あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
突発の大きな出来事が発生して、NHKや各キー局が軒並み緊急報道特番をやる中、予定通りの番組を放送する、我が道を往くテレビ東京。それは「テレ東伝説」ともいわれ、緊急特番をやると騒がれる程。

「テレ東伝説」の話やその背景は脇に置いといて。

今日は2017年3月11日。東日本大震災から6年。
各局とも発生時刻の14時46分(午後2時46分)をまたぐように報道特番を放送しましたが、テレ東は違っていた模様。テレ東なら「いつものことか」です。
しかし、沖縄で予想外の事態が。

2017年3月11日
沖縄のテレビ局の14時46分をまたぐ番組(Eテレ除く)
NHK:東日本大震災6年特集
沖縄テレビ(OTV、フジ系):日本を襲う巨大地震 忘れていないか3.11
琉球朝日放送(QAB、テレ朝系):Jチャンネルスペシャル・東日本大震災から6年
琉球放送(RBC、TBS系):好きになった人15・本気告白スペシャル(日テレ特番の遅れ放送)

どうしたRBC?
TBSの特番やるもんだと思ってたら、ガキ使「笑ってはいけない」の分割放送が土日ではなく日曜・月曜なのもこのためかと思ってたら、まさかのテレ東状態。
TBS系の報道番組は基本的に、全系列局で同時に放送する縛り、いわゆる「JNN協定」があるので、普通に考えればこんな編成はできないはず。協定では遅れ放送や放送しないのはNGですから。
TBSは特番を放送していたとの情報が入っています。もしかすると、特番にJNN協定の縛りがかけられてなかったのか?


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7176-b3a5daff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック