あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
6月4日に沖縄県立博物館・美術館で開催された、模型サークル「製作第一課」の作品展示会。

陸物(AFV)の次は、海物を…なんですが、
seisaku1ka201706-nagato01.jpg
長門(フジミの1/500)

seisaku1ka201706-souryu01.jpg
蒼龍(フジミの1/700)※作品紹介の作者名が本名だったのでモザイク
この2作だけ。艦これ特需何それ?しかもフィギュアも艦これ関係0。まあ、たまたまかもしれないが。

seisaku1ka201706-nagato03.jpg
とはいえ、艦船模型はこの迫力ですよ。

seisaku1ka201706-nagato02.jpg 
見てて非常によろしい。
ただ、昨今の精密化傾向は、「やってみたいなぁ」と思っても踏み出せない障壁になってもいないかな、と。鉄道模型もそんな感じあるよね。

seisaku1ka201706-souryu02.jpg
そう考えると、この蒼龍。作者は高校生なんですが、頑張ったなぁと思うね。
よく見ると、飛行甲板が構造物ときっちり接着できず所々浮いていたり、艦載機の脚が倒れていたりと粗があるけど、挑んでものにした努力は評価したいです。誰だって最初から上手いわけじゃない。それに、できた喜びは大きいからね。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7305-7caeddd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック