あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2017年度・平声29年度防衛予算の概算要求案と詳細が公開されました。
試作されながらも採用されなかった艦対空ミサイル「XRIM-4」の復活か?(いや違うだろ)と話題の新艦対空ミサイルや新型潜水艦が注目を集めてますが、こちらは沖縄なので、沖縄絡みに着目。

沖縄絡みの注目どころは、何といっても陸上自衛隊の2つのミサイル案件。
ひとつは既に第15旅団に配備されている03式地対空誘導弾の改良型。
jgsdfnaha2014-03sam-01.jpg 
(写真はこれまでの03式)
いわゆる「03式改」ですね。既にテストが進められていたものが、今回取得となりました。

もうひとつは、地対艦ミサイル。88式の後継となる12式地対艦誘導弾が登場してますが、早速改良型の開発に着手です。概算要求の詳細が公開される前に、射程を大幅に延ばした地対艦ミサイルの開発に着手か?という報道もありました。その射程は「石垣島から尖閣あたりを射程に収めるもの」だそうで。

さらっと書いちゃいましたが、この2つのミサイルは、沖縄とも関係があります。
宮古島と石垣島への陸自部隊配備計画は、警備隊以外に対空・対艦ミサイルも伴うものです。しかも開発に着手する対艦ミサイルは「石垣島から尖閣あたりを射程に」という報道もあり、この通りならまさに宮古・石垣配備ですよね。
また、宮古島での部隊配備に向けた予算も概算要求に組み込まれてます。(石垣はもうちょい調整が要るかと)

開発や配備など、今生活しているこの島を守る存在となりうる存在なだけに注目ですね。
「配備すると狙われる」という反発もありますが、「沖縄に手を出させない」という意味で重要な要素のひとつですから。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6892-2b4f41a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック