あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2017年のホワイトビーチフェスティバル。艦船の展示は護衛艦せんだいと掃海艦チーフ(アメリカ)でした。

4月23日13時35分頃、ホワイトビーチに向かってくる船の姿が。
wbfes2017_ags5105nichinan01.jpg 
せんだいの艦尾で見張りをしていた自衛官、来場者の指摘に「掃海艇じゃないかな?」
ここ勝連が母港の掃海艇、この日は港内に不在でした。「帰って来たのかな?」

しかし、それは掃海艇ではなく“レア物”でした。
wbfes2017_ags5105nichinan02.jpg 
海洋観測艦「にちなん」。艦番号AGS-5105。
海流、海底の地形や底質、潮流、地磁気、水質など、各種作戦に必要な海のデータを調査する艦で、海上自衛隊には「わかさ」「にちなん」「しょうなん」の3隻かいます。3隻とも外形が違うので、これは「にちなん」と判別できます。

wbfes2017_chief-nichinan.jpg
掃海艦チーフ越しに、にちなん。入港しましたが桟橋に接岸せず沖合いに待機。

wbfes2017_ags5105nichinan03.jpg
にちなん搭載のボート(内火艇)がホワイトビーチに。

wbfes2017_ags5105nichinan04.jpg
艦尾のクレーンを動かすにちなん。

wbfes2017_ags5105nichinan05.jpg
「あたご」や「いずも」ならビッグなサプライズゲストですが、これまた通好みなサプライズゲストですねw
※ちなみに、その頃、沖縄の東の海上には空母「カール・ヴィンソン」がいたとか。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7249-72290180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック