あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
アメリカと韓国の軍事演習へのサインか?と最初はみられていた、3月6日の北朝鮮の弾道ミサイル発射。しかし、北朝鮮の報道で一変しました。

北「在日米軍攻撃部隊が参加した」

これまで韓国やアメリカを脅すことが多かったのが、今回は日本も標的にしてます。
撃ったミサイルは4発で、飛翔距離は約1,000km。そのうち3発は秋田沖のEEZ内に着弾。
今回はスカッドの射程延長型「スカッドER」では?と韓国軍が分析してます。今回の飛翔距離で在日米軍を攻撃するなら、三沢や沖縄には届かず横須賀はぎりぎりですが、岩国や佐世保は狙えます。ただしこれがノドンなら沖縄以外ほぼ射程圏内となり、テポドンやムスダンなら沖縄も攻撃できます。

日本を飛び越えたり同時複数発射の事例は過去にもあります。しかし、今回は比較的統制された動きで全弾飛んでるので、北朝鮮がかなり能力をつけているのがわかります。
弾道ミサイルに関して、以前から国連の経済制裁がなされてるのですが、着々とミサイル戦力を強化している北朝鮮。外交交渉もらちがあかない。ここまで来ると民生部門も制裁対象に含めて容赦なく締め上げるか、軍事オプションも検討が必要でしょうか。
ただ、軍事オプションは中国が嫌がるな。攻撃の末に北朝鮮が崩壊し、韓国主導で朝鮮半島が統一されると、米軍のいる国と国境を接することになるから。

さて、日本はミサイル防衛のさらなる強化、例えばTHAADや“陸のイージス艦”イージス・アショアの導入も検討されるのでしょうが、複数発射時の指揮管制能力や情報収集の強化も必要でしょう。そして、「元から断つ」攻撃能力も考えてはどうかな、と。
現在は攻撃役は日米同盟で米軍の役割となってますが、もしもの事態もあるはずですし。

ですが、 1番いいのは戦争にならずに問題解決。様々なアプローチを。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7173-1f821ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック