あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
「事実は小説より奇なり」な出来事に、また新たな伝説が加わりました。

V・ファーレン長崎のJ1昇格

シーズン序盤に経営で大問題が発覚し、クラブの存続もどうなるかという状態だったのが、立て直しどころか「ゼイワン(注:高田社長の佐世保訛り)」の切符ですよ。
クラブの危機に立ち上がったのが、あのジャパネットの前社長。社長時代から会社でスポンサーとして関わっていたとはいえ、これまでのカメラ店・通販と違う世界でねぇ。

もちろんJ1に上がる順位にいるということは、選手やコーチ陣の力が大きい。だけど、それを支えるフロントがしっかりしてなければ、こうはいかない。クラブライセンスも必要だからね。

かつてのJFLで対戦したことがあるFC琉球サイドとして、本当に喜ばしい。
次の大舞台、どんな困難が待ってるか知らないし、1年でJ2に戻ってしまうかもしれない。J1で戦えるようになるために、選出やコーチ陣の大幅な入れ替えもあるかもしれない。
でも、そこにあるクラブを、サッカーを愛してほしい。
困難を乗り越え、その先の歓喜を、長崎は共有できたのだから。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nandemoari2nd.blog95.fc2.com/tb.php/7525-f2567383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック