あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
大統領選の頃は「フィリピンのトランプ」と言われながらも、当選・就任したドゥテルテ大統領。
国内では早速凶悪犯罪や麻薬密輸の容疑者を射殺と、ダバオ市長時代ばりのことやって、射殺は嫌と自首する人も続出とか。

でも、即射殺はやり過ぎだろ!と国際社会や各方面から批判されます。すると…
「国連脱退するぞ」

アメリカのオバマ大統領との会談が設定されたものの…
直前に侮辱発言やらかして会談中止。

何を思ったのか突然「米軍出ていけ」

いやーいろいろ度が過ぎてますわ。
官僚やドゥテルテ以外の候補に投票した国民の心中はいかに。と言うか現職に投票した人の中にも後悔する人がいるのかな?

ドゥテルテは何がしたいのか
フィリピンはどこへ向かうのか

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6909-99dc7caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック