あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
告発的な映画も作られる程に問題となっている「痴漢冤罪」。
ここに来て、疑われる人が線路上に逃げたり、逃げたところで列車に轢かれて死亡する事例が続出して再び注目を集めているところです。

まず、痴漢は犯罪。痴漢あかん。
この原則を踏まえて、冤罪についても真剣にどうにかしないと。
込み合う車内で「こいつが犯人」と直接触った人の手を確実につかまない限りは、容疑者の特定は困難。
ですが、現実には物証が何もないのに有罪にされる(のち控訴審で無罪)事例がある程。「この人痴漢です」と言われた男は、何もやってなくても社会的に人生終了させられかねない面があります。

冤罪対策もいろいろ出てますが…
「逃げも隠れもしない」とばかりに身分を明かすのもリスクがある。
吊り革や手すりをつかむなりスマホ見るなりで手を上げる、といっても、それでも痴漢したと疑われて連行されるケースが発生したという報告が。
駅の事務室に行かずにその場で弁護士に連絡を…といっても、連絡先は急にはわからないし、時間帯によっては弁護士事務所の営業時間外かもしれない。これに関しては初動段階で弁護士呼び出しに対応した保険も登場してますね。

根本的に解決しようとしたら、鉄道やバスの混雑緩和(増発、複々線化など)どころか、ひとやもの、企業、経済活動が大都市に過度に集中する構造にまで手をつけないといけない感じだけど、とりあえずできることは…

難しい。でも「疑わしきは罰せず」の徹底は必要か。
それと、犯人が特定されなくて不安を抱える被害者のケアもかな。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7300-628d6b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック