あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
人口31万にしては結構な都市規模だよなぁ、な那覇市の中心部に、レトロというか取り残されたというか、そんな空間。

miebashi201706.jpg
瓦屋根を含む、年季の入った建物の数々。ゆいレール美栄橋駅から見える光景。ジュンク堂那覇店の裏あたりですね。

まだ知らない那覇、見つけてみませんか?


可能性があったとはいえ、バッドな結末になっちゃいましたねー、AKB48選抜総選挙in沖縄。
【決まったこと】
コンサート中止
総選挙の公開開票イベント中止
開票イベントは非公開
チケットは払い戻し(詳しくは公式サイトで確認を)

開票はTV生放送もあるので意地でもやるのでしょうが、各方面への影響は大きいよね。
と言うか、なぜ梅雨シーズン真っ最中に野外大型イベントなのかな。
野外イベントにとっての降雨・荒天リスクはいつでもあるけど、梅雨時期だとそのリスクは上がってるはず。

では、日程を少しずらすのも難しかったのか。

これまでのAKB総選挙、開票日は2009年の第1回が7月だったのを除くと6月で、現在この時期で定着してます。
ところが、今回会場となった沖縄、6月は梅雨の時期です。梅雨明けは例年6月23日(慰霊の日)前後。では、6月23日以降にずらせるか。カレンダーを見ると…

23日(金曜日)
24日(土曜日)
25日(日曜日)

土曜日の24日開催だとしても、2017年は曜日の配列が厳しいです。
なぜか。慰霊の日も、県外からの参加者が来ます。
慰霊・追悼式典参加者とAKB総選挙参加者で、宿泊施設のキャパを越えてしまう可能性が否定できません。
そうなると、残る選択肢は6月の早い時期にするか、7月にするか。6月上旬では降雨リスクが高いままですし、7月だと飛行機の運賃が上がりやすい。どちらも回避しようとしたら、総選挙の開催時期自体を変える必要性が考えられますが、運営はそれを選ばず、この日程に。そして開催週になって、梅雨時期にしては多い降雨が続き、落雷も。最終的に実質中止となりました。

なぜこの時期に?という背景を探ると、どうしようもない要素が見えてきてしまった件。
沖縄側で誘致の中心となったリウボウグループ(特に沖縄ファミリーマート)にとっても痛手になるし、何と言っても、沖縄に来た、あるいはこれから沖縄に行こうとした時にニュースを突き付けられたファンの心中はいかほどか。


連日の大雨で、ここに来て「やれんのか!」な様相のAKB48選抜総選挙in沖縄。
便乗企画もいろいろ出てますが、その中でAKB云々を差し置いて「これはいっとけ」な企画を発見しましてですね。

「STK480」

肉480グラムのステーキを食べて総選挙に臨もうというもの。
ですが、480gって、ステーキ店の多い量でよく目にする1ポンド(約450g)よりも重いですよ。思い切った企画やるねぇ。

…行きました。AKBファンではないけど、一種の祭りですし、それに個人的にも乗っかりやすいw
stk480nikuka-01.jpg
480gのステーキ。

企画参加店舗の中から、今回行ったのは
nikuka.jpg
HAPiNAHAの裏の通りにあるステーキ店「ニクカ」。写真の建物の2階。

「肉480g」以外は参加店舗によってまちまちですが、ここは肉を「ランプ(赤身)」と「カルビ」から選べます。1ポンド越えのヘヴィー級なので、あっさり食べやすいランプを。
それが、これ。
stk480nikuka-01.jpg
塊2つ。付け合わせが少なめですが、ライス・スープ・サラダ食べ放題なので栄養のバランスはフォローできます。お値段は2,480円。

stk480nikuka-02.jpg
焼き方はミディアムで注文したんですが、どうですか、この肉感。
480gですが、しつこくない赤身で、かつ肉をがっつり食べる感じを楽しめます。

企画参加店舗は総選挙公式サイトでも紹介。88辻本店や四季とか大御所も参加してるな。
注文すると総選挙ステッカーがもらえます(各店在庫限り)。
推しメン応援の験担ぎに、あるいは普段食べないビッグサイズに挑戦に。


沖縄三越跡を再生した、国際通りの商業施設「HAPiNAHA(ハピナハ)」
hapinaha201706-01.jpg
ここは、建物の賃貸などの関係で、2017年6月までの運命です。
その2017年6月がやってきました。

hapinaha201706-02.jpg 
正面入口にはカウントダウン告知。ポケモンストアは移転も発表されてます。

hapinaha201706-03.jpg
そうなると、既に解体された那覇タワー・MAXY跡も含めてどうするのか。
おさらい的に見てみる裏側。

hapinaha201706-04.jpg
1970年完成部分と1991年完成部分の境界。塔状に高く突き出したのが1970年部分。

hapinaha201706-05.jpg
1970年部分と那覇タワーをつないでいたであろう箇所のシャッター。全国のトマソン物件ファン注目ですよ。

hapinaha201706-06.jpg
1991年完成部分を国際通り側から。

hapinaha201706-07.jpg
見納めの時が近付いてきました。


最期の日は、誕生日でした。R.I.P.
元沖縄県知事・大田昌秀 死去(享年92)

思想は今の自分とは対極の位置なんですが、「平和の礎」など注目に値するものはあります。
沖縄の歴史の中で、ひとつの時代の中心人物でした。
せめて慰霊の日までは、という感じはありますね。

これで健在な沖縄県知事経験者は稲嶺恵一(在任1998~2006)と仲井真弘多(在任2006~2014)の2人。
と言うか、沖縄の政治家や自治体トップ経験者で、沖縄戦時に戦闘員だった人ってどれだけ健在だろうか(大田さんは師範学校在学中に鉄血勤皇隊に動員された)。


前回確認から2週間少々。どの程度まで進んでるでしょうか。

ryushin-izumizaki201706-01.jpg
(すべて2017.6.12撮影)
国際通りに向く側の円弧を描く角のところまで、形になってます。
敷地北側の歩道上に覆いをつける作業をしており、その部分は通行止めに。

ryushin-izumizaki201706-02.jpg 
パレットくもじ側から。外壁面が背後の建物よりセットバックしてるのがわかります。高層ビルの建設で定着した公開空地でしょうね。

ryushin-izumizaki201706-03.jpg 
一見ガソリンスタンドを作ってるように見えますが、紛れもない、新聞社の本社ビルです。

ryushin-izumizaki201706-04.jpg
後々の比較用に縦アングル。

ryushin-izumizaki201706-05.jpg
バスターミナル側の通りに面したところ。

[【沖縄再開発】琉球新報新本社ビル(2017.6)]の続きを読む
「国内47都道府県でセブンイレブンがないのは沖縄だけ」という状態になって約2年。
ついに沖縄進出が正式に発表されました。
2019年度に開店、進出5年で250店を目指すといいます。

ここ数年の「沖縄進出」物はいろいろありますが、それらの中でも大物です。
小売り・流通業界にどれだけのインパクトをもたらすがですが、消費者としてはPBのセブンプレミアムなど商品の出来はどうなるか。

seven-jasmin.jpg
こいつも「ジャスミンティー」ではなく「さんぴん茶」として出てくるのかな?


苦戦かと思ったら、5試合負けなし(直近2連勝)のFC琉球。
ホームでの第12節で相対するは、“あの”長野。吹っ切らないと。

@沖縄県総
琉球 1-1 長野
(0-0、1-1)

前半は長野優勢、折り返してからは琉球優勢ですが、得点なくそのまま終了か…そんなことはない。

90分+1 右CKから寺岡の頭で長野が先制
アディショナルタイムで決められたら、普通ならTHE ENDです。ところが、「長野の選手が喜ひ過ぎて時間とったので、アディショナル1分加算」。
そんなことあるのか。そして…

90分+5 琉球PKゲット、富所が決める
うりひゃあでーじなとーん。
勝ち点3とはいかなかったが、バッドエンドで終わらせなかった。それに、90分+5という「もう試合終わりだよ」な状態でもゴール内のボールを拾ってプレーを早く再開させようとする姿勢。ジョンソン監督が以前「足りない」と指摘していた闘う意識、ついてきてますね。


さて、開催から1週間なりましたので、沖縄の模型サークル「製作第一課」の作品展示会見物記はこれがラスト。

seisaku1ka201706-zero22.jpg
零戦22型。

seisaku1ka201706-spitfire.jpg
スピットファイア。

旅客機もいました。
seisaku1ka201706-jaldc8.jpg
JALとか日本航空と言うより「日航」と言いたくなるDC-8。

seisaku1ka201706-anab727.jpg
モヒカン&ダヴィンチのヘリマークのANA、727ですよ。

seisaku1ka201706-anaa321.jpg
ANAは現役機も…って、最近再導入したA321じゃないですか(新仕様のneoではなく、在来仕様のceo)。
A321の胴体に、ウイングレットつきA320の主翼とエンジンを組み合わせた労作。エンジンもちゃんと「以前ANAが運航していたA321」とは違います。
(以前の機体はV2500、現行機はCFM56)

seisaku1ka201706-subarubrz.jpg
二式水戦とBRZ、中島飛行機とSUBARUの歴史並び。
作者は国際通りの模型店「みぶろやさん」の店主で、BRZは中島でも生産した零戦の機体色「灰緑色(別名飴色)」で塗装したカスタム仕様。

いやー、他ジャンルの模型もいいですね。参考にも刺激にもなる。
次いつ展示会をやるかはわからないとのことですが、ぜひやってほしいですね。



さて、やっぱりといいますか、鉄道物は0。
こればかりは「まあ、そうなるな」


模型サークル「製作第一課」作品展示会から。
空物も見ていきましょう。

seisaku1ka201706-f1.jpg
ASM-1に誘導爆弾と重装備なF-1。

seisaku1ka201706-f104.jpg
F-104は那覇にいた第207飛行隊仕様。

seisaku1ka201706-f15j-01.jpg
その隣にいたF-15も那覇基地ですね。

seisaku1ka201706-f15j-02.jpg
しかも部隊マーク(鷲のマークの204飛行隊)がロービジ化された現行仕様。

seisaku1ka201706-f16misawa.jpg
搭載してるのが主翼端のAIM-120だけという、かなりシンプルなF-16ですが、これ三沢基地のやつ。
HARMにJDAMにスナイパーXRポッドなどてんこ盛りなF-16に見慣れてるだけに、増加燃料タンクもない姿はかえって新鮮。

seisaku1ka201706-f14.jpg
全国のトム猫ファンの皆様へ、雑誌付録キットから仕立てたF-14ですよ。

seisaku1ka201706-us2.jpg
US-2は飛行状態ディスプレイだったので、迫力重点。