あなたに見えてる沖縄は、見たままのものとは限らない
接戦・激戦といわれてはいたけど、こうなったか。名護市長選。

(選管最終)投票率76.92%
渡具知武豊 20,389
稲嶺進 16,931

新人の渡具知さん当選。
前回自主投票の公明党が渡具知陣営についたとか、維新もついたとか、渡具知陣営の総力戦とはいえ、稲嶺陣営に有利な要素が多数あったんですよね。
○ひと月3回の米軍ヘリ不時着
○普天間でのヘリの窓落下
○高江での不時着炎上
○状況は不透明だが基地反対派は「米軍のヘリが落とした」としてる、保育園の屋根で発見された部品
○南城市長選での“オール沖縄”候補の勝利

しかし、蓋を開ければこの差。稲嶺、渡具知どちらが勝つにしても、選挙期間中にいわれた接戦展開が本当なら1000票差はない、あるいは南城みたく100票差もない展開も考えられたんですが、3000以上とな。
ねるとん紅鯨団風に表現すると「大!どん!でん!返し!」
そういえばBrexit(EU離脱を問う英国国民投票)みたいという評価もあったね。

稲嶺支持者や基地反対派からは「辺野古を争点から隠した」と批判や恨み節が聞こえますが、忘れてはいけないのは、これ、地方自治体の選挙なんですよね。地域の課題をどうするかが重要。そこを稲嶺陣営はアピールできていたのか。
伝え聞くところでは、産業、インフラ、医療、ごみ収集16分別の見直しなど。

ところが、稲嶺陣営で、大黒柱たる翁長知事から出たのは「辺野古新基地反対」と「パンダ誘致」。客寄せパンダではなく、本物のパンダ。
なめとるわ。(パンダについては別にまた書く予定)

地域のことから国政レベルのことまで、特に注目されやすい街のリーダーです。
お仕事しっかりとね。


ボストン・レッドソックスの「バンビーノの呪い」。
シカゴ・カブスの「ヤギの呪い」。
アメリカMLBにかつてあったジンクス。

そして、沖縄。具志堅用高が王座から陥落した、1980年の地元での防衛戦。計量後にアイスクリームを食べたかったが、食べられなかった。
これも一種のジンクスか。

あれから時が過ぎ、37年ぶりの沖縄でのボクシング世界タイトルマッチ。
防衛戦に臨む比嘉大吾は、具志堅用高のジムに籍を置く。自身の王座防衛以外にもいろいろのしかかります。
王者は計量後…ブルーシールのアイスクリームを食べました。無念を晴らすパフォーマンスのようにも見えましたが…。

1RでKO(TKO)勝利

37年越しの快挙は、152秒でフィニッシュ。
右フックで頭をぐらつかせてからのラッシュ。そして左フックでガードが空いたボディーに右ストレートでダウン。「もう終わり?」という早さ。
そりゃあ具志堅会長もリング上インタビューで「ボクシングジムの会長」ではなく「芸人」のリアクションが出ますわ。

これで国内最多連続KO勝利記録(15連続)と並んだわけですが、あまり意識すると落とし穴が発生するかもしれない。より腕を磨いてほしいね。


いつもなら改編期のアニメ夜話ですが、2018年1月期はちょっと遅れて始まった作品もあるので、それについて少々。

シリーズとはいえ、制作会社が変わるとこうもテイストが変わるか。
Fate/EXTRA Last Encore
物語シリーズかよと思える場面があちこちに。監督新房昭之+シャフトと知って納得。
ufotableが作った方(Zeroとstay night[UBW])から見るようになって、ついこの前までApocrypha(制作はA-1)を見てたんで、新鮮。

というか、EXTRAの前にやってたのがエクストラなんですがw
カーニバルファンタズムって何ですかあのカオスとパロディは。


年間の観光客数で、沖縄がハワイを超えた件。
今回は前のネタとは別の視点の話。

「基地は沖縄経済の阻害要因でしかない」という話があります。
一方で、それに対する批判もあります。
これをめぐって、最近では、産経新聞が沖縄県のある統計を引き合いに出して「反基地に利用してる」と批判したが、実際は…ということもありました。

さて、ハワイはどうか。
軍の基地、いろいろありますね。大きいところで海軍の真珠湾、海兵隊のカネオヘベイ、空軍のヒッカム。
それでも、基地が阻害要因になってるとは聞かないですね。
2017年にTOKYO MXで放送された特番で、沖縄の観光業界団体・沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長が「基地と観光は共存できない」と発言しましたが、その論理だと…。

もちろん、単純に比較できない要素はいくつかあります。
米軍はハワイでは自国の軍隊ですが、沖縄では外国の軍隊。
米軍がいる歴史的経緯。
地位協定の存在。
それぞれの問題・課題には対処する必要があります。しかし、基地(特に米軍)の存在が経済・観光の阻害要因と断定するのはどうかな、と、ハワイを見て思いますね。
基地目的で来る観光客もいるじゃないですか。ぶっちゃけた話、反対運動の人もカウントする?

「それはそれ、これはこれ」と、分けて考えるところですね。


観光客が多いイメージのハワイだけど「え、それだけ?」な印象ですね。年間1500万位はいそうな感覚してました。
2017年(年度ではなく暦年)のハワイの観光客数。
9,382,986
一方、2017年の沖縄の観光客数。
9.396.200

沖縄がハワイを超えました。

「数」はね。数。

でも、内容はハワイには及びません。滞在日数は短いし、消費額も小さい。

【平均滞在日数】
ハワイ 8.95日
沖縄 3.78日
沖縄の滞在日数の短さは、国内客が「まとまった長い休暇を取りにくい国・日本」というのも関係してるかな、と思えるけど、最近増えてる外国客がより長く滞在したくなるようにする工夫が必要かと。あと、滞在期間が長くなるなら、ホテルの客室数もそれなりに増やす必要はあるかと。

【平均消費額】
ハワイ 196.999円(1787.9ドル、2017年)
沖縄 75.297円(2016年)
富裕層向けな諸々で差がついてるし、滞在日数も影響してるよね。
あと、沖縄に来る外国人観光客は「沖縄」よりも「日本」を求める傾向があるという指摘もあり、そのへんを意識した商品開発も必要でしょう。例えば土産屋にガンプラを置くとか、沖縄物に抹茶を使う「和風アレンジ」とか。
それと同時に、「沖縄」を売り込む余地はもっとある、と。

ハワイから吸収するもの、まだあるよね。


2018沖縄大選挙イヤー、序盤の大一番は名護市長選。
1月28日告示・2月4日投開票。予想外の出馬表明もなく、「現職/オール沖縄」と「新人/国政与党」一騎討ちの選挙となっております。

[届出順]
稲嶺進(いなみね・すすむ)【推薦】民進、共産、社民、自由、社大【支持】立民
渡具知武豊(とぐち・たけとよ)【推薦】自民、公明、維新

普天間基地(飛行場)のキャンプ・シュワブへの移設統合も絡みます。
様々な情報や情勢読みがありますが、どうやら“激戦”のようです。
激戦の大きな要素と考えるものは、前回の2014年はどちらにもつかず自主投票だった公明党が、自公の枠組みで新人渡具知陣営に推薦でついていることでしょうか。公明がついてるということは、創価学会の会員票や会員の友人知人票(巷ではF票ともいわれる)の動きも影響しそうです。現職の稲嶺市長も、学会員の“良心”に期待するような言動をする程。

ですが、稲嶺市長は2期やってます。最初の出馬時の2010年も、自公推薦候補(当時現職)との対戦で、当選しました。
ただ、2010年は大きな変化要素が複数ある点にも留意が必要です。
市内で保守系の一部が稲嶺陣営についたこと。
民主党中心の連立政権が国政与党となり、「普天間は最低でも県外」と言った鳩山首相が就任してまだ年月が経ってないこと。
そして、鳩山首相が方針を転換する前で、「普天間は県外に」を期待する空気が支配していたこと。

あれから時が過ぎ、新基地反対を掲げた稲嶺市長で2期8年やってきたが、阻止するどころか基地本体の工事も始まってる現実があります。

基地以外も「どうするか」議題や課題があります。

さあ、どうなるか。


ネット上に所属タレントの写真が出るのを頑なに拒んできたジャニーズ事務所が、ようやく緩和したとのこと。

ネットニュース解禁第1号となった関ジャニ∞錦戸亮主演映画の会見。外国売り込みも考えると、解禁しないと、外国メディアにまともに取り合ってもらえないでしょうからね。

今のところはドラマ、映画、楽曲などの新作発表の場ということだけど、まさか、それで終わりじゃないよな。

姿が見えないドラマ公式サイト
黒塗りの電子書籍
ゲストに来たら配信が止まるradiko

やるべきこと、まだあるよね。
ゴシップから守るのと、プロモーション、両立できるよね。


那覇空港の第2滑走路。
oka2ndrw201801-01.jpg
(すべて2018.1.30撮影)
国際線ビルから見て、北端はこんな感じ。

oka2ndrw201801-02.jpg
接続部分。

さて、1月30日の琉球朝日放送(QAB)の夕方のニュースで、滑走路の建設状況の特集がありました。
上空からの写真もあります。
qab20180130.jpg
(©️QAB)
既に埋めてる2・3工区では、滑走路と誘導路のアウトラインが見えてます。
このほか、接続部分のうち5工区は水路を設けて海流を確保。新管制塔は国内では羽田に次ぐ高さになるとのことです。


那覇空港の際内連結ビルの工事状況を見るために、国際線ビルに。
すると、砂色の軍服っぽい服の人が次々と来まして。
海兵隊かな、と思ってよく見ると、肩に旭日旗のワッペン。錨の階級章も。海上自衛隊ですね。

しかし、まとまった数の自衛官がなぜ制服で空港に?
謎は、出発案内で解けました。
nahatodjibouti-20180130.jpg
日本航空 JL8829
ジブチ国際空(港) 19:40
チャーター便

那覇からジブチの定期便はない。なるほどね。
ソマリア・アデン湾の海賊対処部隊のようですね。
統合幕僚監部からのニュースリリースは確認できていませんが、那覇基地公式サイトでは1月22日に哨戒機が出国したとあります。地上支援要員かな。

任務を無事達成し帰国できますように。


那覇空港の能力を上げるべく進められている工事のひとつ、国際線ビルと国内線ビルをつなぐ「際内連結施設」。
前回が2017年7月と半年開いたので、そろそろ状況確認を。

okaconnectbuild201801-01.jpg
(すべて2018.1.30撮影)
那覇空港駅のホームから。屋根のアウトラインが国内線ビルと同じ弧を描いてますね。

okaconnectbuild201801-02.jpg
国際線ビル側から。

okaconnectbuild201801-03.jpg
国際線ビルとの接続部分付近。
屋根の弧は揃ってますが、連絡ビルの方が少し高いような。

実際、連絡ビルの方が高い。
okaconnectbuild201801-04.jpg
国際線ビル4階の展望デッキから見ると、この通り。

[【沖縄再開発】那覇空港・際内連結施設(2018.1)]の続きを読む