あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
自分がTwitterで相互フォローしてる、ある鉄道模型のモデラーが、しばらくTwitterでの発信を休止すると聞きました。
理由は本人も詳細に明かしてはないけど、話してる限りでは、そのモデラーに対して妬みというのかな…。

自分よりひと回り以上も年下だけど、プラ板からのフルスクラッチをメインに作品を生み出し、その中には模型雑誌で公開されたものもあります。
細かく見ると荒削りなところはありますが、それらしく見せる部品の使い方や割り切りなど、すごいなーと感心です。

ゆっくり休んで、また刺激的な作品を出してほしいですね。


「アベノセイダース」ともいわれる、反安倍勢力内の一部で出ていた話が、ここに来て浮上しましたね。「加計学園」案件。
森友学園でも追い詰められず、次はこれだと、加計で賭けに出たのでしょうか。

ただ、朝日新聞が取り上げた文書の出所がどこなのかとか、不明な点が多くて。民進党の
議員と加計学園の接点を指摘する声もあるね。

真偽の究明はするとしても、それに集中して政治が本来やるべきことをほったらかしにしてはいかんなぁ。


北朝鮮に融和的といわれる、韓国の新大統領、文在寅。
しかし、北朝鮮にとっては関係ないのでしょうか。就任数日で…

弾道ミサイル発射

まったく。何がしたいのか。


2016年7月に準備会を立ち上げていた、沖縄・琉球独立志向の新団体「命どぅ宝!琉球の自己決定権の会」。2017年5月に正式に設立されました。
「独立する」のかりゆしクラブ、琉球民族独立総合研究学会(独立学会)に対して、「独立も辞さず」と若干ニュアンスが違うように感じるでしょうが、要注意です。

なぜなら、自己決定権の会の共同代表のひとり、与那嶺義雄(西原町議)は、独立学会の会員。
独立学会の公式サイトでも、2016年5月のシンポジウムにパネリストとして登場したことが記載されています。

特に注意が必要な点が、この団体は政治団体として活動するらしいです。
7月の那覇市議会の議員選挙を皮切りに、県内各地の選挙で候補者を擁立する構想があります。そして各議会で自己決定権確立の決議をしていくとのこと。
独立派勢力で選挙に出馬といえば、かりゆしクラブも過去にやってますが、あちらは代表・屋良朝助の個人商店状態かつ泡沫扱い。しかし、今回はそれなりに団体として立ち上がり、幹部には現役の町議会議員がいてノウハウの共有も可能。それに、市町村の議員選だと、政党や政策よりも地縁が投票行動に影響しやすい面があり、「自己決定権の会所属の議員」が登場する可能性があるという点も厄介。

そして、このような活動をしようとする団体の最高幹部のひとりが、独立学会の会員でもある。
まさかと思うけど、自己決定権の会は独立学会の政治活動部門じゃないよな?

この団体には要注意です。


列車の切符や旅行商品を売る支店は閉店しましたが、JR九州グループは引き続き沖縄で営業してますよ。ドラッグイレブンね。
そのイレブンのある店舗の近くで建設中の…
jrkhotelokiei201705-01.jpg
ホテルも系列だったり。
沖映通りの「JR九州ホテルブラッサム那覇」。姿を見せました。

jrkhotelokiei201705-02.jpg
美栄橋駅側(ラーメン暖暮前)から見ると、こんな感じ。

jrkhotelokiei201705-03.jpg
こちら側も看板ついてます。

jrkhotelokiei201705-04.jpg
仕上げの作業。

jrkhotelokiei201705-05.jpg
正面入口は赤瓦の古民家の意匠。

jrkhotelokiei201705-06.jpg
古民家の正面にあった「ひんぷん」も再現?


この結果のシナリオ、小説雑誌の編集部に持ち込んだら、没にされるな。

沖縄で開催された日本プロゴルフ選手権。宮里優作が優勝。
お見事です。
聖志、優作、藍の宮里3兄妹のうち、優作は地元開催大会で優勝してなかったから、ひとしおでしょうね。しかも中日クラウンズに続く連勝かつメジャータイトル。

選手会長の重責もある中、プレーでも示してくれました。


アメリカの施政権下から復帰して45年の沖縄。
復帰後生まれ世代なので、あの当時のライブ感はわかりません。
ただ、昔の写真を見るのが好きなので、当時の写真を見ては「そうなのか」と理解しようとしてはいます(本読んだり話を聞いたりもする)。

変わったもの、変わらないもの、いろいろあります。
郷愁や不満もあるでしょう。
だが、最近は亀裂や溝を生むような言動がちらほら。

そんな45年目ですが、いたって平穏。
その平穏が大事なのかも。


「神なら沖縄市体育館にいた」興奮の結末から1週間。
Bリーグ最初のチャンピオンシップ(CS)。なぜかキングスの相手は同じ西地区のシーホース三河(もちろん西地区優勝)。CSのプレミア感が若干…。
でもまあ、やらないと。

@愛知・刈谷
(13日)琉球 72-76 三河
(14日)琉球 75-81 三河

終戦。ですが、圧倒されたわけではない内容。
ひとつ歯車が違えばどうなったかわからない。レギュラーシーズン1勝5敗の相手に、よくやったといえる面はあるね。
旧NBL勢に苦戦したシーズン、CSに進出した旧bj勢が琉球と三遠だけ…など振り返ると、よくここまでやれたな、という思いはあるね。本当にお疲れ様でした。


まだ2勝のFC琉球。
第8節の相手は、今年からJ3に参入、あの某人気アニメの舞台からやってきたアスルクラロ沼津。ゴン中山も在籍してる注目のクラブです。
リーグ的には新顔ですが、要注意。ホーム戦だからと安心できないね。

@沖縄県総
琉球 2-2 沼津
(前半0-1、後半2-1)

スコアだけ見るとドローだけど、これ、負けてたね。試合は沼津ペース。
1-1に追い付いたのなら、もっと攻めないと。ほらね。富所がアディショナルタイムに決めて同点にできたようなもの。
もっと奮起してほしいよね。


延伸工事が進むゆいレール(沖縄都市モノレール)。橋脚などは現地でできますが、軌道(線路)は別のところから持ってくる必要があります。

それはどこで作ってる?
yui-railfac01.jpg
県内にあります。
浦添市の南西部・那覇港浦添埠頭や物流施設を擁する西洲地区。物流施設エリアとキャンプ・キンザーに挟まれた一角に、PC軌道桁製作場があります。
なお、写真はすべて敷地外からの撮影です。

yui-railfac02.jpg
ファクトリーと、その建物にまたがるガントリークレーン。

yui-railfac03.jpg
敷地内の掲示板。
軌道桁の作り方はこちらを参考に。(モノレールジャパンから)

yui-railfac04.jpg
建屋内から出てるレール。沖縄で貴重な「2本の鉄のレール」。

yui-railfac05.jpg
敷地の北側には軌道桁が置かれてます。

yui-railfac06.jpg
置かれた軌道桁の中には、設置場所の表記がついたものもあります。