あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
ベトナムやフィリピンなど周辺の国々が環礁とその周囲の水域をめぐって対立している、南シナ海の南沙諸島(スプラトリー諸島)。
その周辺国の中でも、中国は環礁すべてどころか南シナ海を丸ごと自分のものと振る舞い
○フィリピンから環礁を奪う
○フィリピンやベトナムの漁船を追い払う
○人工島を構築し兵器を配備
とやりたい放題。
これにしびれを切らしたフィリピンが、国連海洋法条約に基づき常設仲裁裁判所に訴えました。

その結果は
「中国に法的根拠はなく、国際法に反する」
フィリピンの主張が認められる、中国に非常に厳しい内容。

中国は早速「無効」「判決は紙くず」と反発してます。反発は予想できたけど、ここまで言うか。
正当性に自信があるなら仲裁裁判所に出て主張なり反論なりすればよかったのに、それすら拒んでこの結果。因果応報(某コミック的に言うとインガオホー)。

今回はフィリピン側の争点設定が上手いという指摘(「週刊安全保障」2016年7月16日放送)もありますが、フィリピンは提訴時と現在で大統領が変わり、新大統領は中国との交渉に前向きなのか強気なのか読めないところも。今後のフィリピンの動き次第では、「仲裁裁判所への提訴は何だったのか」にもなりかねない要注意なところです。

さて、中国の反発には日本を標的としたものもあります。「判事の人選は日本の右翼が主導した」とか。言いがかりは程々にしないと。
さて、この流れから中国が尖閣や沖ノ鳥島にいちゃもんをつけて常設仲裁裁判所に提訴するなど「南シナ海の仇を日本で」な展開があるのか。
中国が沖ノ鳥島に難癖をつけるには、今回の判決を受け入れないといけないという、中国にとってのジレンマがあるとのこと。(海国防衛ジャーナルから)

中国の振る舞いを見てると、1930年代の日本のようです。時期的にはリットン調査団の報告が出て、日本が国際連盟を脱退する直前あたりかな。中国が国連海洋法条約を脱退するという噂もあります。
国連の常任理事国がリスクのある条約脱退までやるのか?とも読めますが、そのまさかが起こるのが国際関係。一触即発なのか、無限の緊張が続くのか。
あるいは、戦争が起こるのか。

戦争は何としても回避を。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6819-b582d5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック