あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
タイトルで「何の数字?」

はい、レッドブル・エアレースの話です。シーズン第3戦の千葉大会。
その千葉で、レース関連イベントとして
0(零戦)と3(DC-3)が飛んだんですよ。しかも零戦は日本人パイロットの操縦でフライト。
観戦者がいろんな写真を公開してましたが、スカイツリーとの絡みとか、時空を越えてただ美しい。戦闘機だけど、戦争をするわけではない。美しい物体が飛んでるのだから。
DC-3もいいよね。零戦の魅力だけでなく、DC-3の魅力も伝われ。

そして、「31」は室屋義秀の機体ナンバー。
今季2勝目。千葉大会2年連続優勝。本当に素晴らしい。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
DC-3も今でいうOEMで、日本ではゼロ式輸送機
(あっちがゼロセンならこっちは)として製造されました。

今のB787をOEMでというのは苦しいか。
2017/06/08(木) 17:10 | URL | からや #/eHZo/AY[ 編集]
787は…といいますか、今の航空機業界は国際分業が定着してるから、また違ったものになるのかな、と。
2017/06/15(木) 00:04 | URL | 管理人まさや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7306-a24e01f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック