あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
航空自衛隊那覇基地「美ら島エアーフェスタ」2Days

那覇はほかの空自基地と比較して、かなりのトラフィックを1本で遣り繰りする分、飛行展示に制約があります。この2日間も
10日:午後3時過ぎにブルーの予行、日没後F-15ナイトフライト
11日:午後2時に各機飛行、その後ブルー本番
というものでした。

しかし、2日間とも予定以外の時間帯に戦闘機が飛びました。
サプライズでもやったの?…いえいえ、ガチな話。
スクランブル(緊急発進)。

nahaab20161211-scramble52-8951.jpg
写真は11日のスクランブルから帰投した第204飛行隊のF-15J(機体番号52-8951)が飛行展示準備中のT-4の背後を通過。
主翼下のミサイルは、訓練弾ではありません。
大事なことなのでもう1度。訓練弾ではありません。

しかも、このうち10日は、本島と宮古島の間を中国の戦闘機や爆撃機など8機が通過、統合幕僚監部が報道発表をする程の大掛かり案件。

これまでも、那覇基地エアフェスの最中に飛行展示以外の“任務”なフライトはありましたが、それらはP-3CやYS-11EB、E-2Cなどの哨戒・監視・情報収集といったもの。戦闘機のホットスクランブルは那覇では聞いたことなかったね(ほかの基地だと祭りの最中スクランブルの事例はある)。

祭りの合間に見えた現実。
沖縄の一部を我が領土と言って憚らない国がいて、動いている現実。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7049-a008110c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック