あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
9月29日の沖縄の地元2紙で報じられた、米軍北部訓練場のヘリパッド移設に反対する人々が「機動隊にロープで縛られた」と訴えた件。

ロープで縛ったとだけ聞くと「機動隊酷い!」「ひとでなし!」「人権侵害!」と脊髄反射な反発をする方もいるでしょうが、問題は縛られた場所。

訓練場内

不法侵入してますよね?
(県警の説明だと「伐採する木が落下し当たる危険性があったので、ロープを使い安全な場所に移動させた」)

ゲート前で抗議
工事車両を阻止しようと道路を車で封鎖
リアル住民の生活を阻害、反対派批判が沖縄タイムスにも取り上げられる
反対派、車が通る空間を確保
反対派、勝手に検問まがいな行為をしてトラブルに
ついに訓練場に侵入
縛られたと訴えるが、現場は訓練場内

刃物や銃火器、爆発物を使わないだけで、反対派は過激化・尖鋭化してるよね。
何が「市民」だよ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6927-8a7d7fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック