あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
約50分の間に40人以上を殺傷、19人死亡ってねぇ。死者数で平成最悪、戦後でも最悪クラスの殺人事件が、神奈川県相模原市の障害者福祉施設で発生しました。
19人死亡って、外国が見たらテロ発生かと思うな。でもテロではない。

被害者は入所してる障害者。犯人はかつてこの施設で働いてた男。
犯行理由がおぞましい障害者差別。
障害者施設で働いてたのが、なぜ障害者差別に走ったのか。
薬物絡みの話も浮上してます。

いろいろ闇が深い凄惨な事件。
施設の警備とか薬物・精神疾患の措置入院だけではない、もっと別の、障害者差別防止の教育とかそういうレベルの対策も必要だけど、最終的にはひとりひとりの「心」の問題になるのかな。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
今のガキはすぐきれい事を言う
あれは嘘なんだなって思いますよ

国のためとか世の中のために働くなんて簡単に言っているけど
働くのは自分の生活を成り立たせるためだけでしかない

他人のためなんていうなら
無休・無給・ボランティアでいいだろって思いますね

きれい事ばかり蔓延る世の中はどうなのかとすら思うわけで…

9条で平和なんていうのも
きれい事の最たるものなわけですよ
2016/07/30(土) 12:33 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
字義通りに解釈するなら、「テロに見えたかもしれない」じゃなくてテロそのものでしょうね。
テロというのは人殺しを政治の手段として積極的に用いる事であり、この犯人はこの国の仕組みを優性論的に換える事を狙ってコレをやったと自称してるのだから。

ただ、コレは子供のきれい事とはまた違う話なんじゃないのかな?
加藤諦三の「不機嫌になる心理」という本にこういう一節がある。
==========
 従順な人の中にも支配欲の強い人がいるということに気づいている人は少ないようである。従順というのは、意識と行動の世界であり、無意識においては人以上に支配的かも知れない。ということは、その人は相手に従順に行動することによって、心の底ではものすごい欲求不満になっているということである。
 相手の言う事にハイハイと従順に従いながら、心の底の無意識の部分では、猛烈な反感を感じているかも知れない。しかし、依存心の強い人は、感じているように感じるということはなかなかできない。
 従順な人は、その猛烈な反感を、日々、心の底に抑圧しているのである。これでは神経症にならない方がおかしい。心の底で殴り殺したいほどしゃくにさわっている人間に対して、ニコニコと笑顔で接し、行動は卑屈なほどペコペコしれいれば、たいていの人はおかしくなるだろう。しかも自分は、相手に煮えくり返るような憎ししみの感情を持っているということを知らないのである。
==========
…こういう心理にドラッグが絡めば、こういう事はいずれ発生し得るのではないかな?

”献身的な自分”に陶酔したいが為に、必要以上に献身的に、自己犠牲的に行動してしまう、そしてそのタテマエに自分自身の心が悲鳴を上げているという事に自分自身ですら気付けないというのは、介護業界に限った話ではなく人間社会に一般的によくある話ですよ。

しつけと称して自分の血の繋がった子供に対してすら、己の最も低次元な攻撃欲・破壊衝動にの命じるままに常軌を逸した私刑を加えてしまう心理も根底にあるのはまさにコレだろうしな。
2016/07/30(土) 20:40 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
きれい事だけではどうにもなりませんからな。ハインフェッツさんのおっしゃる「心の悲鳴」はいろんなところに潜んでるでしょうし。
2016/08/02(火) 21:10 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6833-cc9cc32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック