あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
那覇空港で第2滑走路の工事状況を見たついでに、国内線ビルと国際線ビルを一体化する際内連結ターミナル施設も確認を。
okaconnectbuild201705-01.jpg
(すべて2017.5.1撮影)

okaconnectbuild201705-02.jpg
左下に見える青い屋根は、国内線ビル下からの車両通路。
国内線ビルの37番スポットはいつ使えるようになるのかな?
それとも連結施設に合わせて配置計画見直し?

okaconnectbuild201705-03.jpg
北側ではビルの柱となる鉄筋が見えてきました。

okaconnectbuild201705-04.jpg
国際線ビルでは、構造物をつなぐであろう部分の外壁塗装が一部はがされてます。

(おまけ)
okaintnewboading.jpg
国際線ビルの搭乗橋(ボーディングブリッジ)増設、できた模様。
供用開始してるかはわからん。この時出発待ちだった中国東方航空の機体は、既存のスポットにおってのう。


senaga-toyosaki201705.jpg
「なぜ梅雨時期に沖縄のビーチで開催?」なAKB48総選挙の会場、豊崎美らSUNビーチが見える瀬長島。ここに来てるということは…

oka2ndrw201705-01.jpg
那覇空港の第2滑走路。進捗どうですか?
(すべて2017.5.1撮影)

oka2ndrw201705-02.jpg
埋立護岸の南端から、桟橋状の構造物が伸びてます。仮設か本設かはわかりませんが、誘導灯設置が必要ですからね。

oka2ndrw201705-03.jpg
護岸の南端には、船が来て土砂搬入の模様。

oka2ndrw201705-04.jpg
滑走路の北側を見ますが、海辺からではわかりにくい。

[【沖縄再開発】那覇空港第2滑走路(2017.5)]の続きを読む
いよいよ完成・開店の昌ビルの前から見える
ryushin-izumizaki201704-01.jpg
琉球新報の新本社ビル工事現場。
3月末には地下の鉄骨組みを確認できたんですが、地上にはまだ出てません。

工事予定を見ると
ryushin-izumizaki201704-02.jpg
(4月26日撮影)
4月は1階床で終わりそうです。

ryushin-izumizaki201704-04.jpg
鉄骨の上部は見えます。

ryushin-izumizaki201704-03.jpg
5月にはどこまで進むのか。


いつもと違うところから見てみましょう。地上の鉄骨組みが進む那覇バスターミナル再開発。
nahabt201704-01.jpg
国税事務所と自治会館の間から。

(すべて2017.4.13撮影)
nahabt201704-02.jpg
北側から見ます。奥の立体駐車場部分がこちら側に伸びてきてるような。

nahabt201704-03.jpg 
立体駐車場の部分をアップで。
この写真の右下、よく見てください。

[【沖縄再開発】那覇バスターミナル(2017.4)]の続きを読む
それは、急だった。
kumoji-shoubuild201704-01.jpg
もう御披露目状態じゃないですか。
久茂地の角の、小さいながらも存在感があった名もなきビルが、前オーナーの名前からとった「昌ビル」として生まれ変わる。
ビルを覆っていた幕が取れ、姿を見せました。

(すべて2017.4.13撮影)
kumoji-shoubuild201704-02.jpg
沖縄県庁前の県民広場から。

kumoji-shoubuild201704-03.jpg
うらがわー

kumoji-shoubuild201704-04.jpg
みずほ銀行の支店側から。上の隅にロゴついてます。

kumoji-shoubuild201704-05.jpg
国際通り側。網状のものが見えますが、植物でも巻いて壁面緑化でもするのかな?

kumoji-shoubuild201704-06.jpg
意外と壁面の構成が複雑です。

[【沖縄再開発】国際通り久茂地角の昌ビル(2017.4)]の続きを読む
再開発予定地内に残っていたビルの解体に着手していたのを2月に確認していた、那覇市の国際通りの一角、國映館跡地周辺。

最近、夜なんですが、近くを通ると
f-kokueikan201704-01.jpg
広告看板も、予定地にあったコインパーキングの設備も撤去されてました。

2月の、近い位置の写真と比較。
f-kokueikan201702-02.jpg

まさか、時は来た?


最近琉球新報で「セブンイレブン沖縄進出時に入るかも」という話が出た、旭橋再開発の一角・那覇バスターミナルの再開発。3月31日観測時点のものですが、見ていきましょう。
nahabt201703-01.jpg
すでに鉄骨が組み上がりつつある東側。

nahabt201703-02.jpg
東側の裏を見る。

nahabt201703-03.jpg
この部分、よく見ると横方向に対してゆるーく斜めの鉄骨がありますね。
ここは立体駐車場になる部分なので、スロープかな。
nahabt201611-13.jpg
(現地掲示の予想図:2016年11月撮影)東側が駐車場です。

さて、南側も見ましょうか。
nahabt201703-04.jpg
お、上層部の鉄骨の汲み方が変わってますね。

そこで、予想図を出してみますか。
nahabt201611-12.jpg
国道に面した大屋根の下の、小さい屋根のあたりですね。

nahabt201703-05.jpg
国道に面した側でも、鉄骨組みがスタート。

nahabt201703-06.jpg
将来バス乗り場や駐車場になるあたり、地下へのスロープが歩道橋から見えたのですが、これで見えなくなりました。

nahabt201703-07.jpg
工事は着々と。

nahabt201703-08.jpg
旭橋駅側から。
こちらも基礎工事が進んでます。

nahabt201703-09.jpg
そういえば、さっきの新報の記事、「那覇バスターミナルにOPAが来るかも」という話がメインで、しかも1面トップだったんだけど、それって1年以上も前に沖縄タイムスが出した話なんだよね(当時の記事)。何を今更な話ですね。セブンの話は初出かもしれないけど。


工事はしているものの、進捗が見えにくい、琉球新報の新本社ビル。
ryushin-izumizaki201703-01.jpg
(すべて2017.3.31撮影)

ryushin-izumizaki201703-02.jpg
そんなに基礎に時間かかるのか…?

2017年3月31日、進展を確認。
ryushin-izumizaki201703-03.jpg
地下から1階床になる部分でしょうか、鉄骨が組まれてます。
基礎部分が終わり、ミキサー車とコンクリートポンプ車がいる乗り入れ構台がなくなれば、いよいよ上方向に伸びるか?

ryushin-izumizaki201703-04.jpg
左奥のバスターミナルは順調に組み上げてます。新報はいつ?


国際通りの久茂地側起点。
kumoji-shoubuild201703-01.jpg
角地の古いビルの建て替え、進んではいるんですが、幕がとれず、新生「昌ビル」の姿が見えません。

kumoji-shoubuild201703-02.jpg
県庁前の県民広場側から。

kumoji-shoubuild201703-03.jpg
パレットくもじ前から。
建物全体に対して、上の部分が少しずれてますね。

kumoji-shoubuild201703-04.jpg
ちょっと寄ってみると…

kumoji-shoubuild201703-05.jpg 
【重要情報】
このビルに入るという情報のあったA&W、「国際通り松尾店(仮称)」として5月1日オープン予定。ということは、それまでに竣工ですね♪


ゆいレールの延伸工事、3月時点の状況
経塚駅周辺首里-石嶺間石嶺駅周辺と見てきました。
では、石嶺と経塚の間にまいりましょう。

yui-ishimine-kyoduka201703-01.jpg
ファミマ石嶺小学校前店から、石嶺駅方向。

yui-ishimine-kyoduka201703-02.jpg

ほぼ同じポイントから、次は経塚駅方向。

yui-ishimine-kyoduka201703-03.jpg
少し南へ。石嶺サンエー寄りに。
このへんまでは橋脚は伸ばしてる途中か、基礎段階ですね。

yui-ishimine-kyoduka201703-04.jpg
石嶺サンエー前。

yui-ishimine-kyoduka201703-05.jpg

石嶺サンエー前の、北向き車線側。


[【沖縄再開発】ゆいレール延伸・石嶺駅-経塚駅(2017.3)]の続きを読む
ゆいレールの延伸工事状況。
経塚駅周辺首里-石嶺間ときたので、石嶺駅とその周辺を見てみましょう。

yui-ishimine201703-01.jpg
石嶺駅の南側。

yui-ishimine201703-02.jpg
1枚目の道路逆サイドから。
このあたりは軌道面が高いです。

yui-ishimine201703-03.jpg
橋脚の線路間が広がり、その奥には駅部分の鋼製構造物。

yui-ishimine201703-04.jpg
石嶺駅下の道路は、首里りうぼう側から経塚方向へ登る勾配になってます。駅南側の橋脚が高いのもこのため。駅の構造物と道路のクリアランスの確保が必要。

駅のとこにはバス停があるので、バス停で待つ人向けに完成予想図が掲示されてます。
yui-ishimine201703-05.jpg
首里向け線路側。

yui-ishimine201703-06.jpg
経塚向け線路側。左右で向きを変える芸の細かさ。
この図の通りだと、改札・出入口は南側につくかと。

[【沖縄再開発】ゆいレール延伸・石嶺駅周辺(2017.3)]の続きを読む
しばらくぶりの、ゆいレール延伸区間工事状況。
首里方面も進んでるとコメント欄に情報が来たので、行ってみました。

yui-shuri-ishimine201703-01.jpg
(すべて2016.3.25撮影)
現在の首里駅の線路末端。工事用車両がいますが、新設線路とはつながってません。

そこから振り向くと
yui-shuri-ishimine201703-02.jpg
橋脚に線路が乗ってます。

yui-shuri-ishimine201703-03.jpg
首里久場川町のローソン付近。
道路の勾配に対して線路はゆるやかなので、地上との間隔は首里駅付近よりは詰まってます。

yui-shuri-ishimine201703-04.jpg
交差点部分の線路桁はこれから。

交差点の反対側から
yui-shuri-ishimine201703-09.jpg
石嶺向け。

yui-shuri-ishimine201703-08.jpg
首里向け。

[【沖縄再開発】ゆいレール延伸・首里駅-石嶺駅(2017.3)]の続きを読む
yui-kyoduka201703-01.jpg
交差点の真ん中に突然ドリル!

…といっても、本題はこれではないです。
実は、沖縄再開発シリーズでのゆいレール延伸工事状況というのは相当久々だったりするw
なので、経塚駅予定地周辺に行く機会があったついでに状況確認。

yui-kyoduka201703-02.jpg
(すべて2017.3.20撮影)
石嶺-経塚間のうち、経塚寄りの一部は丘を切り崩して道路と一体整備することになってます。
切り崩しはひと通り終わり、線路の橋脚もできてます。

yui-kyoduka201703-03.jpg
手前側は先端部が欠けてるので、交差点をまたぐ鋼鉄製の桁が載るところ。
その背後、「P663」の札がついてる橋脚も建設中。
左側の高い橋脚は、ゆいレールではなく、切り崩す前の丘の上にあった道路の代わりとなる橋用ですね。

yui-kyoduka201703-04.jpg
「P665」の札がついて囲まれたこの場所も、いずれ橋脚工事ですね。
ゆいレールでは橋脚に「P●●●」の番号がついてるで、目安になります。

ということは、オーメンナンバーな次の橋脚「P666」は
yui-kyoduka201703-05.jpg
交差点を曲がったところで、円形の穴がスタンバイ。
しかし、P666の次の橋脚は道路中央ではなく、歩道にあります。その次の線路間が広がった橋脚は再び道路中央。

yui-kyoduka201703-06.jpg
経塚駅の石嶺側の線路、複雑な弧を描きますねこれは。
経塚から石嶺に向けて発車した際の軌道のライン取りが、何となく東神奈川を町田方面に発車した直後の横浜線っぽくも見えます。

yui-kyoduka201703-07.jpg
線路の間が広がったコンクリート製橋脚。駅のホームが島式というのはわかりますが、よく見ると…

yui-kyoduka201703-08.jpg
コンクリ橋脚の間に、鋼鉄製の柱が4本。駅の工事に着手してます。

yui-kyoduka201703-10.jpg 
駅部分の柱の根元は、まだ鋼矢板と支保工で支えてる状態。

yui-kyoduka201703-09.jpg
前田トンネル側から見ると、こんな感じ。


1972年5月15日の、沖縄返還式典の沖縄側会場となった、那覇市民会館。
「震度6強で倒壊」と診断される程の著しい老朽化で、2016年10月に閉鎖されています。

その市民会館の後継となる新しい市民会館のイメージが、那覇市から公表されました。

建設予定地は、国際通りにも近い
ex-kumojies201703-01.jpg
久茂地小学校の跡地。
(すべて2017.3.17撮影、敷地外から)
校舎なとはまだ残ってます。

ex-kumojies201703-02.jpg
正門付近。
久茂地小学校は1911年(明治44年)開校と、那覇市内でも歴史の長い学校。
しかし周辺が繁華街ということもあって、児童数は次第に減少。2013年度末(2014年3月)をもって閉校、美栄橋駅近くの前島小学校に統合されました。

ex-kumojies201703-03.jpg
敷地南東側。
現在の設計案では、敷地面積9220.35㎡の6階建て。
大ホールの客席数は3フロア1601席。小ホールは2フロア306席。

ex-kumojies201703-04.jpg
一銀通りに面した側から運動場を見る。
一銀通りは片側1車線で交通アクセスの課題がありますが、駐車場は一銀通りと反対側のエリアに設ける模様。

[【沖縄再開発】新・那覇市民会館予定地のいま(2017.3)]の続きを読む
地上での鉄骨組方が始まり、進捗が見えやすくなった那覇バスターミナル。
nahabt201702-01.jpg
(すべて2017.2.24撮影)
自治会館側から見ると、よりマッシブな感じになってます。

nahabt201702-02.jpg
焼鳥スワン付近から。

nahabt201702-03.jpg
かつてのバス出入口付近から。

今回進捗がわかりやすかったのは、ここ。
nahabt201702-04.jpg
掘削が続いていた与那原街道(国道330号…かつては329号)に面していたところも、地下構造物の構築、コンクリ打設にとりかかってます。

nahabt201702-05.jpg
国税事務所前から。

nahabt201702-06.jpg
カフーナ旭橋の2階ろうきん前から。

nahabt201702-07.jpg
仲島大石の手前に、外壁確認用とおぼしき構造物。


ryushin-izumizaki201702-01.jpg
2018年の完成に向けて工事が進む琉球新報の新本社ビルですが…

ryushin-izumizaki201702-02.jpg
相変わらず地上部分の工事にまだとりかかってません。

2017年2月24日撮影の、週間予定。
ryushin-izumizaki201702-04.jpg 
地下2階の配筋や型枠建込、コンクリ打設。
まだまだかかるようですね。

ryushin-izumizaki201702-03.jpg 
この写真奥の左に見える那覇バスターミナルの再開発も、地上部分に取り掛かるまで時間を要してますから。


国際通りの久茂地側起点にあった名もなきビルが、創業者の名を取って「昌ビル」として再生する建て替え。
工事は結構進んでますが…

kumoji-shoubuild201702-01.jpg
(すべて2017.2.24撮影)
当初計画の5階に到達したのかはわかりませんが、背後のホテルで一部の部屋に影響必至。

で、その大きさは
kumoji-shoubuild201702-02.jpg 
地表側から見るとよくわかります。
たかが5階建、されど5階建。


那覇市の国際通りの一角、旧國映館跡地。
台湾の企業が、周辺も含めて開発目的で取得したものの、長いこと手付かずでした。

その理由は
f_kokueikan201407-03.jpg
2014年7月撮影のこの写真の、右奥にあるビルがひっかかっていたからなのでしょうか。

そのビルが
f-kokueikan201702-01.jpg
解体されているのを、2017年2月24日に確認しました。

f-kokueikan201702-02.jpg
爆買いの勢いはしぼんだものの、観光客が増えていますから、ホテルなどの需要はあります。
さて、どうなるか。


jrkhotelokiei201702-01.jpg
ジュンク堂のあたりからも、これだけ見えるようになりました。
那覇市・沖映通りのJR九州ホテルブラッサム那覇。

jrkhotelokiei201702-02.jpg
(すべて2017.2.6撮影)
外国人観光客に人気のラーメン店「暖暮」の前から。高さが際立つアングル。

jrkhotelokiei201702-03.jpg
国際通りのむつみ橋交差点から。

jrkhotelokiei201702-04.jpg
完成時を意識して、クレーンを切って撮ってみる。
手前にあるドラッグストア「ドラッグイレブン」もJR九州の傘下。

jrkhotelokiei201702-05.jpg
お、外壁が見えてるとこがある。

jrkhotelokiei201702-06.jpg
うーん、わからん。

jrkhotelokiei201702-07.jpg
建物奥の立体駐車場。

jrkhotelokiei201702-08.jpg
工事関係者向けの注意喚起。
最後まで「ご安全に」


那覇空港の国内線ビルと国際線ビルの連絡通路の完成確認ネタで、通路から海側(駐機場)を見た写真がないな、と思った方いませんか?

こういうことです。
okaconnectbuild201702-01.jpg
国内線ビルと国際線ビルを、通路ではなくそのままつなぐ「際内連結ターミナル施設」。工事が始まりました。
1月11日に安全祈願祭を実施、着工。

okaconnectbuild201702-02.jpg
設計は安井建築設計事務所、梓設計、宮平設計のJV。
建築工事は大成建設、國場組、仲本工業のJV。

okaconnectbuild201702-03.jpg
赤土流出防止条例に係わる表示。
建物はRC一部PC造の5階建。チェックインカウンターは国際線が現在の20から60に増え、国内線も拡大。ボーディングブリッジも増設。
もちろん商業施設も拡大されます。

[【沖縄再開発】那覇空港際内連結ターミナル施設、着工]の続きを読む