あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
防衛省の2018年度予算、概算要求が出ました。
沖縄関連だと、宮古島と石垣島への陸上自衛隊の配備に向けた予算や、「離島防衛用」の冠がついたミサイルや滑空弾の開発が注目どころですが、このタイミングで注目の話が出てきました。

(2017.9.6:沖縄タイムス)

宮古島で警備部隊を配備する駐屯地のうち、射撃訓練場と地対空・地対艦ミサイルを置く弾薬庫は決まっていない状態です。当初予定していた島の北東部にある「大福牧場」付近は、地下水源に近いことから、配備を容認していた市長も反対、かわりの場所を探しているところでした。

その場所は、島の南東部の保良にある採石場。
上記記事によると、結構前進しそうですね。既に不発弾置き場として使ってるし、くぼ地状なので弾薬庫にしやすいと。地権者が採石場オーナーとその親族というのも、交渉のしやすさではあるのでしょうが、そこは進め方や額にもよるので今後の展開に注意。

また、駐屯地のメインとなる千代田カントリークラブは売買交渉が成立しました。
弾薬庫も含めて一歩前進ですね。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7432-ba7a52fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック