あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
鉄道模型をやってますが、たまにはほかのジャンルの模型も見てみたいもの。
そんなところに、沖縄県内で活動しているが、これまで展示会未実施の模型サークル「製作第一課」か初の作品展示会をやるということで、見物に。

2017年6月4日、沖縄県立博物館・美術館。「そんなとこでプラモの展示?」と思うかもしれませんが、特に問題はありません。だって、あそこはロボット展でファーストのガンダムとシャア専用ザクとエヴァ初号機を並べたり、沖縄の漫画関連のイベントで「あそびにいくヨ!」のエリスのフィギュアを展示したようなとこだぞw

てなわけで、目についた作品を記録。

seisaku1ka201706-tank01.jpg
戦車いっぱいですねー

seisaku1ka201706-tank02.jpg
…って、だいたいガルパンかよw(写真は黒森峰のティーガー2と1、大洗の4号、奥は大学選抜のパーシング)

そんな中にあって
seisaku1ka201706-centurionmk1.jpg
大学選抜チームのセンチュリオンMk.1。
英国生まれのセンチュリオンは各種キットが出ていますが、ガルパンに登場したMk.1は製品化されてないそうで。Mk.2の車体に自作のMk.1砲塔を載せた力作。模型でもガルパンはいいぞw

陸関係だと、こんなのも。
seisaku1ka201706-field01.jpg
ミニスケールの人形で戦場を再現。塹壕の感じからして1次大戦かな?
機関銃や迫撃砲の配置から、撃たれて倒れた(生死不明)兵士まで。伝わってきます。

seisaku1ka201706-field02.jpg
反対側からも。
「救護班は来たか?」「弾持ってこい」とかやりとりがあるんだろうな、と。
こういったジオラマを、嘉数高台やフォークランド、カンダハル、モスルなど環境や時代の違いでどう変わるか見てみたいかも。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7304-d6a35df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック