あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
JR九州の新しい電車、821系。製造元から九州まで回送されました。


当初発表のままの細い客室窓が、いい意味でも悪い意味でも注目を集めてます。違和感があるという感想もわかります。
その理由は、ロングシートの座席の背もたれが高くなったためでもあるんですよね。外からの視線とか、座席と窓の間の掃除の手間とか。
あと、側面の行先表示装置の高さも。

実は、そんな設計変更をした鉄道車両が、国内にあるんですよね。
しかも沖縄に。
ゆいレール。

yui1109f-20160730omoromachi.jpg
開業時までに投入の12本と、その後の追加投入1本(第13編成・1113F)まで。

yui1114f-20160730omoromachi.jpg
2016年以降投入の第14編成(1114F)以降。

14編成以降は、座席の背もたれを高くしたため、窓の上下寸法を詰めています。結構印象が変わりますよね。


銀座にある小学校が「アルマーニの標準服(実質制服)」を採用しようとしてる件。

学校の立地だの教育だの言うけど、小学生だぞ。
遊んで汚すどころか破れる可能性もあるし、6年間に体格が成長すればその都度買うことになって、親の負担がとても重い。
私立ならまだしも、公立でこれはさすがに。

この騒ぎになって以降、「今」通ってる児童が「これがアルマーニか」などと声かけ事案が発生してるというし。

銀座だから高級ブランド物にしないと、というわけでもあるまいに。


Twitterで
#ムカつく電車の行き先選手権
というハッシュタグでのツイートが回ってきました、
駅で待ってるのに、目的地まで行く列車がなかなか来ない…という。
例えば田町から関内に行きたいのに、来る列車の行先が「蒲田」「桜木町」「鶴見」と続くようなものでしょうか。

気持ちはわからなくはないけど、その行先にはそれなりの理由があるのは、鉄道系交通機関に乏しい沖縄にいても想像はつきます(バスでもイメージできる)。
車庫所在地とか、折り返し設備があるとか、路線の分岐とか、需要で大きな落差が生じる地点とか。

また、直行できなくても、代替手段でどうにかなる場合もあります。
さっき例に挙げた「田町から関内」なら、横浜まで出て地下鉄に乗り換えればOK。さすがに「田町から洋光台」だとバスやら何やら手間かかるけど。

阪急公式のツイートをご紹介。

それに、自宅と通勤・通学先間の移動なら、時間や行先もある程度チェックしておくものでしょ。


その中毒性の高い音楽もあって、プラモデルで製品化されたり一部でネタ扱いされる程の人気がある「高収入求人バニラ」の宣伝トラック。

vanilla-adtruck-naha.jpg
那覇に登場しやがったぞw
自分が見たのは、2月16日に海銀本店の裏だが、この日以降沖縄県内で目撃情報がネット上に複数あります。

例の中毒性の高い音楽もそのままに…と思ったら、その文言に微妙な違いがありました。
「出稼ぎ」
「旅行のついでに」
なるほどね、県外で働いて稼ごうってか。
沖縄にいる人をターゲットにするなら、県外の仕事も重要。「Agre」「ルーキー」など地元の求人情報メディアも、県外の仕事を扱っています。

ただ、バニラやヘブンのような夜仕事・風俗仕事の求人情報メディアだと、別の意味もあります。
狭い上にコミュニティの密接さもある沖縄。地元の人が地元のキャバクラ、ガールズバー、ホストクラブ、風俗店で働いていると、知人と鉢合わせてしまう可能性も高いですからね。風俗店だと客と対面する前のチェックもあるようですが、そうはいかない職場もあるはず(昔話に花が咲いてプレイ忘れそうw)。なので、知人との鉢合わせリスクが小さくなるであろう、県外も売りになります。

逆に言うと、首都圏や関西など大都市圏から見れば、沖縄も「出稼ぎ」スポットなわけでして。那覇には、観光客や出張ビジネス客も多数来る飲み屋街・松山に、全国有数の風俗街・辻もあります。県内のキャバクラや風俗店で働く女性で、県外出身の人もそれなりにいると。

ただ、そのような仕事を不本意ながらやらされてる人、貧困状態から抜け出そうと夜の仕事をしているが抜け出せない人もいます。そのあたりの問題は、別でちゃんとやらないと。



2018年2月17日放送の「さまぁ~ずの神ギ門」(フジテレビ)。
「宅配便で届けるのに1番時間がかかる場所は?」という疑問をやってました。
フジでよく世話になってるという佐川急便に聞いたら「石垣島の営業所」ということで、番組調べでは石垣島より先、与那国島の比川集落という結論でした。
所要期間は8日と数時間。

でも、これ、長くかかるパターンだよね。
コースと移動手段を確認すると

フジテレビ
東京の集配拠点
↓(トラック)
西日本の集配拠点@兵庫
↓(トラック)
鹿児島の集配拠点
↓(マルエーフェリー)
那覇港
那覇の集配拠点
↓(琉球海運)
石垣島の営業所
与那国島へのフェリーは3日後出港
↓(番組スタッフが荷物持って乗る)
与那国島
集配経路ラストの比川(ゴール)

番組内の検証では「トラック便を使う」とあったけど、明らかに長いよね。

時間短縮できそうなポイントとしては、鹿児島から那覇への船。
番組ではマルエーフェリーを使っていたけど、あれは奄美、徳之島、沖永良部、与論、本部と途中で寄港する分、時間を要するんですね。
それに対して、琉球海運なら那覇直行。その分速い。課題があるとすれば、運航スケジュールか。
あと、琉球海運は貨物専業なので、番組的にはスタッフが追跡同乗できない。
(おまけ:番組内では那覇から石垣の航路映像がなかったが、この区間は一般旅客が乗ることができる定期航路がなくて追跡同乗ができないためと思われる)

時間短縮といえば、飛行機を使う方法も。
ただし、荷物の種類によっては使えないとか、費用の問題があります。

つくづく、手間も金もかかるなと。
本島在住の自分が首都圏の鉄道模型の店で通販したら、店側の発送から届くのに3~4日かかるし。
てか、離島だと生活必需品も高くつくというし。物流関係のみなさんお疲れ様としか。

ちなみに、番組でこのテーマを見て、自分が時間かかる場所と予想したのが…

南鳥島

確かに生活してる人はいるけど、特殊過ぎるw


ネタのカテゴリーに「民間航空ネタ」を新設しました。

senaga20160806-ana7878.jpg

軍物・海上保安庁以外の飛行機ネタはこちらに。

churaair2017-jta737400-jin01.jpg

航空自衛隊那覇基地の一般公開で見たものを中心にいくつかストックはありましたが、カテゴリー分類上は行き場を失ってました。

churaair2017-cal-a350900-1210-01.jpg 

飛行機ウォッチングだけでなく、従来経済カテゴリーに入れてたニュース絡みや、搭乗メモもこちらにします。


年に一度の新日本プロレス沖縄大会。2018年2月14日、沖縄県立武道館。
後半でーす。

【休憩明け】
新日沖縄大会は毎回「社会福祉チャリティー」と銘打っており、売上の一部を様々な団体に寄付してます。今回の寄付先は陸上競技クラブ。これは新しい。
寄付セレモニー後に本間さん登場

【第5試合】30分1本
矢野通、石井智宏
vs
トーア・へナーレ、真壁刀義
njpw20180214-yano-ishii.jpg
矢野・石井組。リングアナの矢野さん紹介、DVDの宣伝もばっちりw

njpw20180214-henare-makabe.jpg
へナーレ・真壁組。

YTRコール、出なかったな。
試合は石井がへナーレを垂直落下式ブレーンバスターからのフォールで下して矢野・石井組の勝ち。

【第6試合】30分1本
EVIL、内藤哲也
vs
YOSHI-HASHI、後藤洋央紀
njpw20180214-evil-naito.jpg
真っ暗&レーザー演出の“キング・オブ・ダークネス”EVILに続いて登場、2017年プロレス大賞MVPの内藤哲也。

njpw20180214-yoshihashi-goto.jpg
YOSHI-HASHIと後藤。「制御不能な奴等(インゴベルナブレス)」と「混沌(ケイオス)」がぶつかるセミファイナル。

njpw20180214-goto01.jpg
後藤が内藤を担ぎ上げる。

njpw20180214-naito01.jpg
内藤が後藤に低空ドロップキック。

試合はYOSHI-HASHIがEVILを緊箍児で押さえ込み勝利。
njpw20180214-match6.jpg
試合後、リング下から挑発するリング下の内藤と、リング上で挑発をいなすレッドシューズ海野レフェリー。この時海野レフェリーは下のロープに乗ったり降りたりを繰り返し。

[新日2・14奥武山(2)]の続きを読む
“本間帰還”のビッグイベントがあった、年に一度の新日本プロレス沖縄大会。
いろいろ振り返ってみましょう。

第1・第2試合はヤングライオンのシングルマッチ。
成田は体の線が細い感じで、相手の海野が筋肉に張りがあっただけに、差が際立って「大丈夫か?」な印象だったけど、それだけに声援を集めていたな。
去年の沖縄大会で中西と対戦してた岡。あんこ型ヤングライオンいいなと思ってたけど、1年近い間に引き締まってる。今後もリング上とアニメネタ双方で楽しませてほしい。八木はもっと印象に残るファイトを。

○海野翔太(9分31秒)成田蓮×
×八木哲大(7分10秒)岡倫之○
なお海野は新日名物レフェリー、レッドシューズ海野の実の息子。

第3試合以降はタッグマッチ

【第3試合】20分1本
ティーダ・ヒート、田口隆祐、KUSHIDA
vs
グルクンマスク、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー
琉球ドラゴンプロレスの選手も参加した試合。それぞれのテーマ曲に乗って選手が登場するのですが、開始前にリング上で一悶着?
njpw20180214-match3.jpg
リングの上には、ティーダと一緒に登場した“Ryukyu-Dog”ディンゴも。試合メンバーに入ってないディンゴ、セコンドとしてひと暴れします。

試合では、田口が序盤の攻防で、タイガーマスクに技のかけ合いではなく「原辰徳式グータッチ」を要求。戸惑うタイガーにレフェリーが「グータッチ!」と要求する場面もw
結果はティーダがグルクンをフォールして、ティーダ、田口、KUSHIDA組の勝ち。

【第4試合】20分1本
中西学、永田裕志
vs
北村克哉、天山広吉
ここから入場ショットも。
njpw20180214-nakanishi-nagata.jpg
中西と永田。なお、永田は試合前日、タイガーマスクと海野レフェリーとともに沖縄タイムスの本社に行った模様。

njpw20180214-kitamura-tenzan.jpg
デビュー1年弱なのにこの風格な北村(写真左)。天山に負けてない。お前本当にヤングライオンかよw
とはいえ最後はベテランの巧さ、永田が北村をフォール。

このあと会場は休憩なので、レポも休憩(ぇ


年に一度の新日本プロレス沖縄大会
njpw20180214.jpg
2018年はバレンタインデー開催。

まずは、これに触れないと。
休憩明けの寄付金贈呈セレモニー後、出てきたのが

njpw20180214-honma01.jpg
本間朋晃キタ━(゚∀゚)━!
場内この日1番の盛り上がり。

2017年3月3日。ここ、沖縄県立武道館での試合中、首から下が動かなくなる程の大怪我を負いました(中心性頸髄損傷)。
njpw20170303okinawa-jado-honma.jpg
(大怪我の直前の様子)

njpw20170303okinawa-rescue.jpg
(試合後、那覇消防の救急隊が来て搬送)

その後、治療を経てTV番組に出演できるようになりましたが、試合復帰に向けてリハビリ中。

リング上で本間選手あいさつ(もちろんかすれ声)
njpw20180214-honma02.jpg
「プロレスラーは這い上がってなんぼ」
「次沖縄来る時は試合をします」
「もう少し時間をください」

この場面に立ち会えただけで、すごく価値があったね。
試合とまではいかないけど、“現場”でこうして元気なとこ見せてくれた。来てくれてほんまにありがとうですよ。

怪我で長期離脱のレスラーといえば、髙山善廣さん。頸髄完全損傷でリング復帰は困難視されてるけど、本間さんのように元気なとこ見せてほしい。

njpw20180214-honma03.jpg


沖縄国際映画祭の時期よりは早いが、吉本興業仕切りのお笑いライブを県内でやるらしい。
CMでは「M-1王者やキングオブコント王者、今話題のあの芸人も」と謳ってますが…

M-1王者←とろサーモン
キングオブコント王者←かまいたち

このへんはだいたい想像つく。
だが、「今話題のあの芸人」に嫌な予感。

嫌な予感、的中しました。
ポスターの真ん中には、ウーマンラッシュアワー。M-1やキングオブコントの王者を脇に置いてね。

沖縄の問題を笑いの題材にするのはいいけど、付け焼き刃にも劣る中途半端な知識やデタラメでボロを晒してねぇ。今では特定の政治的指向の人々にヨイショされる状態。

反省して、ちゃんとできるのかね。
「権力に逆らう俺かっこいい」だけではあかんで。