あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
萩生田光一官房副長官の「田舎のプロレス」発言。
切り取り言葉ではなく、発言の流れを見て、「これはどっちかっつーとあかん方の発言やろな」、という感想。

発言の本旨となる、野党のやり方に対する批判。ありゃ茶番だよなぁ、と思うものもあります。
ですが、それを「田舎のプロレス」と表現。
日本の野党は問題課題と関係ないレベルのものまで、それこそ“当たり屋”のように言葉尻つかんで大騒ぎしますし、それをマスメディアが煽る構図になってますから、要注意ではあります。

あと、プロレス視点からだと、茶番と言われるのをよく思わない人もいるはず。
相手の技を受けるとか、ロープワークとか、果ては「ブック」まで。でも、それらを超越した何かがあるから、プロレスは楽しいし興奮できます。それを単純化されちゃうとね。
あと、ローカル地盤でやってるプロレス団体も多数あります。みちのく、大阪プロ、九プロ、琉球ドラゴン、仙台女子…。「田舎のプロレス」を揶揄表現で使うと、それらの団体にガチンコ挑むような感じも。

さて、この発言に対して政界内から
「俺と勝負するか?」

文部科学大臣が元プロレスラーだったw

萩生田さんは馳大臣のジャイアントスイングで禊を…と言いたいところですか、Don't try this at Homeでしたねw


関連記事
コメント
この記事へのコメント
他の所でも田舎、プロレスに失礼という発現有り
共産、民進党への擁護は信者以外無し

連合も距離を置き始めたからかワイドショーなどでも歳費の無駄使い扱いされているし
採決のテレビの画像
野党のみが議長の周囲で恫喝&プラカードで隠す
これで与党の強行採決と主張されても野党の駄々ゴネにしか見えない
自民が受けてくれないからプロレスにもならないのは確か
2016/11/26(土) 07:29 | URL | 愛知の名無し #-[ 編集]
はいさーい

表現は雑だけど的確に言い表しているから問題はないですよ

R4
『これからは対案出していく』なんて大見得切ったのに
やってることは左翼丸出しの『足引っ張り』

民進党なんて国民の大多数は信用に値しないって結果が出ているのに…

民進党(旧民主党)は所詮田中派なわけですし
バックに特定アジアがついている事も
今の世の中では国民の大半が知っていることですよ

野党共闘なんていうけど
左翼+旧田中派という事がバレているからこそ
国民受けしないんですよ
2016/11/26(土) 12:23 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
…いや、あたしゃやっぱり"プロレスラーに対して失礼な方"だと思う。

プロレスラーってストーリーありきで殴り合いするにしても、怪我をしないように、客を盛り上げるようにってところで非常に努力されてるのでしょう?

だけど、民進は最早ヒールとしての役割すら果たせてない。
毎度毎度特大のブーメランを投げる前から自分の頭に刺して出て来てますもん。
だから結局客の方もR4の飼ってる犬猫がノラより痩せこけてる、家庭内大躍進政策でもやっとんのかいなというネタで盛り上がることになる。

そこへ持ってきて暗殺でもない限り来年の世界は安倍とトランプのツートップで内定となりゃ、連中には結局ランズベルク伯並みの末路しか無いわけで。
2016/11/26(土) 19:09 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
はいさーい

やっぱり足引っ張りしか出来ない民進党
http://www.sankei.com/politics/news/161128/plt1611280013-n1.html

これで有権者の誰が信用するんでしょう?

だからといって安倍チャンを無条件万歳でもないですよ

北方領土問題
地政学で見れば絶対に返す気なんてない
プーチンは12月に『ただ食い旅行』として来るだけです
2016/11/28(月) 14:34 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
「○○じゃねーか」と批判や議論はありですが、今回はプロレス業界に火種投げ込むようなことをやったのがひっかかりポイント。
実際反発は政界よりもレスラーが目立ってますし。

北方領土については過大な期待はしてないですね。ハードルは高いので、次世代も視野に入れて気長に。
2016/12/01(木) 02:25 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7014-374d87e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック