あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
夏の首都圏展開での鉄道模型関連戦利品。まだ披露してないものがあったな。
tetsumokaidashi201710.jpg
この写真の右上。

buscolle22-ishigakiazuma01.jpg
バスコレ22弾から、東運輸のMP38。沖縄案件なので手を出しましたw

buscolle22-ishigakiazuma02.jpg
石垣空港(もちろん新しい方)と石垣港の間を結ぶバスということで、「Port」「Airport」と船、飛行機のイラスト。
本島や県外から、西表島や竹富島に行くには船必須ですから。

buscolle22-ishigakiazuma03.jpg
それにしても、飛行機のイラストがDC-9/MD-81系統というのが…。
石垣島に来る旅客機は737や787、A320とかだろw(そこは大目に見ろw)

buscolle22-ishigakiazuma04.jpg
フロントの造形や印刷もばっちり。

参考に
okinawabus-aeroqkgmp38-201706.jpg
本島の沖縄バスでも同じ型を採用してるので実物写真を。

buscolle22-ishigakiazuma05.jpg
鉄道模型のスケールなバスコレで、鉄道と絡まないアイテム。既に本島の沖縄バスや旧琉球バスは出てますが、ついに石垣島まで。
開封売りでもプレミアはつきませんが、こんな風変わりなバスもいかが?

…あ、鉄道模型縮尺で東運輸のバスと合わせられるアイテムがあった。
GMの東横インw
(石垣港の近くにある)


沖縄都市モノレール・ゆいレールの延伸。
工事状況を確認。

石嶺から経塚へ
yui-ishimine-kyoduka201711-09.jpg
丘を切り開いて新設される、経塚と石嶺の間の道路にも線路は通ります。

その先は
yui-ishimine-kyoduka201711-11.jpg
(すべて2017.11.10撮影)
大カーブです。

yui-ishimine-kyoduka201711-12.jpg
スチールの桁がぐぐっと。

yui-ishimine-kyoduka201711-13.jpg
経塚駅西側の大カーブ全体を。

yui-ishimine-kyoduka201711-14.jpg
仮の足場で支えています。

yui-ishimine-kyoduka201711-16.jpg
回り込みの“クセが強い”?

それもそのはず?
yui-ishimine-kyoduka201711-15.jpg
この鉄製の軌道桁、完成してません

yui-ishimine-kyoduka201711-17.jpg
断面。

yui-ishimine-kyoduka201711-18.jpg
鉄製桁の延長を待つ足場。
橋脚間に設置するコンクリート(PC)との違いがわかりますね。


岡山空港の愛称を募集しているとのこと。

「愛称だけで岡山空港とわかる」という条件があるので、「どうせ桃太郎空港だろ?」と穿った見方をしちゃうところ。

この手の空港の名前だけど、無理にやらなくてもいいのでは?と思うこともある。
外国でその地域の偉人の名前がつく例(ニューヨークのJFK、パリのド・ゴールなど)はあるけど、ねぇ。


沖縄都市モノレール・ゆいレールの延伸工事の状況。
石嶺駅と経塚駅の間です。

yui-ishimine201711-05.jpg
(すべて2017.11.10撮影)
石嶺と経塚の間は、線路(軌道桁)の設置はこれからの区間があります。

yui-ishimine-kyoduka201711-01.jpg
石嶺サンエー付近から石嶺駅の方を。橋脚はできてます。

yui-ishimine-kyoduka201711-02.jpg 
経塚方向を見ると、奥に何かが。

yui-ishimine-kyoduka201711-03.jpg
道路にまたがる橋脚です。

yui-ishimine-kyoduka201711-04.jpg
以前このへんの地下を掘削してるのを見ましたが、これでしたね。

yui-ishimine-kyoduka201711-06.jpg
中央分離帯は作るのか?

yui-ishimine-kyoduka201711-05.jpg
横長の梁に対して、線路の載る部分が偏っていて何かシュール。
そして、その先には

[【沖縄再開発】ゆいレール・石嶺-経塚(2017.11)]の続きを読む
2017年・平成29年もあとひと月少々。
執筆の合間に「そういえば」な過去ネタがあったので、振り返りネタ。

2月18日の
NHKが平日昼の生ワイド番組に乗り出した件です。13~16時は「ごごナマ」、また16時50分スタートだった「シブ5時」を16時スタートに枠拡大、タイトルに5時とあるのに4時放送となってます。
昼ワイドといっても、ミヤネ屋やグッデイとは違い、ワイドショー色は薄い内容ですね。金曜に至っては、かつての歌謡コンサートの焼き直しみたいなこともやる程。

さて、2月のネタで指摘したのは「国会中継や相撲中継の時はどうするのか」。
レギュラー番組をやろうにも、これらの番組が入ってくるからね。相撲や高校野球は時期がある程度わかるけど、国会は通常国会でも延長はあるし、臨時国会の発生もある。
ネタの中では「国会や相撲はサブチャンネルに逃がすか?」と指摘したのですが…

正解:国会、高校野球の時はごごナマ休み
※相撲期間は15時台を休み

場合によっては2週間以上放送なしもあるというのに、大胆な。


沖縄県名護市の米軍基地キャンプ・シュワブで工事が進む、普天間基地(普天間飛行場)の代替施設(辺野古新基地とも言う)。

この工事で、新たな局面を迎えています。
工事で使う石材を海から搬入するために、沖縄防衛局が出した港の使用申請に対して、沖縄県が許可を出したのです。
許可が出たのは、奥港(国頭村)と本部港(本部港は県から管理を委譲されている本部町が許可を出した)。奥港では13日に搬出が実施され、翌14日には辺野古に到着しました。

これまで翁長知事は「あらゆる手段で阻止する」と度々言ってるのですが、それと矛盾する決定。
県の幹部は「関連法に基づいて審査した結果、許可せざるを得なかった」(2017.11.11:沖縄タイムス)としています。

これに対して、反対派は怒りモード。
知事に批判の矛先が向かいそうな局面でも「知事を支える」スタンスを取っていた反対運動リーダー格のひとり・山城博治(さん付けでも被告表記でもコメント欄で難癖つけられそうな言葉狩りに遭ってる最中なので、敢えて呼び捨てにして反応を見る)までもが、知事を批判する程(2017.11.15:琉球新報)。

翁長知事は苦しい局面になってきましたよ。
知事サイドは、様々な観点から埋め立て許可の“撤回カード”を切る時期を慎重に窺っており、反対派も今か今かと待ってました。しかし、港の使用許可をきっかけに反対派からは「今すぐ埋め立て許可を撤回しろ」と突き上げをくらってます。

知事や県幹部は奥港の使用後に「県との協議が調うまでは使わないよう行政指導をしていた」「ダンプカーの騒音や粉塵は新たな事態」とし、奥港の使用許可撤回の可能性に言及してます。
ですが、撤回後に「嫌疑あり」と防衛局が知事を訴え法廷に持ち込まれたら、長引くのは必至。また、県側が「ここで使用許可を撤回したら分が悪い」と判断し奥港の使用が続行される事態となれば、反対派が翁長知事を提訴する展開になってもおかしくありません。

名護市長選まで2か月少々、次の知事選まで1年。
様々な矛盾や綻びを露呈しながらも持続してきた「オール沖縄」で、翁長知事に本格的に矛先が向きました。

個人的には、オール沖縄はさっさと瓦解してもらいたいところです。


季節の便り

kumoji20171117.jpg
那覇市久茂地のイルミネーション点灯式。

ただし、この時大雨。セレモニーは軒下。


ここに来場いただき、ありがとうございます。

常連さんは御存知と思いますが、また「狼藉・沖縄排斥コメント」が続出してます。

内容や発言パターン、そしてホスト名の「北海道のOCN」から、2012年の末以降度々出てくる人の可能性があります。
※度々というのは、ホスト名でブロックしても、ホスト名の一部が時々変わるため。なので、本当に止めるなら「北海道のOCN」か「OCN」を丸ごとブロックですが、影響を被る人が多過ぎるので困難。

2012年以降排斥コメントを繰り返す荒らしは、「湿った南部せんべい」「いち愛国者」「一愛国者」などを名乗ってました。今回の当該人物は、ハンドルネームを持たず、名前欄にも沖縄や自分を罵倒する一文を書き込んでます。名前欄の書き込みを使って、自分が辺野古で逮捕されたというデマも流してました。

また、今回の当該人物も、「湿った南部せんべい」同様に書き込み内容の曲解・歪曲・捏造を繰り返してますが、今回はこれまでと違い、Twitterの方での発言も曲解・歪曲・捏造をしてきます。それをツイートへのリプではなくここにするので、内容と関係ないコメントが続出してます。
(おそらく140文字に収まらないから、ここに書いてる可能性)

こりゃあ何の発言もツイートもできなくなるね。

[もう5年になるのか…しつこいな]の続きを読む
沖縄都市モノレール・ゆいレールの延伸工事状況2017年11月編。
石嶺駅あたりを見てみましょう。

yui-ishimine201711-01.jpg
(写真はすべて2017.11.10撮影)
首里駅側から見る。骨組みは整い、線路(軌道桁)も設置済。

yui-ishimine201711-02.jpg
駅全景。屋根はこれから。

yui-ishimine201711-03.jpg
駅北側の交差点。
スチール製の軌道桁がゆるい弧を描く先で、線路が途切れてます。

yui-ishimine201711-04.jpg
途切れてる部分。空港から石嶺駅までは線路がつながったという進んでる感。

yui-ishimine201711-05.jpg 
経塚の方へも線路が次第に。

yui-ishimine201711-06.jpg
迫力あるけど、線路がつながれば見られない光景。


地上波初放送のシン・ゴジラ。盛り上がったようですね。

さて、作中でのTVのニュースは「本物」を使ってましたね。羽田沖での初発見はNNNストレイトニュース(日テレ)だし、みんなのニュース(フジ)やスーパーJチャンネル(テレ朝)も登場。臨時ニュースの枠はNHKに各キー局使用。
ですが、東京が蹂躙されてそれどころでなくなります。

そこで、軽く頭の体操。
「シン・ゴジラの世界で、全国大手マスメディアはどうなってしまうのか」
ほら、日経電子版も放送時にこんなツイートしてますし。

まずはシン・ゴジラ劇場上映1年前時点でのNHK、民放TV・AM/FMラジオキー局、全国紙の東京本社、通信社の本社の所在地をおさらい。

朝日新聞:築地
読売新聞:大手町
毎日新聞:竹橋
産経新聞:大手町
日経:大手町
共同通信:汐留
時事通信:銀座5丁目
NHK:渋谷
日テレ:汐留
TBS:赤坂
フジ:台場
テレ朝:六本木
テレ東:虎ノ門(神谷町)
文化放送:浜松町
ニッポン放送:有楽町
TOKYOFM:半蔵門

それでは、ロールプレイング開始。

[「シン・ゴジラ」世界で全国大手マスメディアはどうなってしまうのか?]の続きを読む