あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
「土人発言」の話が続きますが、今回は別視点で。

東村高江地区の北部訓練場内で進められている、ヘリ着陸帯(ヘリパッド)の工事。そこの警備にあたる機動隊員、顔を隠すアイテムは用意されてなかったのかな?
辺野古(普天間基地の代替施設の現場)では反対派が警備の人の顔写真撮って個人情報収集して本人や家族への嫌がらせがあったというなら、その対策をしてもいいはず。サングラスと風邪引いた時用マスクでもOK。

もしかして、沖縄県警ではない応援要員だから、というのもあったかな。
(県外から呼んだ背景には嫌がらせがあったともいわれてるが、真相はいかに)
でも、今回の「土人発言」「シナ人発言」を受けて、沖縄で抗議してる勢力に同調してる人が、当該機動隊員のホームの大阪でも抗議してるから、何されるかわからん。

とりあえず警備側で必要な対策は
○サングラスとマスクで顔特定防止
○名前がわかるものは着用・装備・所持しない
○基本喋らない
○喋る人はマイク持ちなどに限定
でしょう。これは素人目で必要かなと思ったものなので、プロにはプロなりの対策もあるはず。

実際、反対派側で「警備員が暴言を吐くように、暴力を使わせるように煽る」方法を促す東京大学教授がいますからね。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
>とりあえず警備側で必要な対策は

それ、集約していくとパワードスーツ装着して暴徒鎮圧兵器装備したストームトルーパーになりそうな悪寒
反対派が暴行された云々と裁判起こそうにも、パワードスーツにドラレコ的なカメラが装備されてるので証拠はなんぼでも出てきまっせとかな。
2016/10/28(金) 18:06 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
パワードスーツとまでいかなくても、ウェアラブルなカメラも欲しいね。
2016/10/30(日) 12:11 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/6970-31204917
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック