あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
2017年に入り工事が始まった、国際通りの國映館跡再開発。
沖縄再開発シリーズではしばらく登場してなかったので、おさらいすると、台湾のセメント会社、嘉新水泥が中心となって進めてる案件。

この工事、状況がほとんど見えません。
f-kokueikan201802-01.jpg
(2018.2.9撮影)
ほぼ全周の衝立がかっちりしてまして。基礎の段階はこの状態でしょう。
また、1月には現場内で不発弾(アメリカ製50kg爆弾)が見つかり、国際通りを封鎖して処理されました。(2018.1.20:沖縄タイムス)

【おまけ】
この状況を確認中…
f-kokueikan201802-02.jpg
プロレスの宣伝カーが横切ったw

新日本プロレス沖縄大会
2月14日、会場は奥武山の県立武道館。午後6時30分ゴング。


2018年1月のツイートからピックアップした「ツイまとめ」2018年1月号。



アタック25の年明け初回はテレ朝系列の局アナ大会。テレ朝系列は名前に「朝日」がつく局が多い。

ベッキーに関する件。ちなみに現時点でも沖縄で放送はしていない(2月17・18日予定)。



[ツイまとめ2018年1月号]の続きを読む
うまいもの枠、最近ラーメンが続いてますが、「2月9日は肉の日」ということで2月9日は肉。
gorillapunch-01.jpg

2017年のAKB総選挙で便乗ステーキ企画やってた頃に舞い込んできた情報の店にしましょう。
gorillapunch-02.jpg
国際通りにある「ごりらパンチ」。

gorillapunch-03.jpg
通りにも主要メニューが出てます。

gorillapunch-04.jpg
店は建物の2階。どこから入るか一見わかりにくいですが、階段の前にもメニューがあるのでわかります。

[肉はうまい、あとはもうひと押し]の続きを読む
「辺野古新基地反対」の現職が負けた名護市長選。
勝因・敗因は何だったのか

整理すると
◆渡具知陣営の本気(小泉進次郎が2度来る程の自民の本気応援、公明と維新がついた、SNS活用のうまさ)
◆稲嶺陣営の慢心(現職優位の思い込み、相手をなめてかかった、役割分担のまずさ、続発する米軍のトラブル、南城市長選)
◆稲嶺陣営に、辺野古一点ばりで地元そっちのけなものがあった(共産党が送り込んだ運動員、国政野党の応援)
◆辺野古以外にもやるべきことがあるが、2期8年でそれをできていたか
◆唐突なネオパークへのパンダ誘致話

稲嶺市長時代の2期8年、辺野古では工事が進む。一方で生活や経済はどうか。ここだよね。
わかりやすい例だと、要望があったのになかなか着手されず、日本ハムが一時的にキャンプ地を移す事態になった球場の改修。ほかにも沖縄全体で観光客が増えてるものの、目的地が美ら海水族館や古宇利島などで、名護が素通りされがちだったり。

あと「辺野古疲れ」も。
あれだけ反対しても止められないだけでなく、現地の反対運動と住民の軋轢、激化する抗議への拒否感、賛否をめぐる住民の分断からの「触れたくない」感などなど。
それでも稲嶺市長時代に生活や経済の仕事がちゃんとできていれば、まだ状況は変わったのでしょうが、実際は基地反対運動ばかりの印象になった、と。果ては稲嶺支持者の中から「辺野古に新基地ができればオスプレイが100機配備され飛び交う」といった話(元防衛大臣・森本敏の著書に記述があるが、真偽は不明)を利用した煽りも出る始末。

稲嶺陣営の慢心といえば、選挙事務所に法定ポスターが余ってるのを見た翁長知事が「たるんでる」とぶち切れた一幕もあったとか。
とはいえ、慢心以外にも敗因があったわけで。


baikouken-syoyu01.jpg
某アニメに触発されて…だけではありません。

瀬長島から見える
oka2ndrw201802-06.jpg
那覇空港第2滑走路の、工事状況の確認です。

oka2ndrw201802-01.jpg
(すべて2018.2.8撮影)
滑走路南側の誘導灯部分。

oka2ndrw201802-02.jpg
滑走路南端。工区でいう第1工区。

oka2ndrw201802-03.jpg
ウミカジテラスの上から。これから埋め立てが本格化する第1工区。土砂を搬入した船と、近くに積まれた土砂がわかります。

oka2ndrw201802-04.jpg
第2工区より北の部分。
地表の色に濃淡がありますが、薄い部分は滑走路と誘導路になるところ。

oka2ndrw201802-05.jpg
滑走路の工事に付随して、新しい管制塔の建設もやってます。写真中央にちょこんと出てる物体。
(右の箱状の建物は航空機整備工場)
高さ88.5m。国内では羽田に次ぐ規模になるとか。それだけに、工事にはタワークレーンも使ってます。


2017年12月に沖縄自動車道で発生した交通事故の報道で、産経新聞が記事の取り消しと謝罪したそうな。

【ことのいきさつ】
沖縄自動車道で多重交通事故が発生
この事故でアメリカ海兵隊員が重傷
海兵隊員が事故の被害者を救助しようとしてはねられたという話が出る(これが事実と異なっていた)
産経がこの報道で海兵隊員を賞賛。救助を報じない琉球新報と沖縄タイムスを「日本人の恥」「報道機関の資格なし」と批判
ところが、海兵隊員は救助をしていなかった(県警と海兵隊両方認める)と地元で報道される
救助された被害者も「海兵隊員か記憶にない」
産経が謝罪

海兵隊関係者のFBやNBCの報道にあたったとはいうけど、肝心の沖縄県警に取材してないのかよ、と。産経もほかの全国紙と同様に那覇に支局があるんだから、泉崎の県警本部にすぐ行けるでしょうに。

基地反対運動に批判的なスタンスは構わないけど、基礎的なことちゃんとやらんと、相手に攻撃材料を与えることになるし、ひいては報道全体の信頼性にもかかわる。


めっちゃ久々にF1の話題。
グリッドガール廃止らしいな。

グリッドガールを問題視する方々の中には、レースクイーンと勘違いしてる人、いないかな?
あの際どい(ものによってはエロい)衣装を問題視してるのでしょうが、グリッドガールは、そうではない例もあります。開催地の伝統的な衣装とか。
英国GPでは、スポンサーのエミレーツ航空の客室乗務員がその制服でやったことも。
これを全レースでやればよいのでは?
鈴鹿なら浴衣、アブダビならエティハドのCAとか。

性的搾取や差別は問題だけど、行き過ぎに懸念。


ラーメン大好き小泉さん♪
…完全に触発されとるな。沖縄版やってるつもり。
沖縄には「てだこラーメンデータベース」という先駆者もいるので、あくまでマイペースに。

天下一品味の時計台に続いて登場するのは梅光軒。
沖縄にもあります。瀬長島のウミカジテラス内。
店レポは2015年にやってますが、改めて。
baikouken-syoyu01.jpg
今回は梅光軒の地元・旭川にのっとり、しょうゆラーメン(780円)。
梅光軒は札幌も含めて行ったことがあるけど、旭川ラーメン本式の醤油がまだだった。

baikouken-syoyu02.jpg
豚骨・鶏ガラの「動物系」と煮干し・昆布の「魚介系」をかけ合わせたダブルスープ(Wスープ)。醤油系だけど濃い、それでいてしつこくない、飲み干せるスープです。

baikouken-syoyu03.jpg
中細ちぢれの麺をリフト。するするっと。

はぁ~(あのアニメ風w)、おいしくいただきました。

さて、唐突な瀬長島ですが、小泉さん便乗以外の目的もあります。
それは別のネタで。


セブンイレブン沖縄進出。一気に動きが表面化しました。

沖縄食糧と合弁で総菜製造会社を設立
PB商品工場か物流拠点になる土地を取得
金秀商事が100店のフランチャイズ

金秀は想定内。
ファミマがリウボウ、ローソンがサンエーと組んでいる状態で、もし沖縄の流通・小売と組むならこうなる。ただ、ファミマやサンエーとは違い、合弁企業ではなく、金秀商事がフランチャイズという形。

意外なのが、沖縄食糧。
沖縄食糧側は「場所を提供しただけ」といいますが、これは興味深い。


2018年になって出てきた「沖縄にパンダ」。
飼育先に名護市のネオパークを想定ということもあり、名護市長選でも話題のひとつとなりました。

はっきり言って、いらないです。

中国からの観光客狙いといいますが、中国に生息してるパンダを、沖縄に来てまで見るでしょうか。国内でも上野動物園や南紀白浜(アドベンチャーワールド)などにいるからね。東京や関西で見られるのに、わざわざ沖縄行って見るかね。

お金もかかります。レンタル代で億単位の出費。さらに気温や湿度の高い沖縄ですから、飼育・展示施設は空調完備などが求められ、さらに出費が要ります。

パンダで何億円も使うよりは、その金を沖縄の野生動植物の保護に使う方が、観光にとっても有益じゃないかな。