あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
【NEWS】J2水戸の田中恵太、琉球に期限つき移籍
あらあら、昨年の点取り屋が帰ってきましたよ。期待ですね。
第18節。FC琉球の相手はAC長野。

@南長野(長野U)
琉球 0-1 長野
(0-1、0-0)

負けなしが止まりました。
しかしまぁ20本もシュートして無得点。一方長野のシュートは4本。
打つ意識はできてる(早速フル出場の恵太効果?)けど、何でしょうね。

リーグ戦はしばらく中断期間に。この間にどこまで仕上げられるか。


2016年12月の航空自衛隊那覇基地・美ら島エアーフェスタで御披露目・発売された「那覇基地カレー」
nahaabcurry-01.jpg

イベント当時は市販については言葉を濁してましたが…

ついに市販を確認しました。
スーパーの方のりうぼうの、古島と大平で発見。


本当にしょうもないこと続けられるな。




投稿者の名前「嫌沖」。初めてじやないね。
書き込みのホスト名見たら、見覚えありますね。5年近く前からの、北海道からとおぼしきもの。
「お前湿った南部せんべいだろ」と言えそうだけど、しらを切る可能性が高い。

性懲りもなく沖縄排斥の妄言を続けられるな、と。
コメント欄の常連さんも放置する程馬鹿馬鹿しいものですが、“仏の顔も三度までルール”にかかったので記録。

(追記)
あ、ハインフェッツさんが参戦した模様。
どうなっても知らないぞ~。


上映中の映画「ハクソー・リッジ」。
評判はいいのですが、描かれているのは前線の兵士。住民の犠牲に触れてないとか、英雄仕立てな作りが気に入らないという声もあります。(特に沖縄で)
作品の舞台となった前田高地のある浦添市では、映画公開と合わせてそのあたりも触れた特設サイトを公開して、映画を見る人や現地に行く人のガイドをしてるんですけどね。

さて、そのハクソー・リッジに対して、強烈な妄言を確認しました。


沖縄戦が虐殺事件?

確かに住民が巻き込まれる戦闘でした。ですが、それを「虐殺」の一言で片付けられるものでしょうか。
ハクソー・リッジそのものに対しても「ほんとかね?」ですって。作品の主役、デズモンド・ドス元伍長は実在の人物なんですけど。

このアカウントの方、ツイートを辿れば基地反対派というのは一目瞭然。ですが、沖縄戦をそんな認識で捉えてるとしたら、いくら思想・信条の自由があるとはいえ、越えてはいけない一線を越えてます。ポスト・トゥルース(ポスト真実、脱真実とも)です。こんな極端かつ過激な思想はその人で留まってほしいと思いますね。


いやぁね、30代も後半になるとね、感性が歳相応に落ち着いてくるのか。
それとも、ジェネレーションギャップが大きくなってくるのか。
ひょうきん族や元気が出るテレビとかのTVだけでなく、ネット上のものとかもね。
開くと音が鳴るサイトとか、キリ番とか、携帯だと着メロ作るための本を見ながら試行錯誤なんてのも。YouTubeやニコ動が出る前の面白flashもなぁ(ペリーの「開国してくださいよぉ」やオフスプでDooraemooooon!とか)。
インターネット老人会なんて言葉もあるようで。自分もその一員でしょうな。

そんな感じで、歳をひとつ取りましたとさ。



これ最初Yahooで見たんだけど、トップページの見出しで「ロッキーを合図に…」と書いてたので、一瞬

木梨憲武の「ロッキー!」のかけ声で観客の乱闘が始まる、夕やけニャンニャンの腕相撲コーナー

を連想したことを記録しておくw

さて、先の記事の本題は「終業時刻に音楽を流して帰宅を促す、企業の取り組み」なのですが、長時間労働(見方によっては超長時間)の解消に向けた試行錯誤のひとつ、ですかね。
記事で出てきた三井ホームの本社は、ロッキーのテーマ曲を流してるとのこと。

なるほど。でも、あのテーマ曲だとかえってテンション上がりそう。
流すなら終業時刻よりも、終業1時間か30分前じゃないかな、と。
この終業時刻少し前タイミングなら、合う曲いろいろありそう。





いつの間にかうやむやになった、民進党の蓮舫代表の国籍問題。
ここに来て、突如戸籍を公開しました。

今頃公開って…そもそも問題発覚の段階でもっとスマートに対応していればよかったものを…という印象です。
しかも差別だの何だのといった話まで。

それに、自民党の人に対しては政策と直接関わらない件であっても議員辞職を迫る位追及するのに、自身の件になったら…ですよね。


建設の過程は見てなかったんですが、これも再開発物件ですね。
那覇市銘苅の旧郵便貯金住宅等事業協会(郵事協)古島団地の跡地再開発。できたのは商業施設「アクロスプラザ古島駅前」。
acrossfurujima201707-01.jpg
7月15日グランドオープン。(写真は2017.7.17)
旧団地を2005年に不動産会社のバークレイが取得。再開発前の立ち退きをめぐって複数の裁判沙汰になる程もめましたが2014年に和解。以後旧建物の解体、開発が進められてました。開発担当は大和ハウス工業。


acrossfurujima201707-02.jpg
場所はゆいレール古島駅の近く。駅前の名に偽りなし。
興南高校の向かいでもあり、歩道橋で楽々アクセス。2枚目の写真は興南高校の前から。

acrossfurujima201707-03.jpg
バス停も近いです。この写真に写ってる擁壁の上の建物も、アクロスプラザの一部。
 
acrossfurujima201707-04.jpg
本館を国道330号に面して南側から。
建物は本館と飲食館の2棟、いずれも2階建て…ですが、本館にも飲食店があるw
本館にはキーテナントの“スーパーの方”のリウボウが入ってます。が、平仮名「りうぼう」表記の一般的なスーパーではなく、ちょっとハイエンドな業態「リウボウフードマーケット」の形です。
2階にはしまむらや、沖縄の人気つけ麺店「三竹寿」も本店がここに移転。

[【沖縄再開発】アクロスプラザ古島駅前]の続きを読む
沖縄関連の軍事情報をウォッチしてる人なら、平安名純代という方を知ってる人もいるはず。
アメリカ在住のライターで、沖縄タイムスの通信員として基地案件に関連するアメリカサイドの情報の記事も書いてます。

一方で、問題のある記事も書いてくる、要注意人物です。
アメリカ本国で住民の声を受けて夜間飛行訓練を一時中止したのを「住民の声でオスプレイの訓練を止めた!」と書いたのもこの方。

さて、平安名さんの最近の記事から。
沖縄にも訓練に来るようになった、岩国のF-35B。そのF-35Bが沖縄で空中給油訓練をやったという記事が7月10日に出たんですが、これ、誤報の可能性が高いですね。

記事で根拠として出ている、アメリカ太平洋軍の公式サイトのニュース。
6月26日と27日に嘉手納で「FARPの訓練を実施した」というリリースがあります。タイムスの記事中にある訓練の実施日と一致してます。
太平洋軍のサイトにある「FARP」は、Forward Area Refueling Pointの略。直訳すると「前方地点での給油」でしょうか。
前線に近い場所などで、地上に降りて給油機から給油を受ける作業のことです。給油トラックなど設備が用意できてない遠征先や前線近くでも給油できるメリットがあります。
今回のFARP訓練は、嘉手納基地で海兵隊のF-35Bが嘉手納所属の空軍のMC-130から給油を受けるというもの。

あれ、空中給油ではないですね。
「Air Refueling」「Air-to-Air Refueling」といった、空中給油を示す単語はニュースリリースのどこにもありません。

これはやっちゃいましたね。
空中給油訓練をやってる可能性は否定しません。
しかし、今回の記事の根拠となったリリースでは、どこにも空中給油とは書かれていません。
しかも平安名さんは空中給油という言葉から、2016年12月に発生した空中給油中のオスプレイの事故(一部識者や基地反対派は墜落と言う)にまで言及、それを連想させています。しかし、今回のF-35Bの訓練は空中給油でないので、このオスプレイの事故のくだりは不安を煽ってるともとれます。
ニュースリリースを誤読してしまったとしても、何やってるのかな、これだけ米軍に関する取材活動をしていてこの程度もわからないのか?な感じです。

タイムスの記事の中でも、特に平安名純代さんの記事は要注意。


2017年5月22日の産経新聞のこの記事、覚えてますか?


1968年夏の甲子園「興南旋風」の一員で、監督として2010年に高校野球春夏連覇を達成、さらに興南高校・中学校の運営法人の理事長という、沖縄のリビングレジェンドが、ここまで踏み込むかというびっくり記事。
しかし、沖縄ではたまに新聞の投稿欄に我喜屋監督を批判する投書が載る程度で、1月のDHCテレビの「ニュース女子」程の騒ぎにはなりませんでした。

我喜屋監督(理事長)が特段おかしなことを言ってるって感じではないなぁ。
監督に反発してる人の意見を見聞きすると、「決まったことには従わなければ」という発言が気に入らないようですが、普天間飛行場のキャンプ・シュワブへの移設・統合の経緯を振り返ると、そこまで反発するものではないように思うね。翁長知事や“オール沖縄”など反対してる面々は、セカンドプランや落としどころを探ろうともせず「反対」「阻止」ありき。

かと言って、「我喜屋知事待望論」は早計。新報のインタビューでも否定的な反応。
教育・スポーツひと筋の我喜屋監督にいきなり知事は難しいだろうし、寄ってくる人やブレーン次第では別の変なとこに流されないか、我喜屋監督の理念や政策が置いてきぼりにならないかという心配もある。

まあ、この件がニュース女子程の騒ぎにならないのは、ニュース女子程おかしいことがないからというのと、もしかして基地反対派が手を出せない領域ってのもあるのかな。興南高校にデモ隊が押し掛けたら、それこそ基地反対派が批判の対象にされるし。

さて、5月の話をなぜ今頃やるのか。
夏の高校野球の沖縄大会が終わったから。興南が優勝、甲子園1番乗りです。
この件もあって、結果次第で嫌なものを見聞きすることになるのか心配でしたが、興南ナインはやってくれました。1年生が決勝で初先発して13Kとか何これすごい(早実に勝った美来工科から15点も取ったことより注目ポイント)。

雑音を振り払い、甲子園で風を吹かせてほしいものです。

※「興南優勝」は高校野球以外でもいいですよー。
インターハイでのハンドボールとか。