あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
米軍の那覇港湾施設、通称那覇軍港。
2017年7月13日、ここに見慣れないフネを発見。
millinocket20170713naha-01.jpg
巡視船「いらぶ」の奥に見える、メタリックなグレーの奴。

millinocket20170713naha-02.jpg
アメリカの高速輸送船「ミリノケット(Millinocket)」。
輸送や補給などでアメリカ海軍の任務を支援する軍事海上輸送司令部(MSC)の所属。
同型12隻の配備に向けて建造が進むスピアヘッド級の3番船。艦種記号は当初は計画時の名称由来の「JHSV」でしたが、2015年9月に「T-EPF」に変更されてます。
Expeditionary Fast Transport(直訳すると「遠征高速輸送」?)からきてるかな、と。

millinocket20170713naha-03.jpg
那覇軍港でよく見る輸送船といえば、米軍が民間企業(ミリノケットを建造した造船所の親会社)からチャーターしていて、在日米軍の支援をしてる「ウエストパック・エクスプレス」が定番。ドック入りだったのかな?
調べてみると、ミリノケットは過去にも那覇入りしたことがある模様。

なお、ここに出した3枚のうち2枚は、ニュースチャンネル「ホウドウキョク」で7月14日放送の「能勢伸之の週刊安全保障」で採用されました。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7361-f76d525d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック