あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2020年の東京オリンピック・パラリンピックをめぐる課題のひとつ、ボートとカヌーの会場。

膨大な工事費用のほかに、競技に影響する風の問題もあり、代替場所として宮城県登米市のボート場が浮上、現地は既に期待を膨らませてます。
ただ、遠い。それではと埼玉県戸田市(競艇場…ボートレース戸田ではない)の案も浮上してます。

宮城県での開催も遠いと指摘されてますから…

「沖縄で空手をやろう」なんて、とんでもない話ですよ。

五輪の競技で空手が採用され、しかも国内開催。ここはぜひ空手発祥の地でやろう!と、県や経済界が動いてるところです。
確かに気持ちはわかります。
でもねぇ、宮城でボートやるよりも遠いよ。
東京と期待して来たアスリートが飛ばされる心境は?
会場、運営費、宿泊は?
費用については「辺野古基金」を全部取り崩して流用しても足りないはずよ。

そのへん、わかってるのかな。
競技開催ができなくても「直前のキャンプ地として沖縄を使って」という考えもあるようですが、これならまだ現実的かも。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6947-b4df4803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック