あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
北朝鮮が、潜水艦から発射する弾道ミサイル(SLBM)の試験に成功した模様です。
ミサイルは500km程飛んだとされてますが、高く打ち上げる「ロフテッド軌道」方式なので実際は1,000km程度の射程はあるともいわれてます。

さて、このニュースを聞いて思ったのが、アメリカを狙う位置までどうやって出るのか。
北朝鮮の、弾道ミサイルを発射する潜水艦の基地は日本海側にあるので、外洋に出ようとすると日本の監視の目にかかります(当然アメリカも動くでしょうし、対馬海峡側には韓国もいる)。今のミサイルの推測される射程を考慮すると、大陸側やハワイではなくグアムが目標としても、かなりの航続性能が求められます。

では、狙いは何か。

今回を足掛かりに潜水艦、ミサイルともに高性能化する方向性。
アメリカ本土を直接攻撃できなくても、日本の米軍基地や韓国を狙えれば、アメリカへ相応のメッセージになるという判断。

日本や韓国を狙うのであれば、潜水艦の行動範囲が日本海に限定されていても必要十分。これを無力化するのは、固定式発射台やミサイル搭載車両よりも難しくなります。迎撃するとしても、それなりに対処が難しくなる可能性があります。

結構厄介な話です。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
や、案外数年前に日本の核武装論者が抑止力に使う事前提で日本が核武装するとしたらミサイル潜水艦だとか言ってたのを鵜呑みにしてるんではないのかな。
2016/09/02(金) 22:26 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
UKやフランスも、現在は地上発射の弾道ミサイルは持たずにSLBMを核戦力の主力にしてますからねぇ。(加えてフランスは核弾頭巡航ミサイルもある)
2016/09/06(火) 20:18 | URL | 管理人昌哉 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6886-b59eb6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック