あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
阪神淡路大震災から22年。
この間にも国内では大きな地震が発生しています。
大津波を伴い死者1万人超。
48時間の間に震度7が2回。

経験は生きてるのか。
緊急地震速報や自衛隊への災害派遣要請手順など、各方面で生きてますね。

ハードやソフトでは進歩してますが、各人の心構えや意識も重要かと。
緊急地震速報が“空振り”で終わっても「またはずれかよ、あてになんねーな」ではなく、無事でよかったという意識。
混乱に乗じたデマに対する注意。
特にSNSなど個人の情報発信手段が進化した現代は、これまでと違うノウハウが求められてるのかも。

災害の復興に関しても、経験は生きているか。
東日本大震災に関しては、原発に絡めたデマがぞろぞろ(中には反原発・脱原発派が煽ってるものもあってたちが悪い)。
22年経った神戸。見た目は復興してるけど、淡路島や阪神エリアなど被災地全体や、生活、産業など目に見えにくい課題もあるはず。

だからこそ、経験を生かして、一歩前へ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7103-a7249b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック