あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
国際通りの久茂地側起点にあった古いビルが「昌ビル」として再生したのは、既に取り上げました。

ですが、完成状態を確認した時の時間帯はお昼前。
夜だとどうなるか。

kenchomae20151030.jpg
旧ビル営業時(2015年10月30日)

kenchomae20160406.jpg
旧ビル閉鎖直後(2016年4月6日)
これ、深夜ではありません。19時台です。

そして今
kumoji-shoubuild201705-night.jpg 
2・3階がA&Wになった分、明るさが増してます。


仕立てようとしてやってなかったネタを放出。
那覇ハーリーの会場で巡視船もとぶが一般公開された時に、船上から新港埠頭内にいる船を撮ってました。

rkk-churashima20170504.jpg
琉球海運(RKK)の「ちゅらしま」。
総トン数9,483t。2014年就航のRKK最新船

rkk-wakanatsu20170504.jpg 
同じく琉球海運の「わかなつ」。
総トン数10,185t。RKK最大の船。操舵室下にはハーリーに出場する社員チームを応援する横断幕がついてます。

rkk-wakanatsu_aline-ryukyuexp3201705.jpg
わかなつが接岸する桟橋の先端には、小さな内航船。
その奥に見えるのは、マルエーフェリー(旧名・大島海運)の「琉球エキスプレス3」。総トン数10,034t。
琉球海運が貨物専業に転換して結構な年月が経ちましたが、マルエーも東京航路は旅客輸送をやめて貨物航路に転換です。


テロ等準備罪を盛り込んだ、組織犯罪処罰法の改正案。衆議院を通過しました。
巷で「共謀罪」とも言われるあれですね。

近年のテロや組織犯罪への対応や、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(国際組織犯罪防止条約)を署名したことで、これまで国内の法制度になかった、犯罪の実行(未遂含む)に至らない、実行の合意を犯罪と定義し裁判にかけられるようにする必要があります。

必要性は理解しています。
ですが、その内容はよく考えて練ってるか、という感じもあります。
国内でこれまでなかったタイプの法律ですし、不安を感じる方も多いでしょうから、より丁寧に、ですよね。恣意的な運用や冤罪を防ぐ制度・教育も含めて。

そこを指摘しつつ完成度を上げていけばいいものを…

一部を除く野党は、「共謀罪」とレッテル張って反対・廃案ありき。
国会議員が5人もいないところはともかく、最大野党の民進党がこの態度。新しく法律を作らなくても国際組織犯罪防止条約に対応できるとは言いますが、実行前の合意段階で対応するための定義がない状態では、却って曖昧だし恣意的な運用にもなりかねない。

そういうところをブラッシュアップしていけばいいものを、ただ反対したり極端な例で恐怖感を煽ったりで、まあ何だろね。
今に始まったことではないが、まるで成長していない。
政権を担えるまともな野党がいない不幸が、ここにも。


比嘉大吾がボクシングWBCフライ級世界王者になった件。
王者になる過程で、忘れてはいけないのは、何といっても…

具志堅用高

昔の試合映像を見たのをきっかけにボクシングを始めて
才能を見込まれて
そしてついにチャンピオン。

これは、具志堅さんにとっても大きな出来事だよね。
自身が王者になるのと、選手を育て上げて王者にするのとでは勝手が違う。
日本初のボクシング世界王者・白井義男と組んで「白井・具志堅スポーツジム」を立ち上げたのは1995年。所属選手で世界チャンピオンはWBA女子スーパーフライ級を戴冠した山口直子だけ。育てる苦労は想像に難くない。5月21日の沖縄タイムスに載っていたが、暫定王者までいった江藤光喜が2015年に正規王座を獲れなかった時は「ジムを畳むことも考えた」そうな。

TVでは「面白いおっさん」だけど、ボクシングにはすごく真剣。亀田3兄弟ブームの時は、亀田ヨイショの空気が蔓延る中で、正々堂々と問題点を指摘した程。

そんな具志堅さんが、本来の分野で、本物の伝説を残しました。


静岡ホビーショーで出た鉄道模型の話の中でも、これは別に取り上げないとな、という話がありました。

TOMIXがDE10を題材に「選挙」に出ました。
JR各社の仕様のDE10を発売するのと同時に、関連する各社の車両でどれを製品化してほしいか投票し、1位を2018年に製品化するというもの。
投票機会は「DE10の予約時」と「DE10同封の用紙を使いネット投票」の2回。

これ、AKB総選挙商法?に近いよね。
1人でDE10を複数買いして、関連車両投票で同一車両に集中投票もできるから(製品同封の投票用紙を使う時点で、1人1票に固定するのは難しい)。「そこまでやるか?」という感想。さらに「投票のために」大量購入された模型が、選挙後に中古市場に放出される事態も考えられます。これが果たして鉄道模型の趣味世界にとって本当によいのか、意見は分かれそうです。
自分は「面白いとは思うが、ひとつ間違うとどうなるかわからない諸刃の剣」。
また、「製品化されるかは人気投票の結果次第」で鉄道会社から製品化の許諾をもらえるのかという点もひっかかる。

さて、DE10と関連車両をまとめると…
北海道:くしろ湿原ノロッコ
東日本:茶色の1705号機+オリエントサルーン
東海:床下灰色の東海仕様+名古屋の12系お座敷車
西日本:きのくにシーサイド
四国:アイランドエクスプレス四国
九州:ハイパーサルーン塗装の1756号機+783系
貨物:新更新車B+コキ71

北海道、西日本、四国は機関車と関連車両が完全にセットだよね。
九州もセット性が強いけど、こちらは485系と合わせる遊び方もある。
関連車両で見てみたいのは、783系かな。バリエーション展開もいろいろできますから。

そんなこんな言ってますが、自分の持ってるDE10はKATO製。
yukashitawork-de10.jpg 
車輪のふちの銀が目立つTOMIX製と違って、黒染め車輪で足回りが落ち着いてるのが好印象。
とはいえ、後学のためにTOMIX製に手を出すのもありかな?
(そういえば、貨物更新車がいいぞと勧めてきそうな人が…)


さて、過ぎた話ですが、静岡ホビーショーの話。
行けたわけではないので、各所に上がってた鉄道模型関連の話題から、気になったものをメモしときますか。

【20年経った今】
長野新幹線(現・北陸新幹線)開業に伴って“横軽区間”が廃止されて20年になるのね。そのタイミングでKATOが怒涛の碓氷峠ラッシュに出ようとは。
既にEF63や489系を出していたけど、今回はJR仕様で、189系や115系もリニューアルして、客車夜行の能登も出して、EF63の双頭連結器は“フックなし”になって…畳み掛けるねぇ。
碓氷峠物はそれほど興味なかったんだけど(ただし489系能登編成は所有)、これは揺らぐね。

【割り切りか、弄るか】
TOMIXのキハ183系サロベツ編成。
1500番台先頭車の屋根の塗り分け線が、昔のくの字型。現在は直線なので「エラーだ」という人もいそうだけど、これは屋根の部品分割の都合。昔なら「まあいいや」ってなったところかな。それに塗り分け線が変わった時期を考えれば、完全なエラーじゃないし(くの字型だった時期もある模様)。スラント先頭車の入ったBセットは時期的にエラーになるけどね。まあそこは割り切るか、弄るか。
とはいえ、TOMIX製の500番台グループは車体が微妙に歪んでるような…ってとこがひっかかる(フリーランス改造の時も結構気を遣った)。

【連結器が課題】
GM(グリーンマックス)初の機関車となる、名鉄EL120。
かなり出来上がった状態で出てきましたが、ひっかかるのは連結器。ダミーかアーノルト。いや、それはええねん。根元のあたりがほかのに交換するのが面倒そうな形状しとるな。


試合が早く終わったボクシング中継。時間を埋めるために流された昔の名勝負。
沖縄県浦添市のある少年は、その映像で「TVで見る面白いおっさん」が世界王者になった場面を見た。

あれからボクシングを始めた少年は、年月が過ぎ、「面白いおっさん」の下で研鑽を重ね、「面白いおっさん」が世界王者に挑んだのと同じ年齢で、王者に挑む機会を得た。

王者が前日計量に失敗してタイトル剥奪となったものの、試合はやるので体重面で不利な
状態。(実際、ジャッジのスコアも比嘉がダウンを奪ったラウンド以外は前王者に10点をつけてたね)

でも、比嘉はその拳で見せつけました。2Rの左フックからのダウンを契機に、6Rにはこれでもかと叩き込み、2分58秒でTKO。
タイトル戴冠と同時に、プロデビューからの連続KO勝利日本新記録(13)。すごい、すごすぎる。拳が語りかけます(おい)。

具志堅用高
上原康恒
渡嘉敷勝男
友利正
新垣諭
浜田剛史
平仲明信
(暫定だが)江藤光喜

沖縄が生んだボクシング世界王者の系譜に、新たな名前が刻まれました。
その名は、比嘉大吾。WBCフライ級世界王者。
「わんも、カンムリワシないん」
リング上から発せられたウチナーグチは、時代を切り開く一声となるか。


前節は「“負けてた試合”を追い付く」だったFC琉球。
第9節もホーム試合。相手は相模原。
スコアレスドローに終わるかと思われましたが…。

@沖縄県総
琉球 1-1 相模原
(前半0-0、後半1-1)

88分に先制しといて、2分後に同点にされるとか、何してはるんですか。
レッドカードが出て相模原1人退場の数的有利もあるというのに。今節は「“勝てた試合”を追い付かれる」。
メンタルなのか、体力なのか。何が足りない。


地方紙の間で、こんな“論戦”が見られるとはね。

(いずれもtogetter。1本目には元記事へのリンクあり)

福島第1原発に近い浪江町(焼きそばおいしい)で発生した山火事で、また放射能デマが出たのですが、それを紀伊民報のコラムが拡散させちゃった、と。
それに対して、紀伊民報を名指しこそしなかったものの、福島民友がデマ注意喚起の記事を出しました。

こりゃあ紀伊民報やっちゃったね。
コラム書く人にそんなメールが届いたからって、検証も情報収集もなくそのまま書くのかよ。「○○新聞の記者です」と明かせば、識者から話を得やすい、情報を得やすいというポジションにいるんだから、それを使わないと。
(もっとも、聞く相手を間違うとさらにデマが酷くなる可能性もあるが)

でも、もっと深刻なものは、何かあると放射能デマを流す人や、それを拡散するような人かもしれない、これだけ個人レベルでの情報発信手段が充実した現代では、ね。


自分がTwitterで相互フォローしてる、ある鉄道模型のモデラーが、しばらくTwitterでの発信を休止すると聞きました。
理由は本人も詳細に明かしてはないけど、話してる限りでは、そのモデラーに対して妬みというのかな…。

自分よりひと回り以上も年下だけど、プラ板からのフルスクラッチをメインに作品を生み出し、その中には模型雑誌で公開されたものもあります。
細かく見ると荒削りなところはありますが、それらしく見せる部品の使い方や割り切りなど、すごいなーと感心です。

ゆっくり休んで、また刺激的な作品を出してほしいですね。