あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
5月に続いて、“沖縄”が冷静さを失う事態が発生しました。

14日17時までに入った情報を整理すると…

13日夜、米軍のMV-22オスプレイ輸送機が、名護市の東海岸、安部付近の海上に不時着。
乗員5人全員救助、うち2人けが。
機体は大破。
米軍の四軍調整官の会見によると、夜間の空中給油訓練中、ホースか何かとオスプレイのローターが接触し損傷、陸地を避けて飛行してたが、着水したとのこと。

普天間基地(飛行場)にオスプレイが来て初めての、国内での重大事故です。
不時着なのか墜落なのか、報道でも表現が分かれてます。
ただ、沖縄にいると
「不時着」と言うと基地反対派に叩かれ
「墜落」と言うとネトウヨに叩かれ
…そうで、まともに意思表示がしにくい。

ただ、確実に言えるのは、12月14日の琉球新報が常軌を逸したゲスであるということ。


発生から間もない、原因もわからない段階で欠陥機と決めつけた上に「やっぱり落ちた」
記事の中で誰かが言ってるわけでも、記者がそう書いてるわけでもないのに、見出しで「やっぱり落ちた」
琉球新報はオスプレイの事故を待ち望んでいたのかと言われても仕方ない。

このほかのメディアにおいても、冷静さを失う可能性はあるので要注意。
ここ数年、オスプレイをあからさまに欠陥機と言うのは琉球新報ぐらいだったけど、何か吹っ切れて「欠陥機だ!」と言うかも。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
昨日の中京テレビの夕方ニュースでもアナウンサーが嬉しそうに“あの有名な配線ミスの映像”を流して開発段階から不安定な機体と言っていました
無論なぜ機体が揺れていたのか説明なし
事故率で突っ込まれ、騒音ガーと抗議して実機が来て苦し紛れに聞こえない低周波ガーと抗議
今回の事故はよっぽど嬉しかったのは沖縄以外のマスコミも同じ模様
あれだけの破損でも死者が出なかった事の評価もけが人への労わりの言葉も無し
T-2ブルーやメンターの事故での自らを犠牲にしても民家への犠牲を防いだPへの哀悼の言葉も無かったマスコミには期待するだけ無駄か
2016/12/15(木) 09:54 | URL | 愛知の名無し #-[ 編集]
はいさーい

もう冷静さなんてとっくの昔に失ってますよ
『自分たちに都合よく報道する自由』を発動してますし…

ASKAの動画流出の真相も
http://www.buzznews.jp/?p=2104643
バレちゃいましたし

『自分たちに都合よく報道する自由』があるのは
間違いないですよ
2016/12/15(木) 12:32 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
▼満潮で機体が水没する「着水」ってあるのだろうか。交通事故を起こした運転手が、車が大破しても「衝突ではない」と言い張っているのと同じ珍妙さだ
http://ryukyushimpo.jp/column/entry-411945.html
琉球新報がハドソン川の奇跡をどう記載してたか気になる
2016/12/16(金) 00:50 | URL | やっほい #-[ 編集]
>配線ミスの映像
以前あの映像を流して不安定だの欠陥だの煽る人に直接指摘したことがありますが、開き直ってましたね。ありゃ「オスプレイ危険欠陥教」の宣教師ですわ。

>都合よく報道
最近は大手マスコミも生ぬるいとさらに過激にやるところもありますからね、仁尾某とか岩上某とか。

>ハドソン川の奇跡
琉球新報をはじめ沖縄のマスメディアの記者やデスクはナショジオのメーデー!シリーズを見るようにw
2016/12/17(土) 21:52 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7048-381bd57e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック