あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
噂が浮上しては音沙汰がなくなる「セブンイレブン沖縄進出」。
そうこうしてる間に、国内でセブンがないのは沖縄だけになってます。

ですが、今回は「観測気球ではなく本気か?」な話になってます。
2016年6月29日の沖縄タイムスと琉球新報によると、セブンが進出に向けて沖縄県内の複数の企業と交渉してるとのこと。

現在沖縄にあるコンビニのうち、大手は地元小売企業との合弁によるエリアフランチャイズでやってます。
ファミマ=リウボウ
ローソン=サンエー
エリアフランチャイズの相方を探すとすれば、第1候補はかねひででしょうか。ユニオンや丸大だと小さいし、イオンは沖縄未進出だが系列にコンビニ(ミニストップ)がいるので難しい。もちろん、エリアフランチャイズ方式をとらない可能性もあります。セブンのやり方もあるでしょうから。

弁当・惣菜工場や物流の確保も重要。こちらは「複数の企業とやるのでは?」という観測もあります。
複数の工場といえば、沖縄だとファミマがこの方式でしょうか。弁当のシールを見ると、製造元が「みなと食品沖縄」と「ジーケーフーズ」の2社ですね。ということは業界内前例あり?

交渉しているとはいえ、それがうまくいかない、あるいは破談となる可能性は否定できません。
しかし、ファミマがユニー(サークルKとサンクス)やココストアの大半を買収するなど、業界再編を通じてセブンのコンビニ首位が脅かされる展開になってます。何もしないとは思えません。

とりあえず「本気で沖縄進出するのか」様子見で。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
株式会社セブン&アイホールディングス(7&IHD)の株主として、セブンイレブンの沖縄県進出を株主総会で意見を述べる度に経営陣に粘り強く要請している所です。
出来る限り働き掛けて行きたいと考えます。
2016/07/04(月) 22:43 | URL | ガチャピン #-[ 編集]
沖縄2紙の一報のあと、社長が産経新聞でのインタビューでも言及してたし、動いてるのは確実でしょうね。
問題はセブンの“流儀”が通じるか。セブン銀行のATMはいくつかあるけど、これまで沖縄で使いどころがなかったnanaco推しは、EdyとTポイント天下な沖縄では苦戦必至。
2016/07/06(水) 22:58 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
地元FCに金秀商事株式会社を提携先として水面下で、目下詳細な内容について協議が行われています。
2017/02/22(水) 06:43 | URL | ガチャピン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6792-d8d661d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック