あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
沖縄の基地反対運動の主要人物のひとり・山城博治(沖縄平和運動センターの議長)が、逮捕後長期間拘束されていた件。
初公判の翌日、2017年3月18日に保釈されました。

いやぁ、長かったね。自分は拘束長引かせるよりも早く裁判しようよと思ってたのでね。
白黒はっきりつけた方がいいでしょ。
それに、あまりに長引くと、「抗議行動の弱体化を狙ってる」の難癖を越えて、基地反対派の中で、山城被告が“神”に祭り上げられ、よりややこしく、活動が先鋭化しないかという懸念がありましてね。今でさえ基地反対派は「外国にチクる」行為を繰り返しており、そこにプラス神格化では、先鋭化した時の過激さが増してしまう可能性があるから。あ、もしかして神格化してる人いる?
ネルソン・マンデラやアウンサン・スー・チー、キング牧師などと同列に神格化なんておこがましい。そういえば新聞の投書欄で「山城博治を沖縄県知事にして日本から独立しよう」なんて暴論もあったな。

ちなみに、今回の保釈。一部反対運動関係者との接触制限があるそうな。公判中の身だから、ある程度の制約は生じるものかね。まあ、以前大きな病気した身ですから、ここは無理して辺野古に行くよりは静養だよね。

とりあえず、白黒つけてもらいましょ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
>山城博治を沖縄県知事にして日本から独立しよう

ですか。ミャンマーだってどうなるのかわからないのに。

そういえば沖縄で尚巴志王のドラマを放送しているようですね

過去を守り伝えるのはいいことですがそれにとらわれるようなことはやめていただきたい。たぶん杞憂に終わるとはおもいますが反日じゃないですよね。
2017/03/22(水) 09:44 | URL | umigarasu #-[ 編集]
はいさーい

正に左巻が嫌がる『共謀罪』

暴力運動を法律で取り締まられたら困るわけで(爆)

戦争反対といいながら
暴力革命を正当化するために
明らかに間違っている『弱者の論理』を持ち出すという…

良い意味での『若者の左翼運動離れ』という奴ですよ
(志位るずはそういう免疫がないため洗脳されちゃったアレな連中)

大体『学校で特定の思想を押しつけるな』って言う割に
“平和ボケ・お花畑思想”を植え付けようとしているのは
『どこの誰やねん?』って前から思ってますよ
2017/03/22(水) 13:11 | URL | 南栗橋車両管理区荒川支所 #1KEPZEsI[ 編集]
>そういえば沖縄で尚巴志王のドラマを放送しているようですね

話は変わるが、清盛あたりから日本の時代劇もなんかキャラクターが皆小汚い感じに設定されてるのが増えてきてあたしゃ閉口しとるんだが、ありゃ一体何なんでしょうね。

…というのを先週の第一回見て思い出した。
あれ、大体一定の傾向があるよね、主役クラスでも髷は汚い、農民は無地の麻袋みたいな変な服を着ている。

相手がテレビじゃなくて梨園だったらあんなもん用意した日には普通に出入り禁止喰らうと思うんだけどな。
2017/03/22(水) 19:17 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
>ネルソン・マンデラやアウンサン・スー・チー、キング牧師などと同列
>山城博治を沖縄県知事にして日本から独立しよう



低能がくだらない寝言を吐くのは勝手だが、沖縄賢は日本の領土なので。
2017/03/22(水) 19:39 | URL | 嫌沖 #-[ 編集]
趣旨とは離れますが、ゴールデンで連続ドラマとは、琉球放送の制作能力がここまで上がったかという感じですね。
放送だけは独立局気分。
しかし、現在放送法改正して東京キー局直接ネット配信を合法化しようという動きもあり、またローカル局は本当はスポーツイベントや公営ギャンブル中継などで独立局としてもやっていかないといけないという声もあり、独立論と結び合わせるのは問題ですね。
2017/03/23(木) 21:40 | URL | からや@今本土 #/eHZo/AY[ 編集]
ミャンマーでさえ民主化後のスー・チーには「はいぃ?(©杉下右京)」って反応になるから、山城担いで知事にしたところでどうなるか。

巷で言う“共謀罪”、基地反対派も反発してるようだけど、それ関係なしにあかんことしてるんじゃないですか、と。

尚巴志ドラマについては全編通しで見られなかったんで、話の筋については何も言えないけど、確かに時代劇の「小汚ない」はあるかも。
ただ、ドラマ自体は今後に向けたコンテンツを作る力の強化もあるでしょうね。
2017/03/25(土) 02:41 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
>尚巴志ドラマについては全編通しで見られなかったんで、話の筋については何も言えないけど、

いやな、第二話までざっと見た感じ予算不足の所為なのか、それとも思想的におかしい奴が脚本書いてるのか、
「降って湧いたような北山最強説」
ですわ。

…史実の尚巴志って、めきめきと頭角を現しつつあれど、南山王に取って代わるほどでもない一按司だった時代に、無謀にも当時三山最強の中山に喧嘩を売ってなんと勝ってしまうというところが面白いのに、そこがナレーションでさらっと流されて、どうも最終話になるらしい次週で攀安知を倒して千代金丸を貰い受けに行く話になるっぽい。

こりゃ、信長のドラマで桶狭間撮らないってレベルですな。
本当に何を撮りたかったのやら。
2017/03/25(土) 19:13 | URL | ハインフェッツ #-[ 編集]
武寧よりも攀安知との戦がメインって…。面白いと作り手が感じたポイントが違うんでしょうかね。
中山以外にスポットライトを当てるにしても、三國志的な構成ではなく尚巴志中心ですから、どうしたものか。
2017/03/29(水) 13:17 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7193-454da229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック