、という展開も考えられます。英国に進出してる日本企業でいうと、鉄道で大口受注得て工場も作った日立はやきもきしてるだろうな。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6768-c266d86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック