あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
地元で展開される反基地の運動と、それをめぐる報道と反応を見て思うのが、「市民」という言葉の使い方。

反基地派やそちら寄りの立場で発信する側は、反基地派を「市民」と称するのをよく見ます。容認派や反基地派を批判する側は、あまり「市民」とは言わないですね。

さて、抗議行動の中心が辺野古から高江へシフトして目につくのが、「市民」に対する違和感。
現場は東村高江。「村」なのに「村民」ではなく「市民」というのが違和感であり、反対運動をしてるのが地元ではなく外部の人間…というのを強調させてるのでしょうか。辺野古だと「名護市」なので目立たなかったのかな。

その自治体の住民という意味では、「市民」は違いますよね。東「村」ですし。
ただ、市民という言葉は「○○市の住民」と限定せずに広い意味で使うこともありますから、そこまで目くじら立てる程ではないかな、とも思ったり。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
高江は、疲れています。マスコミによる情報操作。座り込みは区民はいません。琉球新報のアンケートによる8割反対も魔女狩りのようなアンケートで容認の態度が出せない状況です。
なんでもいいから早く工事を終わらせてこの現状を終わりたい。
全国から集まった反対の人たちも意見が割れていて統制がつかないから反対する方向性が見えない。
2016/09/01(木) 21:23 | URL | #-[ 編集]
そこで生活してる住民を省みない反対運動は、どんなに「正義」を掲げていても厄介な面がありますね。

新報の「反対8割」が魔女狩りのようなアンケートとは興味深いです。差し支えなければ、どのようなものか教えていただけますか?
2016/09/06(火) 01:03 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
150人の集落(戸数は100戸も無い)で一戸一戸アンケートに廻ったら、住民は隣近所の意見が気になるものです。反対は、ベターな回答です。(新報が望む)誘導も・・・。

2016/09/06(火) 22:11 | URL | #-[ 編集]
狭い集落、1戸1戸回ってたらおっしゃるように人の目が気になりますよね。
設問が誘導になってるか以前の問題ですなぁ。
2016/09/07(水) 22:45 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6884-aecd20a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック