あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
工期がのびて、さらに橋と道路の高さが合わず「いつになったら完成するのか」状態から、2017年に入り工事が進んだ「久美橋」。久茂地川をまたぐ那覇の中心部のミッシングリンク(大袈裟w)。

自分が首都圏行ってる間の9月末に開通しました。
9月19日時点で段差が残っていて「やれんのか!9月開通」状態だったのですが、できましたね。
kumibashi201711-01.jpg
周辺の整備が残ってますが、開通です。

kumibashi201711-02.jpg
自然につながってる感じですが、この写真の左側を見ると、歩道と建物敷地に段差があるのがわかります。

kumibashi201711-03.jpg
川沿いだと、道路でも起伏がわかりやすい。

kumibashi201711-04.jpg
國場組・国際通り側は起伏がさらにわかりやすいね。

kumibashi201711-05.jpg
力業だよ。

kumibashi201711-06.jpg
あとは仕上げを待つのみ。


再開発が進む、那覇市樋川の農連市場。
noren201710-67.jpg
その周辺も見てみましょう。

noren201710-68.jpg
窓が一部抜けてる建物。

noren201710-69.jpg 
一足先に更地となった区画。
希望の党のポスターが落ちてるのが、祭りのあと感をプラス。

noren201710-70.jpg 
このコンクリート造りも、いずれは過去帖に。

noren201710-71.jpg
朽ちた軒先と自販機。

[旧農連市場の周辺も、今のうちに]の続きを読む
再開発が進む、那覇市樋川の農連市場周辺。
noren201710-12.jpg
新施設「のうれんプラザ」の南東側のガーブ川付近で、護岸の工事。
これは
noren201710-13.jpg
国際通りから桜坂付近を通る、市道牧志壺屋線(別名:神原大通り)から、農連市場の東側を通り、開南の通称仏壇通りに達する道路となります。

noren201710-61.jpg
なので、工事してる場所は、新しい道路がガーブ川をまたぐ地点。とはいえ橋本体の工事にかかってるかは不明。
この写真の左の建物は神原中学校。

noren201710-62.jpg
神原中学校側に来て、のうれんプラザ側を見る。
写真左側の砂利地面、おそらく立ち退きで更地になった場所。

noren201710-63.jpg
神原中学校から仏壇通りの方を。
立ち退きがまだのところがありますね。

noren201710-64.jpg
この道幅から、一気に広がる。

noren201710-66.jpg
区画整理・道路整備とはいえ、味のある風景が姿を消します。

noren201710-65.jpg
仏壇通り側。
ここにも立ち退きか発生してます。ただし着手はいつになるのか。


那覇市樋川の農連市場。
noren201710-05.jpg
新市場施設の完成で、旧市場は10月いっぱいで閉鎖となるようです。
noren201710-51.jpg
そんな旧市場、見納めとなる前に記録しておきましょう。

noren201710-52.jpg
この日は、写真好きらしきグループも見ました。

noren201710-53.jpg
旧市場西側。この写真の右側は比較的新しいプレハブ。

noren201710-54.jpg
敷地東側。
奥に見える新施設「のうれんプラザ」との見た目コントラストが強烈。

[見納め?旧農連市場]の続きを読む
再開発中の農連市場のうち、市場機能を担う施設として完成した「のうれんプラザ」。
noren201710-09.jpg
オープンしてるので、中に入ることができます。

ただし
noren201710-14.jpg
開いてない店が多いですね。
市場が活発な未明・早朝ではなく夕方ということもありますが、店舗・業者の旧市場や仮施設からの移転がこれからとのこと。

noren201710-15.jpg
1階エレベーター横の店舗案内。配置は決まってます。

noren201710-16.jpg
今はプレオープン状態。グランドオープンは11月1日予定です。

noren201710-17.jpg
間仕切りのない広い空間。これは市場名物「相対売り」の場所になるのか?

グランドオープン後に行く必要があるなこれは。


再開発が進む、那覇市樋川の農連市場。
このうち、市場部分の新施設が完成しました。

国際通り・むつみ橋からガーブ川の水上市場ルートを進んだ先
noren201612-09.jpg
2016年12月時点でこうだった地点が

こうなりました。
noren201710-01.jpg
左が完成した市場の建物。
(完成写真はいずれも2017.10.24撮影)

noren201710-02.jpg
オープンした新施設は「のうれんプラザ」と命名されました、

…というか、再開発物件ではなんとかプラザとかスクエアとか名前がつく例が結構あるけど、農連市場については変に何かやろうとせず「農連市場」のままがよかったのでは?

noren201710-03.jpg
壺屋・神里原側から見る。

noren201710-08.jpg 
道沿いに店舗(卸含む)があるので、早朝は車が多く停まってるかも。

[【沖縄再開発】農連市場(2017.10)]の続きを読む
琉球新報の新本社ビル工事。そろそろ状況を確認という時に台風が接近。
防護ネットが外されるので狙い目ということで…

ryushin-izumizaki201710-01.jpg
行ってみた(すべて2017.10.22撮影)

ryushin-izumizaki201710-02.jpg
定点確認してた場所では、カメラアングルを縦にしないと入らないな。

ryushin-izumizaki201710-03.jpg
ちょっと引いてみると、こんな感じ。

ryushin-izumizaki201710-05.jpg
足場の密度が細かくて鉄骨が見えないので、何階まで到達してるのかわかりにくいなぁ。近隣のビルと比較しようにも、フロアの高さが違うだろうから難しい。

ryushin-izumizaki201710-04.jpg
内部をちらり。


この前東京に行った時、こんな場所にも寄りました。

ntv-koujimachi201710-01.jpg
麹町の日本テレビ旧本社(麹町分室)。汐留への移転後もスタジオなどで利用されてます。
日テレ系列局のない沖縄ですが、番組を通して見た日テレの原風景がこれ。入口のところでガヤガヤしてたり。
なぜここに来たか?

再開発計画が進行中なんですよ。
ntv-koujimachi201710-02.jpg
敷地東側、女子学院側から。
タワークレーンと鉄塔のある高い建物が、日テレの新しいビル。

ntv-koujimachi201710-03.jpg
敷地北側、文人通りから。
現在建設中の建物は、既存ビルの隣の土地を取得して工事中。

ntv-koujimachi201710-04.jpg
高いので1枚には収まらないw

ntv-koujimachi201710-05.jpg
左が新築分、右が既存の麹町分室。

[変わる日テレの原風景]の続きを読む
外国人が好きそうな、東京の光景のひとつ?
20170930shinjuku-kabuki01.jpg
歌舞伎町をバックに電車が行き交う、新宿の大ガード西側。

実際どんなものかと、この前東京に行った時に見てみました。
てか、本当に外国人の観光客いて写真撮ってたよw

20170930shinjuku-kabuki02.jpg
中央線E233系の連結面。

このあとが凄かった。
20170930shinjuku-kabuki03.jpg
山手線の内回りと外回りに、埼京線の3本絡み。

20170930shinjuku-kabuki04.jpg
山手線の2本がいなくなったところに、湘南新宿ラインのE231系。

[たまには「お上りさん」してもいいじゃない@新宿大ガード]の続きを読む
2014年から17年まで、夏は東京(首都圏)に参上してますが、メインの目的は鉄道絡み。鉄道模型の買い出しとか、模型イベントとか、新幹線+夜行列車で北海道上陸とか…。(鉄道以外でも水どうHTB討ち入りとか週刊安全保障とかあるけど)

なので、たまには「お上りさん」っぽいことをやってもいいじゃんw

daiba201710.jpg
お台場で、自由の女神とレインボーブリッジ。

ueno-saigoutakamori201709.jpg
像つながりで、上野の西郷隆盛の像。

marunouchi201709.jpg
平日の丸の内・大手町を歩いてビジネスマン気分。

fujitv201710.jpg
フジテレビをゆりかもめとセットで撮ると、めちゃイケのオープニング映像感?

roppongihills201709.jpg
六本木ヒルズにも。

gundam-unicorn201710.jpg
デストロイモードは見られなかったけど、今お台場行くならユニコーンガンダムを忘れずに。


第2滑走路の工事が進む那覇空港。
oka2ndrw201709-03.jpg
しかし、ターミナルビルの位置や周辺の空路、現状の発着数がキャハシティを越えてることなどから、発着数が単純に2倍とはなりません。

これを本格的に対処するなら、滑走路の間も埋め立てて駐機場やターミナルをそこに移すことも考える必要がありますが、経済界から本格的に提言が出ました。

oka2ndrw201709-06.jpg
構想では、この写真の奥の、滑走路間を埋めることになる模様。

いやぁ、費用はかかりますよこれは。でも現状必要になってるからね。
本島-宮古・石垣の旅客移動手段は基本空路だけ
外国からの観光客の増加
LCCの台頭で国内・国際線とも利用客が増加
戦闘機のスクランブル発進の増加

費用をどうするかなど、政治レベルでもやるべきことがあるし、工事もどれ程かかるか。
とはいえ、生活、経済、防衛どれにも資する事業。どう実現するのか。


那覇空港の第2滑走路、工事状況はどうなってますでしょうか。

oka2ndrw201709-01.jpg
(すべて2017.9.28撮影)
滑走路南端。

oka2ndrw201709-02.jpg
滑走路中央部。

oka2ndrw201709-03.jpg
誘導路。南側にあった作業船接岸用の切り欠きが埋められ、一直線になってます。

oka2ndrw201709-04.jpg
滑走路北端と誘導灯。

oka2ndrw201709-05.jpg
第2滑走路全体。

oka2ndrw201709-06.jpg
このような写真を撮ってるということは…現在沖縄から出ております。
衆院解散の瞬間、上野にいましたw

[【沖縄再開発】那覇空港第2滑走路(2017.9)]の続きを読む
浦添の前田あたりに行く用件があったので、ついでにゆいレールの工事状況を確認。

yui-maeda-tunnel201709-01.jpg
(すべて2017.9.25撮影)

yui-maeda-tunnel201709-02.jpg
トンネル部分の埋め戻しは既に終わってるので、道路部分の盛り土を。

yui-maeda-tunnel201709-03.jpg
盛り土してるところをアップで。

[【沖縄再開発】ゆいレール・浦添前田からトンネル西側(2017.9)]の続きを読む
工期が長くかかった上に、橋と道路の路面が合わないという事態になった橋。那覇の中心部を流れる久茂地川に架かる橋のひとつ、久美橋。
kumibashi201709-01.jpg
9月21日の沖縄タイムスに載ったニュースによると、9月内には開通させるとのことです。

その現場の様子を、9月19日に見てきたのですが。
kumibashi201709-02.jpg
東側(國場組や国際通り寄り)。
7月下旬の時点でそこそこ進んでいた盛り土作業、車道はだいぶ仕上がってます。

kumibashi201709-03.jpg
橋とツライチになってます。
ただ、橋の舗装は…まさかのコンクリート舗装?

kumibashi201709-04.jpg
周辺の歩道は舗装前。点字ブロックを置いてる状態。

これを見ると、完成は近いなと思いますが…

[やれんのか!久美橋9月開通]の続きを読む
仮称「那覇市前島3丁目計画」として進められていたホテル。
名前と開業日が決まりました。
aquacittanaha201709-01.jpg
名前は「ホテルアクアチッタナハbyWBF」
10月21日オープンです。

(すべて2017.9.19撮影)
aquacittanaha201709-02.jpg
建物西側の看板大写し。

aquacittanaha201709-03.jpg
このファザード、一瞬デパートやオフィスビルのように見えたw

aquacittanaha201709-04.jpg
アクアチッタの売りは、屋上のシースループール。
さすがに下からは見えないけどね。

[【沖縄再開発】那覇市前島のホテルの名前は「アクアチッタナハbyWBF」(2017.9)]の続きを読む
さてさて、那覇バスターミナルの再開発を見てみましょう。
nahabt201709-01.jpg
(すべて2017.9.19撮影)

nahabt201709-02.jpg
旭橋駅とリーガロイヤルの間のデッキから。

nahabt201709-03.jpg
国道に面した大きな軒を支える柱は、これからの模様。

nahabt201709-04.jpg 
画像処理で、建物内の地下駐車場出入口を見えるようにしてみたけど、うっすらですね。

[【沖縄再開発】那覇バスターミナル(2017.9)]の続きを読む
台風18号が来ました。暴風域に入った宮古島と久米島の被害の全貌がまだ見えてこないのが気になるところ。本島も結構風が強かったです。

…ということは、ビルの工事現場の防護ネットが外されますね。
沖縄再開発シリーズとしてはチャンス。
ryushin-izumizaki201709-01.jpg
なので、風が強い中、13日に琉球新報の新本社ビル現場を確認。

ryushin-izumizaki201709-02.jpg
ネットは外されてますが、足場の組み方のせいか内部はあまり見えないなぁ。
上から見るポイント(パレットくもじの外階段)は強風で閉鎖されてたので、そこからも様子はわからず。でも建物のアウトラインは見えてるかも。
あと、このポイントは今後縦アングルにしないと収まらない可能性。

ryushin-izumizaki201709-03.jpg
建物全体を収めるには、この位の位置からかな?
(横断歩道の信号が青い時に撮影)


ryushin-izumizaki201708-01.jpg
夏の木漏れ日。

…って、アートなネタではありません。
琉球新報の新本社ビルの工場状況です。(特記以外は2017.8.8撮影)
足場と防護ネットが、後方の建物に近い高さにまで到達してます。

ryushin-izumizaki201708-02.jpg
ここまで高くなると、完成時は引きアングルにしないと全部は収まらないな。

ryushin-izumizaki201708-03.jpg
ラウンド部分のイメージは少しはできるかな?

ryushin-izumizaki201708-04.jpg
上から内部の様子を見るのも難しくなってきたか。

4枚目のアングルは、7月末に撮ったものもあるので比較。
ryushin-izumizaki201707-51.jpg
内部で斜めに走る鉄骨。ホール…ですかねぇ。


那覇バスターミナル再開発の工事状況。2017年7月末時点ね。

nahabt201707-01.jpg
パレットくもじ付近からも見えます。

nahabt201707-02.jpg
北側では敷地ぎりぎりまで鉄骨組み上げ中。

nahabt201707-03.jpg
東側は大きな変化は見られず。

nahabt201707-04.jpg 
敷地西側(ろうきん向かい)。

nahabt201707-05.jpg
旭橋駅直結の歩道橋から。

nahabt201707-06.jpg
高層棟の階段が見えます。

nahabt201707-07.jpg
パレットくもじ中央部の外階段から。リーガロイヤルが隠れてます。
バスターミナルを含む旭橋再開発計画。ここまできましたか。


流行語大賞の最初のノミネートにも入りそうな、2017年の盛り上がりワードのひとつとなるであろう「盛り土」。豊洲市場関連で飽きる程聞きましたね。

さて、東京都江東区豊洲から遠く離れた、沖縄県那覇市久茂地。
kumibashi201707-01.jpg
市内中心部を流れる久茂地川に架かる橋のひとつ、久美橋。1950年代築の先代が老朽化ということで、架け替え工事中。

ですが、この橋、
kumibashi201707-02.jpg
橋の西側(国道58号、RBC、タイムス側)。
コンクリートの物体が橋の本体です。何かがおかしい。

kumibashi201707-03.jpg
橋の路面が陸側の路面よりも高いのです。どうしてこうなった?
最近ローカルニュースでも取り上げられ話題のこの橋。各種報道をまとめると…
○川の水面との距離の基準に合わせたら、この高さになった。
○先代の橋の根元の橋台を再利用しようとしたら、橋台がない。
○先代の橋の資料が残ってない。
などの事情があってこうなったとのこと。しかも工期は遅れてる。

どうすんのこれ?

[「盛り土」が必須になってしまった那覇某所の橋]の続きを読む